忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ 最新 追記

2010.01.01(金) [長年日記]

_ 今年もよろしくお願いします

慎んで新年のお喜びを申し上げます。

年が明けた瞬間に、VPNで会社のサーバに入ってwebの更新とか、iTunes connectでむにゃむにゃとか。あんまり無茶言わんでください(´・ω・`)>誰となく

今年も(心構えだけでも)面白いことばかり追いかけていく所存ですので、なにとぞよろしくお願いいたします。

_ [著作権] ハッピー・パブリックドメインデイ!

本日をもって著作権保護期間が終了した作品の、作者の方々に敬意と感謝を。

あと10時間あまりで公有となる、石川欣一、永井荷風、豊田三郎、高浜虚子、北大路魯山人、伊藤永之介、阿部次郎、橘外男のステータスを、「著作権なし」に変更、なう。24時を過ぎたら、ハッピー・パブリック・ドメイン・デイ!と声に出してみる。 #aozorabunko #hpdd

[Twitter / 富田倫生: あと10時間あまりで公有となる、石川欣一、永井荷風、 ...より引用]

作品は公的領域に還り、後世に生き続けるのだなあ。この顔ぶれを見ると50年てぎりぎりな湯加減だと思うんだけど、これを一律*170年にしたい人たちはむしろ作品の価値を毀損しているように思えるよ。

(追記)

富田氏ご自身のblogのエントリー:「そらもよう:ハッピー・パブリック・ドメイン・デイ!」

*1 一応ここ、エクスキューズですよ

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Yoz. [毎度ありがとうございます。今年もよろしくお願いしますです。 ごく狭い範囲のヲタ情報しか役に立たない日記です! よろ..]

_ ussy [出遅れましたが、今年もよろしくお願いいたします。]

_ Yoz. [はいはい。よろしくお願いしますです。 皆様に幸多からんことを。]


2010.01.02(土) [長年日記]

_ [日常] だらだらしてます

31日に田舎に帰って、1日に帰宅。そんで今日は朝からだらだら。

休み前まではかなりストレスフルな毎日だったわけだが、休みってのは偉大だ。なんという心穏やかな日。ヲレが単純なだけか。

けど、あと2日残ってる休みは、もうちょっと有意義に過ごしたいところ…。


2010.01.03(日) [長年日記]

_ [書籍] 大森望責任編集『NOVA 1』(2)

「まずは積読の試練を経た後、俺様に読まれることになるわけだが」と書いたものの、積読の山をあっさり飛び越えて、帰郷の荷物の中に収まったのは結局この「NOVA 1」だった。短編集であることと、もともと日本語で書かれたもので翻訳物より読みやすいという2点で、落ち着かない環境下での読書用に選ばれた次第。

新幹線の中とか実家とか、いろんな場所でちまちま読んで、今日読了。どれも面白かった。

解説で大森氏は「はからずも微妙にシンクロしている」と書いているけど、後ろ3編(伊藤計劃氏のは除く)は悪く言ったら「ネタ被り」でしょー。現実を記述する「言葉」というテーマ、みんな好きなんだなあ。ヲレも好きだけど、3編続いたらちょっとくどい感じ。単独の作品としてはどれも好きなんだが。

強いて好きな作品をあげるなら、小林泰三氏の「忘却の侵略」。キモい主人公が世界を救う話って、なんかいいよね。あれ、どうしたんだろう目から水が。

田中啓文氏の「ガラスの地球を救え!」は、読了後「なんじゃこりゃー」っつって本を床に叩きつけようとしたけれど脱力しすぎてぺたんと置くのが精いっぱいでした。

設定的に面白かったのは、飛浩隆氏の「自生の夢」。Googleが始めたことをSFの文脈で読み解くと、こうなる。相当量のアイディアと設定が詰め込まれているので、ちょっと短編ではもったいなかったかも。

ということで、半年後を目指すという『NOVA 2』にも期待。

ていうか、大森さん働きすぎなんじゃ?


