忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ 最新 追記

2011.08.03(水) [長年日記]

_ [日常] 補完祭はじまるよー

誠に申し訳ございません。

_ [書籍] 長谷 敏司 「円環少女(8)」

この巻の見どころは、1巻からこっち仁ときずなの間でうやむやにしてきた例の件が遂に露見した時のふたりの間の重苦しい雰囲気。つらい。これはつらい。そして気まずい。

それと対比するように、エレオノールの、自分の信じるところにまっすぐな戦いっぷりはカタルシスではあるんだが、この人の戦いは実際はかなり厳しいものではあるよね。

そして、最後の最後で、次巻に続く事件発生、と。なかなかうまい展開。

_ [書籍] 長谷 敏司 「円環少女(9)」

で、仁が再び転換点を迎えて、先生を越えて行く話、なんだけれど、どうもこの巻は今一つノれないものが。仁と鬼火をメインに据える以上仕方がないとはいえ、他の登場人物の扱いがやや軽い。特に、あの軽いノリの島編(じゃないでしょ)で初登場して二度目の出演となるニガッタは、結局よくわかんない人だったうえに都合よく○されちゃうわけだけれど、ちょっとこの世界との馴染みがよくなかったように思う。ここで少し興醒めしてしまった。

鬼火を越えて行く過程も、ちょっと乱暴だったかな…。

次巻に期待。もう最終巻まで買っちゃったんだから、ここでがっかりさせないでね。

_ [書籍] 散歩の達人 8月号

特集は湘南さんぽ。

地域的はバリバリの観光地なので、お店紹介的なところが増えてしまうのは、まあそういうものだろう。ある意味実用的。

「湘南で山遊び」とか「藤沢の遊廓跡」とか、この雑誌らしい視点の記事はやっぱ面白いわ。

_ [書籍] とり・みき「とりったー」

Twitterでお題募集して、情報が集まってくる過程も含めて、とり・みき的に一捻りしてマンガ化、という企画もの。

途中で大震災が起こってしまったり、しまいには掲載誌が休刊しちゃったりといったアクシデントのおかげでグダグダになっちゃったんだけれど、それゆえにかつてないライブ感が。「愛のさかあがり」にはなり損ねたけれど、これはこれで貴重な一冊。

_ [CD] 竹中直人『竹中直人のオレンジ気分』

竹中直人の音楽好きや、音楽系人脈の広さは知ってる人はよーく知ってるところではある。今回、それを遺憾なく発揮し、歌いたい曲を一緒に演りたい仲間と楽しくレコーディングしちゃいました、という、なにかもうほんとに羨ましい限りなアルバムになってますよ。

6年前、日比谷野音のハナレグミのライブにゲストで登場して歌った「サヨナラCOLOR」も、新録音で。無駄にいい声で、渋くかつ楽しげで、リラックスして聴くといい感じ。

曲間に小芝居を入れちゃうのは、やっぱり照れなのかそれとも間違ったサービス精神なのか。

_ [ゲーム] Wii「みんなのリズム天国」

久々にゲームコンソール用ソフト買った。まだ遊んでない。

_ [iTMS] mono「ジブリを聴きながら、上を向いて歩こう」

伊藤サチコがボーカルのユニットでカバーしたジブリソング集。ヲレはジブリにはそんなに思い入れはないが、ジブリ作品で使われている曲の中にヲレが好きな曲が結構あるので、結果的に好きな曲が多いアルバムになっている。しかもボーカルはサチコ。俺得すぎるw

「上を向いて歩こう」、「カントリーロード」あたりは、実にハマっている。何度でも聴きたい感じ。「いつも何度でも」、「テルーの歌」、「ルージュの伝言」あたりもなかなか。あとはよくわかんない。

_ [地震][iTMS] 空気公団「ここにいるよ」

震災関連のチャリティソング集『チャリTV Songs』。空気公団、モアリズム、HARCOが、「チャリTV」主宰の書いた詞に曲を付けて、歌っている。ナタリーのこの記事がとても詳しい。

空気公団の「ここにいるよ」は、被災ペット支援のプロジェクトがテーマになっていて、離れ離れになったどうぶつと人の、胸がキュッとなるような詞。空気公団の、茫漠とした風景の中にぽつんと残されたようなさみしい感覚が、詞の世界によく馴染んで、いっそう切ないものが。

_ [音楽] カフェ&ミュージックフェスティバル チケットゲトー

11月に、飛田給の味の素スタジアム(の一角)で行われる、第一回カフェ&ミュージックフェスティバル。秋のフェスということで、しっとり、穏やかで、落ち着いた曲を演る人たちが、並んでます。原田知世、高野寛、アン・サリー、tico moon、遊佐未森、コトリンゴ、そして伊藤ゴロー。なにこのヲレ好みな顔ぶれ。そして、美味しいお茶やらフードやら楽しみながら、ゆったり音楽を楽しみましょう、というのがこのイベントの趣旨だったりする(たぶん)わけで、全国のおしゃれカフェ18店も出店。

7月30日から、そのカフェたちでチケット先行発売、ということで、行ってきましたよ、つつじヶ丘の「手紙舎」

60〜70年代のかほり漂う神代団地の、広場を囲む店舗エリアの一角。団地暮らししたことないのに、何故か懐かしくて、気持ち良い空間。棚の古書から雑貨からギャラリー展示からお茶から何もかもがいい感じ。強烈なアウェイ感と戦いつつも、それでもいい時間を過ごさせてもらいますた。

チケットは、整理番号(手紙舎の)1番。まあ、入場順には関係ないんだけど。

さて、11月までに、着てって恥ずかしくないシャレオツな服を用意しなくては!

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ hilowmix [「空気公団」ってなんか宇宙世紀の利権団体みたいでカッコイイですね!(バカ)]

_ Yoz. [そう言われてしまうと何か腐敗した官僚組織のイメージがヲレの空気公団に…(泣]

_ hilowmix [「貴様、公団の資産に手を出すというのか!」 「官僚が賢しらに!」]


2011.08.08(月) [長年日記]

_ [書籍] 大森望責任編集『NOVA 5』

うわー、まだNOVA 4読み終わって…いや、読み始まってないんですけど…。

お盆で田舎に帰るとき、持って行く積読の候補には入れておこう。

_ [書籍] 大森望・日下三蔵編『年刊日本SF傑作選 結晶銀河』

…あれ、去年の『量子回廊』は読めたんだっけか?

えーと、お盆で田舎に(以下略)

_ [CD] V.A.『旅と音楽と、』

書くのを忘れていた。

先日、手紙舎さんにカフェ&ミュージックフェスティバルのチケット買いに行ったとき、雑貨のとこに置いてあったCD。今回のフェスの出演者(=ヲレが好きな人たち)と重なるところが多く、テーマ的にもいい感じだったので購入したんだった。

車窓のBGM的に聴くもよし。バケツに足突っ込んで脳内せせらぎ自己暗示補強用に使うもよし。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ JunT [買った本・読んだ本は、管理ってほどじゃないけど、私はmixiアプリのソーシャルライブラリー使って把握してます。 積..]

_ Yoz. [まあなんつーか、本もCDもガジェットもごたまぜなのがここなわけで…]


2011.08.09(火) [長年日記]

_ [ゲーム] 「かまいたちの夜ADVANCE」とゲームボーイミクロと佐川迎撃作戦

BOOKOFF ONLINEさんに数年来アラートを登録しっぱなしで、なかなか中古の出物が出なかった「かまいたちの夜ADVANCE」が、先週末ついに入荷。一年くらい前にいちど入荷したものの、タッチの差で売れてしまったという苦い経験があったので、今回は後先考えずにアラートmailが届いた瞬間に購入。

後先考えればよかった…。ここ、配送が佐川だったorz

月曜のお昼頃のタイムスタンプで不在通知が届いたので、決死の覚悟で今日の19-21時の再配達を指定。


問題はもう一つあって、GBAのソフトを遊べる機械が手元になくなってしまっていたということ。

実は販売終了の直前くらいからゲームボーイミクロが欲しかったんだが、今Amazonやヤフオクを調べてみると、新品はそれなりにプレミア価格だし、中古もなんだかちょっとお高い感じ。こんなことなら、販売終了時に投げ売りの新品¥2,000で買っとけばよかった。

こういうときは非ヲタ向け商売の、地元のゲーム屋を狙うに限る、ということで、昼休みに会社の近くのゲーム屋を偵察。あんまり期待してなかったんだけど、ありました! 1台だけ! ファミコンコントローラ仕様のゲームボーイミクロの中古。ガラスケースの外側から見る限り、かなり状態もよさげ。価格も本体のみ¥1,980とお買い得。思惑通り。