2010.01.04(月) [長年日記]

_ [Gadget] 無線LANルータを替えた

WEPが簡単に破られるようになっちゃったわけで、無線LANのパケット読まれたらヲレの社会的生命の危険が危ない。というわけで、常々基本WPA2でDS用のWEPなゲストSSIDも使える無線LANルータを探していた。ついでに無線が11nで有線ポートがギガのやつならなお良し。その上でMACWORLD EXPOを見捨ててWindows 2000のイベントに駆けつける*1ようなメルコ/バッファローの製品以外という条件がつく。

Amazonを眺めてたら、だいたいそんな感じの無線LANルータが安かったので、ダメもとで買ってみた。

コレガのCG-WLR300GNH*2

いや、わかってる。みなまで言うな。まあそのなんだ、いくらなんでもさすがに最近は普通に使えるだろうと。ダメもとだし。

でまあ、ちゃっちゃと設定してみたんだが…。

  • マルチAP機能で後ろにスペースが何個かついてるWEPキーを指定したが最後、反応しなくなって初期化せざるを得ない。
  • OS3.1.2のiPhone 3GSでWPA2の認証が正常ルートでうまくいかず、「その他…」からSSIDを手入力して、認証方法を明示的に指定してなんとか繋がるかんじ。
  • Bonjourが通らなくて焦ったが、ファイアウォール機能を「セキュリティ低」にしたらなんとかなった。

といった感じ。なかなか楽しませてくれるじゃないか…orz

その前に使ってたルータ(特に名を秘すが、過去ログを検索すると出てくるかも)もチープ極まりないやつだったので、まあそれよりはマシ…かな? ちょっと様子見モード。

ちなみに、そもそもWAN側が遅いので、特に早くなったとかそういう感じはあんまりしませんw

(追記)

やはりiPhone 3GSとのWPA2の相性がよくない。接続できていても、外出して戻ってくると接続できなくなる。iPhone側を再起動すればいいんだけど。

いやー、さすが、やってくれる。

銭失いです! よろしく!

(2010/6/24追記)

どうやらiOS4.0でこの問題は解消された模様! やたー!

*1 10年たっても忘れない。一生言ってやるw

*2 あえてリンクしない

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Yoz. [んーと、以前情報収集したときにゲスト側のWEPがなんか変な感じだった(間違ってるかも)のと、熱の問題があるらしいのと..]

_ すみちゃん [ PLANEX MZK-WNH-BK どうでしょ。 3000円 安いよ。 http://www.amazo..]

_ Yoz. [それも検討したんですけど100Base-Tなのがもうひとつ…。やっすいのはいいんですけどね。 ていうか、コレガの次..]


2010.01.05(火) [長年日記]

_ [日常] 仕事始めで疲れたので寝る

いやー休み中ゴロゴロしてたので身体なまりまくり。普通に仕事してきただけで疲れた。もう寝る。


2010.01.06(水) [長年日記]

_ [日常] 仕事2日めで疲れたので寝る

いやー休み中ゴロゴロしてたので(以下同文につき略


2010.01.07(木) [長年日記]

_ [日常] 仕事3日めで…エンジンかかったwww

あーこれで仕事が進む。


2010.01.08(金) [長年日記]

_ [Gadget] MacBook用バックパック「Loopbag Vanguard Backpack 15.4"」(2)

先日届いた Loopbag社のデイパックを、年明けとともに普段使いを開始してはや一週間。現時点での感想を。

  • MacBookの保護に関してはまったく心配なし。*1
  • 物は意外に入る。背中側に一日分の下着の替えを薄く畳んで入れることも可。*2
  • 背中側の小物入れに物を入れても、外装のクッションのおかげでゴツゴツした感じはしない。
  • 背負い心地は総合的には悪くない。
  • ショルダーハーネスを本体上部につないでいる部分に若干不安が。金属のループにナイロンのハーネスが通っている関係で、すでにハーネスにシワが生じている。ヨレヨレにならなければいいけど。
  • ショルダーハーネスのもう一方は本体下部に直接縫い付けられているが、ここが外側に開きやすい癖がついているので、手持ちにすると主翼展開状態にw*3
  • ファスナーについては、スライダーが多少大きめなのと微妙に動く場合があるので小さなスキマができやすい。物が落ちることはないと思うけれど、防水性にはあまり期待しない方がいいかも。

スペック的・デザイン的な優位点とも総合して、まずまずというところ。

*1 ただ、このカバンに限らず、床に置いたときの底面のショック吸収が一般的にあまり考えられてない気がする。

*2 もう一枚、薄手のシャツなら入りそう

*3 隠しポケットも丸見えです!