ACアダプタが付属してなかったので、DealExtremeでACアダプタ$3.30(Free Shipping)をオーダー。¥250円くらい。円高おそるべし。普通郵便(Air Mailだけど)で来るぶん、佐川で送ってくる国内ショップより受け取りやすいってのも謎ではある。


そして、夕方。

明日の仕事の調べものと資料作りのファイルをお持ち帰りして、佐川迎撃のためダッシュで帰宅。

19:10過ぎに自宅の建物に到着。階段を駆け上がると、今まさに不在通知を置いて帰ろうとしていた佐川の配達の人を踊り場でインターセプトに成功した。その場でサインして荷物を受領。際どい勝負だった…。つか、律義に19時とかに来ないでよほんと…。


こうして苦難の末何年か越しの願いであった「かまいたちの夜ADVANCE」とその動作環境を手に入れることができた。

ダメ元でソフトをスロットに入れて起動してみたら、バッテリの充電が残っていたらしく普通に起動したのでちょっと感動。やや心もとないので、ちゃんと遊ぶのはACアダプタを入手してから。

ゲームボーイミクロ、ちっちゃくてかっこいいなあ。なんで売れなかったんだろ(←買わなかった人が言っていい言葉ではない)。

めでたくウチの子になったGBM


2011.08.14(日) [長年日記]

_ [日常][ローカル] 柏崎刈羽原発見物

帰郷中。

うちにいても仕方がないので、まあ普通にお出かけするわけだが、毎年越後丘陵公園に行くのも芸がない。ということで、今年はせっかくなのである意味ホットなスポット(危険表現)、柏崎刈羽原発方面に行ってみることにした。

行くっつっても足が公共交通機関に限られているので、そばまでは困難。とりあえずバスで柏崎まで。

ビーチのお散歩がてら数キロの距離を置いて見物してみたけど、さすがは世界最大規模の原子力発電所。ビーチで遊ぶ人たちの向こうに、空気遠近法的な見え方でなおこの存在感。あちこち歩いて場所を変えて、その威容を堪能いたしました。

シュールだ…

あとで親に聞いたら、実家ははほぼ原発から20kmなんだそうで。実は年に数千円(安っ)の補償金的なものももらってるとか。まったく知らんかった。高校出るまでずっとここに住んできたわけだが、原発のゲの字も意識したことはなかったし、原子力災害時にどうするどうなるとか、そんな情報は一切知らんかったぞ*1。たぶん、福島の人たちも似たような状況に置かれていたんだろうし、そりゃいきなり避難とか言われたら納得できんだろう。

今日、初めて意識的に20km先の世界最大の原子力発電所近くまで行って眺めてきたわけだが、さすがに今となってはこの距離感にはビビるわ。

しかし、柏崎の市内を歩いてみた感じでは、原発の交付金では地方は救われんなあ。当初は、幸せになるために交付金を上手に使える目論見もあったんだろうけどねえ。うまくいかんもんだね。

*1 …と書いたものの、調べたらヲレが高校出た翌年に運転開始してるんで無理もないという考え方もできなくはない。まあ、建設中から周知しておいてもバチは当たらんと思うがなあ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ shiro [建設中から周知してたら、稼働開始に届く訳がないでしょうにw]

_ Yoz. [まあ、いろんな意味で不幸なことですね(´・ω・`)]


2011.08.15(月) [長年日記]

_ [日常][ローカル] 帰郷終了

今日は悠久山公園方面を。

バス乗って行ったら、終点のバス会社の営業所で行き止りになってたところを貫通して立派な道ができてたもんで、終点って言われて疑問符頭から飛ばしながら降りる体。

ここいらには、プールだの野球場だのがあったりしたわけだが、それぞれ改修されつつも一応はまだあるのな。様子はだいぶ変わったけど。そのほか、長岡高専とか市営スキー場とかのスポットも点在していたんだけど、周辺を歩き倒しながら、こういう(比較的近い)スケール感で存在していたのか、ってのを再発見。当たり前なんだけど、やっぱり子供の頃は世界が大きく見えてたんだわ。