2010.01.09(土) (1/11補完) [長年日記]

_ [日常] 深大寺

友人が厄年関係という話を聞いたので、それをダシに深大寺へ。

深大寺蕎麦は(高そうなお店は入らないし、そもそも蕎麦の味とかよくわかんないので)お目当てではないものの、参道のふいんき(なぜかry)が好きなので。

植物園も好きなんだけど、あんまり時間がなかったので今回は参道のお花屋さんを眺めてそれに代えた。ここのお花屋さんも感じがよくて好きだなあー。

深大寺 on Twitpic

あ、とりあえず、厄除けグッズとかは買えた模様。

しかしよく考えたら、自分の厄年とか全然気にしたことなかったな。何事もなくてよかった。


2010.01.10(日) (1/11補完) [長年日記]

_ [映画] AVATAR

いろんな評価を総合し、「主人公は阿呆で脚本も問題ありだが、体験としては素晴らしいので見るべき。できればIMAXの3Dを吹き替えで」ということで把握。

川崎の109シネマズが一番行きやすい感じだったので、予約可能になった時点で座席をネット予約し、準備万端で「体験」しに出撃。

大昔、お台場で開かれた宇宙博で見た巨大映像がIMAXだったような気がする*1が、あれを期待して行ったらちょっと小振りなスクリーンで肩透かしを食った。けど、これは確かになかなか素晴らしい体験であったことだなあ。

CGの表現力はすさまじいものがあって、おそらくは画面上のほとんどのオブジェクトがCGであるにもかかわらず、ほぼ違和感はなし。キャラクタの不気味の谷も、乗り越えた、というよりは迂回するテクニックが蓄積されて、意識上にのぼる前に気をそらされてしまう方向で解決されているように思える。

そして目玉である3Dだが、こけ脅しな演出で逆に興ざめになることもなく、比較的抑制された使い方で好印象。何気ないシーンで3Dに慣らしていって、気がつけばクライマックスは立体感バリバリな戦闘シーンにも没入しているという。IMAXの3Dメガネも、普通の眼鏡の上からかけても問題ないやつで、ここを選んで正解だった。

確かに主人公はとんでもなく阿呆で、ノープランで運任せでしまいにゃ神頼み。そもそも全部お前のせいだろうとか、そのへんを激しく指摘したい衝動を抑えられるかどうかが勝利の鍵かもw

そんなわけで、上記の評価は真。機会があったら逃さず劇場で見るべき。ひょっとしたら、3Dは映画館復権の足がかりになるかも、とまで思った。

*1 どうやら違うっぽい


2010.01.12(火) [長年日記]

_ [ヲタ] 杉浦茂風アイドルマスター

アイマス関係には特に興味はないが、おいらもこれにはシャッポを脱ぐよ。


2010.01.14(木) [長年日記]

_ [地震] ハイチ地震救援金@Yahoo!ボランティア

このカテゴリを使わずに済むなら、その方が平和なんだが…。

12日に起きたハイチの地震で、かなりひどい状況になっているようだ。

例によって、しょうがねえからどうでもいい壁紙でも買って募金するか、とYahoo!ボランティアをのぞいてみたら、あらびっくり。Yahoo!ポイントを使って募金できるようになっている!

クレジットカード使って貯めたポイントで商品券貰ったとき、端数をYahoo!ポイントに変換してもらっていたので、少しだけれどそれで募金した。

Yahoo!ショッピングを利用したとか、何かの拍子にポイント貰えたとかで、あまり使い道のない小額のポイントをずっと持っているという人は結構いると思うんだが、ぜひこの機会にすっきり募金で使っちゃっていただきたい。

インターネット募金「ハイチ地震救援金」 - Yahoo!ボランティア

ちなみに、壁紙を買う方法も依然健在。なんと、例のどうでもいい壁紙ではなく、赤十字がテーマの綺麗な写真の壁紙が4枚、(7日間)自由にダウンロードできるようになったようだ。これは素晴らしい進歩だ。Yahoo!偉い。Yahoo!ポイントではなく、こっちでも全然よかったな。