いったん帰宅して、夕飯食べてから、帰途に。

_ [書籍] 長谷 敏司 「円環少女(10)」

メイゼルの過去が明かされるの巻。読者の皆さんにも馴染み深いと思われる東京ビッグサイトという限定された空間での高出力魔法の激突というなかなか凝ったバトルも読みごたえあり。

まあイマイチ円環世界のリアリティには難があり、突っつくとボロが出そうなので、そこは優しく目をそらすのが吉、かも。

_ [書籍] 長谷 敏司 「円環少女(11)」

そして11巻。

前巻のおぜん立てを受けて、アトランチス人(笑)の登場や、手を組む相手を入れ替えての《九位》との戦闘と勝利がひとつの軸。そしてもうひとつの軸が、倉本きずなの戦い、ということに。

なんかいろんなものがインフレする一方で大変なことに。学園パートが好きな人にはお気の毒。

きちんと次巻が気になる構成は、初期の頃から比べると危なげがなさすぎて物足りないわw

_ [書籍] 唐沢なをき『チョロ恐』

Twitterで唐沢センセが感想RTを流す策略にまんまとハマって、リアル書店で購入。

あんまり恐くないコワイ話を聞いてきてマンガ化するというやつ。微妙にこないだのとりったー的なふいんき。

微妙にコワイんだけど、そんなには恐くないという微妙なセンを突いてくるのでヲレでも割と平気で読める。

ストリップ小屋のステージのおばさんの話がちょっと怖かったんだけど、逃げ出した足で別のストリップ小屋に行ったつーオチがなんとなくイイ話だw

この分量で¥590は微妙な値段だが、いつも値段以上の仕事を自身に強いている唐沢センセだから、全然許す。じゃあそろそろまた彫刻刀を持ってもらおうか。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ JunT [悠久山方面は五月の連休の時に行って、同じ感覚を味わいました。 遠足で行った距離だから歩けるだろうと思って、行きは歩..]

_ Yoz. [あー僕もそんなもんだったかも>四半世紀ぶり ついでに長岡高校→青少年文化センター→大手高校のあたりもちょろっと歩い..]


2011.08.17(水) [長年日記]

_ [書籍] 長谷 敏司 「円環少女(12)」

神なき地に、ついに神が降臨。日常に魔法が流れ込んで行く中、仁とメイゼルときずなが逃れようのない罠に追い込まれていく、どん底の展開。そして、ラストの決定的な決別。

あちこちで細かい伏線が回収されていくけれど、何もかもすっきり説明されるわけでもないのでちょっとモヤモヤする。

_ [書籍] 長谷 敏司 「円環少女(13)」<完結>

本書の半ばで、いったんは完全に敗北。しかし、その後時間SFのロジックで最終的には(文字通り最終的に)壮絶な結末に至るわけだが…。

長谷さんは優しい人だなあ。登場したオールスターなキャラクタたちに、それぞれ最後の見せ場と救済を用意するとは。寒川さん救出まわりも、少し緊張感が殺がれる印象。お話のテンポを優先するなら、ここはすっとばしても…。でも、これは人間が、人間の意志で人間と繋がっていく話だから、そういう意味ではこのあたりは外せないんだろう。

最後は堂々たる時間SFでシメてくれたと思いきや、やっぱこれはラブストーリーだったんすかね。まあそれはそれでOK。この世界でもっとも過酷で悲惨な運命を背負わされた彼女にも救済が欲しいところだったけど。

13巻、つきあった甲斐があった。これはなかなかの傑作。

これで心置きなく、長谷敏司氏のファンを名乗れるでしょうか。


2011.08.18(木) [長年日記]

_ [CD] 谷山浩子『眠れない夜のために』

先月からリリースが開始された、谷山浩子アルバム25作のBlue-Spec CDでのリイシューシリーズ。

このアルバムもLPでは持ってるけど、CD欲しかったのよね。音数少ない系アレンジのセルフカバー集。タイトル通り、入眠時にオヌヌメ。

「銀河通信」はいろんなアレンジがあるけど、このアルバムのが一番好き。他の曲ももちろん好きなんだけど、この「銀河通信」が最後にくるとぐっと締まりますな。

しかし、アレだ。紙ジャケ仕様って、誰が嬉しいんじゃろ? CD棚ん中で他のプラケースのCDと揃わないし、ソフトケースで減量化したい時にも困っちゃう。さらに、Blue-Spec CDて、リッピングして聴く分には全然ありがたみがないわけで…。そりゃ話題性はないかもしれないけど、ごくふつーに再版してもらってお値段控えめの方が嬉しいわあ…。iTunes配信がiTunes Plusになれば、そっちにするんだけど。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ ogijun [収納時に他のケースと揃わない問題については、25枚揃えると専用ケースがもらえるから解決ですね><]

_ Yoz. [5万円コース…ヽ(`Д´)ノ]

_ Yoz. [あ、違った。62,500円(@_@)]


2011.08.22(月) [長年日記]

_ [書籍] 散歩の達人 9月号

品川大崎大井町特集。

品川方面は毎月いちどは出張でお出かけしてはいるものの、そこはそれ普通の出張なのでどこを見物するとかいうものでもなく。

しかし、この雑誌の手にかかると、どうしてこんな面白そうに見えるかな。まあ、品川っつっても、品川駅の方でなく、正しく地名の方の品川あたりがメインっぽいけれど。

青物横丁のあたりとか常々気になっていたので、街歩きに使えそうな予感。「羽田〜芝浦水路徘徊」の記事とかも素敵。船持ってないけど。

今月は、アタリ。


2011.08.23(火) [長年日記]

_ [Gadget] ゲームボーイミクロ用ACアダプタ到着

ねんがんのゲームボーイミクロをてにいれたものの、ACアダプタが付いてなかったのでDealExtremeに発注したのが8月9日

そして本日、到着。ちょうど2週間。エアメールで、ごく普通にポストにはいっとったわ。

送料無料なので、本体価格$3.3のみだから¥250弱。いやはや。

とりあえず、何事もなく充電はできているみたい。

そのへんに転がっていたプレイやん挿してみたら、これがまたいい感じにかわいらしいメディアプレイヤーになって、眺めているだけで頬がゆるんでしまう。iPhoneとかであったりまえにできてることなんだが、こういうのにはなんかロマンがありますなあ。

とりあえず近いうちにリズム天国買ってこよう。そうしよう。

充電しつつ、たまたま入っていた、Badly Drawn BoyのYear of the RatのPVを再生中


2011.08.27(土) [長年日記]

_ [日常] 突発的日帰り旅行に行ってきますた

もうなんというか旅に出ないとココロが死にそうだったので、突発的に18きっぷ買って出かけてきました。福島の裏磐梯・五色沼方面。

今日はもう眠いので詳しくはまた明日。

One of the 五色沼s


2011.08.28(日) [長年日記]

_ [日常] 突発的日帰り旅行に行ってきますた(2)

とにかく、どっか知らない土地へ、見知った人がいないところに行きたかった。

金曜のお昼ころ、会社でそんな考えにとりつかれたら、もう止まらない。帰宅時に駅前の金券ショップ自販機を確認して使い残し18きっぷがないかどうか確認したり、ネットであちこち情報を調べたり。

行くなら福島がいいなと前から考えていたので、猪苗代方面を検討。でも、何があるのか全然知らない。いろいろ検討した結果、Twitterでなかやまらいでんさんからいただいていた「五色沼方面」というサジェスチョンを採用するところまで決めて、就寝。


0640の始発で出る作戦計画は当然のように寝過ごしてチャラ。それでも一時間押しくらいにおさめたのは、我ながら立派だとおもう。遊びに行くときの執念てすごい。


黒磯で乗り換えて、郡山まで。郡山からは、磐越西線の快速で猪苗代まで。そこからバスで五色沼方面まで行って、それでもまだ午前中。まだ片道ではあるけれど、18きっぷでもこれだけの旅行ができる。

五色沼

五色沼って、昔会社の旅行かなんかでちらっと寄ったことがあったような気もするが、ほぼ記憶にない。とおりいっぺんの事前知識は仕入れておいたけれど、美しい森*1とコバルトブルーの沼を目の当たりにすると、ココロ穏やかになりますな。一応観光地化はされているけれど、一線を超えない調和が感じられて好印象。