ともあれ、ハイチの人々が安心して眠れる日が一日も早く訪れることをお祈りします。


2010.01.16(土) (1/18補完) [長年日記]

_ [音楽] GOING UNDER GROUND『二代目GOING UNDER GROUND襲名ライブ・東京公演』@渋谷クアトロ

今年のライブ一発目はGOING UNDER GROUND。

ファンクラブ&携帯サイト会員向けのライブなんだけど、とうちゃんさんにお誘いいただいたおかげでヲレも潜り込むことができますた。ありがたや。

クアトロのキャパは800くらいとはいえ、きっちりそれだけ客入れればいいってわけでもねえだろ、って言いたくなるほどの人口密度。ただでさえ容積が大きいお兄さん(婉曲表現)が多いんだし。

気になっていたのはロッカー。公称300個用意されているとはいえ、この人数。誰もが複数人で共用してくれるわけでもないし、冬場の外套とかかさばるものも多いわけで、整理番号が600ちょい前のヲレらに使えるところは果たして残っているのかと。ぎゅうぎゅうのロッカーエリアの果てに辿り着いたのは、最後のひとつとなった空きロッカーだった。奇跡。おかげで気兼ねなくライブを楽しめます。

今日のライブはワンマンだけどオープニングアクト付きという構成。アクアミュージックが誇る看板アーティストGOING UNDER GROUNDの前座をつとめるのは、中澤寛規率いる「蒙古TAN-MEN」、弾き語りソロの松本素生、そしてやはり弾き語りソロの河野丈洋…って全部メンバーじゃねえか。ちなみに石原聡は総合司会。

ナカザのバンドはロック小僧的なギターロック、素生はじんわりまったりな弾き語り、そして丈さんは偏差値高目なポップスで、綺麗に個性が分かれた。どれもなかなか(・∀・)イイ! 個人的には、丈さんの完成度が高いと感じた。いっさんの総合司会は、…まあ頑張れw

そして、GOINGの出番となるわけだが、これが一般のライブではあり得ないマニアックなセットリスト。「My Treasure」「Holiday」を除けば、アルバム『ハートビート』以前の曲ばかり。それなんてB面コレクション?ってくらいのカップリング曲の嵐。どれも、2代目GOING UNDER GROUNDを襲名するだけあって、アレンジが変えてあってロック色が少し強い感じ。ヲレは「Heavenly」とか「青空コウモリ」が久しぶりに聴けて嬉しかったなあー。

18時に開演で、終わった頃には21時をだいぶ過ぎていた。濃厚なライブでお腹いっぱいですた。

終了後にいつもの居酒屋行って注文しすぎてさらにお腹いっぱいな事態にw

(追記)

ああそうだ。アンコールの後、いきなり先日レコーディングしたばかりの新曲「Winding road」を演りたくなってきたと言い出したナカザと、少し腰が引けてる素生。そして、その素生に「できるんだよ、俺たちは!」と挑発してみせるナカザというシチュエーション。いいねえ。ナカザは男の子だな!

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ とうちゃん [おつかれでしたー 充実したライブでしたねー ロッカー、自信満々に「大丈夫!」と言っていたのに、むちゃスリリングに..]

_ Yoz. [あんだけアレンジ変えてくるってことは、相当やる気あるってことですね。聴かせるGOINGってのも全然アリだと思いました..]


2010.01.17(日) (1/18補完) [長年日記]

_ [CD] 河野丈洋「CRAWL」

ライブ開場と通販でのみ販売中の、GOING UNDER GROUNDドラムス/リーダーである河野丈洋のソロアルバム。

GOINGの曲としても、丈さんは作詞し、作曲し、ボーカルを担当することがあったわけで、その才人ぶりはファンの間でもよく知られるところではあった。以前から河野丈洋としてイベントを開催して、そこでソロ作品を披露してきたのだが、今回はその一端を音源の形にしてリリースとなった次第。

GOING曲としての丈曲は、まっすぐなセンチメンタリズムを邁進する素生曲とは少し違って、甘く優しいけれどちょっと醒めた視点が感じられていた。『クロール』の楽曲は、傾向としては同じではあるけれど、GOINGの世界には存在しえなかった可笑しみやペーソスがある。これはちょっと大人のポップス。いやヲレこれ好きだわ。オヌヌメ。ライブも行けたら行きたい。

(追記)

いや、大人のポップスは言い過ぎた。青年のポップスくらい。


2010.01.19(火) [長年日記]

_ [Gadget] OLYMPUSのμTOUGH-3000を検討してみた

去年の9月から言ってるけど、そろそろデジカメを換えたい。Xacti DMX-CG65の調子がいよいよ悪くなってきて、AFがてんでいいかげんな感じになってきた。急がなくては。

動画がコンニャクにならなくて、AVCHDじゃないH.264で、静止画がそこそこ綺麗に撮れるやつをずっと探していて、ニュースサイトでデジカメ新商品をチェックする日々。

OLYMPUSのμTOUGH-3000は、スペック的には結構いける感じ。1200万画素のCCDで、動画はH.264の1280x720。わりと広角なのに、せり出し式レンズでないのもいい。防水でタフな筐体もプラス要素。デザインがヲレ好みでないのは、折り合いをつけられるかどうか微妙なところだが…。

比較的大きなポイントとして、「動画撮影時に光学ズームができるかどうか」というのがあるんだが、webからは読みとれなかったのでOLYMPUSに訊いてみた。さっそくお返事が。

内容を転載するなとのことなので要約すると、

音声つきムービー撮影時は光学ズームできないけど、音無しムービーを撮るときなら光学ズーム可

とのこと。

あー、こりゃ惜しい。Xactiのマイクが液晶裏にあるのは伊達じゃないってことか。もしくは、光学ズーム時にモーター音を拾っちゃうのを「細けえことはいいんだよ!」と割り切れない、OLYMPUSさんの生真面目さ故なのか。

非常に残念*1だが、この機種は諦めることにする。とてもよい機種だと思うし、今回OLYMPUSさんのサポートがとても誠実な感じだったので、他人にはお勧めするけれど。


次なる望みは、Xactiの新製品、DMX-CS1なんだけど、これがどうもなあ…。撮像素子はCMOSで300万画素ぽっちだし、バッテリ30分しか持たないし、USB接続による本体充電もできない*2という謎の退行現象が…。

ただ、300万画素のCMOSにしたことによって、ひょっとしたら読み出し速度が上がってコンニャクが起りづらくなってたりとか、絵作りが鮮やかな感じになってたりとか、なんかそんな素敵な奇跡が起るかも、などと現実を直視しない妄想に耽ったり…。あーうー。

動画/静止画サンプルを公開するとか、デモ機をバラ巻くとか、ちゃっちゃと行動を開始していただきたく>SANYO殿

*1 と言いつつ、デザインにはどうも折り合いがつけられない感じが強くなってきつつあったわけだが

*2 http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20100109_341567.html


2010.01.21(木) [長年日記]

_ [CD] D.W.ニコルズ『春風』

ニコルズのメジャー2枚目で、今度はアルバム。

うーーーーーーーーーーーーーーーーーん。これはどうなんだろう。

なんつーか、この人たちにはこんなカッチリ作らんで欲しいなあ。モコモコした音で、演奏にも遊びがあって、ボーカルの声が面白くて、っていうのが好きだったんだけど。

ちょっと様子見。


2010.01.23(土) [長年日記]

_ [書籍] 散歩の達人 2月号

特集は大宮・浦和。これはまたずいぶんと、ネタの少なさを領域の広さでカバーする作戦か、という意地悪な見方もできるけれど、読んでみたらこれは案外アリだったかも。紹介されてるスポットを一度に回ることは無理だけど、個々のスポットは意外に個性的で面白そうではある。

浦和の8つの駅の話とか、もっと読みたい気も。ちなみに、この記事のアオリで、初期ボキャブラ天国の山本リンダネタが使われているわけだか、当時は駅の数7つだったんだよねえ。ていうか埼玉高速鉄道って知らんかった。

ボビー・オロゴンのインタビューも良し。

全体的にページ数が減ってるので食い足りない感は残るものの、今月は面白かったということで。


2010.01.24(日) [長年日記]

_ [日常] 髪切った

俺様用メモ。

美容師のお姉さんとは猫話。おうちに4匹おられるそうな。激しく嫉妬。

スタンプカードがいっぱいになったのでワックスもろた。

_ [日常][Gadget] おうちでコード書いた

金曜に仕事が異常に興が乗ってしまい、遅くまで会社で作業したあげく、帰宅してからもモードが継続して追加のコードを部屋で書いている始末。

おかげで気になっている部分がだいぶ進展はしたけれど、あまりこういうのはよろしくないのでほどほどにしたいところ。


2010.01.25(月) [長年日記]

_ [Gadget] UITableView爆発しろ!!

UIWebViewに続いてUiTableViewも爆発してしまうと、いずれiPhone OSがなくなってしまーう!

OS2.1なんか動作対象にしなければよかった(;´Д⊂ ボロボロです。

しかも、コード書いて楽しい部分は週末おうちで遠慮なく楽しんでしまったので、会社では必然的に楽しくない部分ばっかり書くはめに。く、苦しい。だからうちで仕事するのは良くない。


2010.01.26(火) [長年日記]

_ [書籍] 鹿野司「サはサイエンスのサ」

サイエンスライター鹿野司氏がSFマガジンに連載している科学エッセイが単行本化。表紙は当然とり・みき先生ですよ。

とりあえずAmazonからの着弾を確認したのみ。ぼちぼち読むよ。

その節は失礼なことを書いてしまい大変失礼いたしました。

_ [Internet] 電波少年2010・人はツブヤキだけで生きていけるか?

昨日、インターネット放送局第二日本テレビで電波少年が復活! 題して「電波少年2010・人はツブヤキだけで生きていけるか?」。土屋さんは第二日本テレビの偉い人なのに、再び「Tプロデューサー」のキャラをまとい、若手芸人にあんなことやこんなことを強要しちゃうよ!

今回はトヨタをスポンサーに、若手芸人二組をカローラに乗せて日本縦断レース。例によって所持金ゼロでスタート。今までと違うのは、その様子をリアルタイムでTwitterでつぶやかせて、各地のTwitterユーザに衣食住を提供させるというところ。TV企画みたくタイムラグがないから事情を知ってる人ばかりだし、そりゃ助ける人はたくさんいるさ。というわけで、今のところはお祭り系の人たちが各地で食い物やカンパを提供してくれちゃうもんだから、電波少年らしからぬヌルい展開が続いている。

この後、Tプロデューサーがどんな酷い罠を仕掛けてくるかが見物です!


…えーとすいません実はヲレ電波少年結構好きで、「進め」に始まって「進ぬ」とか「雷波少年」とか、ほぼ全部見てますたw

昨日のチェックポイントが宇都宮だったもんだから、やってきたとこを捕まえて餃子でもおごったろうか*1とか画策する始末。あーやっぱ面白えなこういうの。

もう二組とも仙台方面行っちゃったので、以降はマターリとヲチします。

*1 各地の名物や名所の写真をtweetすることでポイント加算というルールもある

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ どー [いきなり、すいません。 雷波がお好きでしたら「100日劇場」は、いかがでしょうか? http://www.ntv..]

_ Yoz. [>>どーさん ご紹介ありがとうございます。 ふむー。新番組ですね。サイト見る限り、ちょっと雷波少年テイストかも。..]


2010.01.27(水) [長年日記]

_ [日常] α

仕事。一応、予定していた仕様を全部実装したので、αステージに移行。

…いや、ちょっとまだ不安定なので、pre-αかな。

ともあれ、寝る。Appleが何発表してもおいどんはなーんも知らんもんね。今から新しいデバイスやOSに対応、とか、あんまり考えたくないので。


2010.01.28(木) [長年日記]

_ [書籍] カラスヤサトシ「カラスヤサトシ1」 「カラスヤサトシ2」 「おのぼり物語」

細かい仕事をいろんなところで読んで気にはなっていたものの、いまいち何から読んでいいかわからなかったカラスヤサトシ。おすすめを某