探勝路沿いの小川。きれい

いくつもある沼をむすんだ、森の中の自然探勝路(4kmくらい)がほどほどに歩きやすく整備されているので、ヲレのような突発旅行者でも余裕で楽しめる*2。植生としてはそれほど目を引くものはないし、昆虫をはじめ生き物はそれほど多くないので、そういうの好きなヲレとしてはやや物足りないけれど、空気が涼しくてきれいだし環境の保存状態もいいので、気分的にはたいへん爽快。クマが出るって警告だけは気になったけれど。


オニヤンマ飛んでたよ(苦心の一枚)

探勝路が終わって、桧原湖沿いの一般道に出るあたりには綺麗な売店や休憩所がもあり、気持ちよく休憩できるのもヨイ。ここでジェラートやらモモジュースやらを堪能。

で、さらにそこにはリゾートホテルなんかもあるわけで、そこの温泉が日帰り利用できるわけで、汗もかいてるしそれを逃す手はない。裏磐梯猫間リゾートホテルのゴジャースな温泉使わせてもらいましたよ。当分来ないバスの時間調整もかねて、休憩室利用もふくめてゆっくりまったり。


またきますー

1701のバスで猪苗代まで戻ると、ちょうど快速が来る時間だったので、猪苗代近辺をぶらぶらするのは諦めてそのまま列車に乗り込むことに。車窓からの夕暮れの猪苗代湖と磐梯山が素敵に見えた。


郡山では少し時間があったので、街をぷらぷら。なにこれ宇都宮なんかよりよっぽど都会に見えるんだが。ごはん食べようかと思ったけれど、悪い癖でなかなか決められず、結局郡山にしてなぜか喜多方ラメーン的なものを食べる羽目に。ヲレのこのご飯食べるところ決められない病は不治の病だわ。

駅に戻り、お土産コーナーで、まあほんとにささやかなんだけれど、お土産購入支援ということでご当地お菓子やら飲み物やらを買い込んで、帰りの電車へ。普通電車でトロトロ走って、2141に宇都宮着。乙彼様でした。


うちに着く直前、なにか忘れていることに気がついた。

あんだけ買ったお土産、電車の網棚に置き忘れてきた…orz

あわてて駅まで戻って駅員さんに尋ねたけれど、遺失物取扱いの時間が過ぎちゃったので、担当部署に電話で聞いて欲しいとのこと。iPhoneの電源が完全にロストしたので、帰宅してから電話。とりあえず宇都宮の遺失物取扱い部署にそれに近い忘れ物が届けられているとの情報を得た。担当の方は本当に親切で一生懸命で、これがあのJRかと疑いたくなるほど*3。コールセンターの鑑。尊敬申し上げる。

日曜に直接駅まで行って確認することにして、ようやくこれで寝ることができる…。


そして、今日、駅に行ったら見事遺失物取扱所で忘れた荷物を受け取ることに成功。

めでたく、全体として、とても気持ちがよくて嬉しい小旅行という印象でエンディングを迎えることができた。


とりあえず、福島のあのへんの印象をひっくるめて言うならば、調和がとれてて押しつけがましいところがなく、気分が悪くなる要素がいっさいなかったのが素敵、だと思った。また時間をとって行って見たい。冬になるとヲレの苦手なスキー・スノボ方面の営業形態に変わるだろうからわからないけれど。


ところで、今回のお出かけは福島方面だったわけだが、この時期やはり原発事故絡みのアレが心のすみっこでひっかかっちゃう人も多いと思う。自分的には放射線関係はほぼ気にしていない。けれど、データとして少し興味があったので、会社にあった線量計を借りて持っていってみた。

ちゃんとした測り方をしていないので雰囲気だけ記しておくと、宇都宮辺りは今もうほぼ平常値なんだけど、黒磯あたりでは徐々に上がってきて、郡山はさすがにそれなりに高い感じ。でも、猪苗代とか裏磐梯とかはだいぶ平常値に見えた。怖くないよ。気にする人は気にするのは仕方がないけれど、ヲレは自分にとって今回の原子力災害由来の放射線よりもほかのナニカの発ガンリスクの方がよっぽど高いと思ってるんで、あんまり気にしない。同じように考える人には、裏磐梯方面、すごくいいとこだし遊びに行くといいと思ったよ。

*1 1888年の火山爆発で壊滅したのを人の手で植林してここまでそだてたって話で2度びっくり

*2 普段からトレッキングシューズを履いてるのでさらに余裕

*3 まあ、トラン○・コ○モ○とかの外注かもしれんが、それにしても見事。



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa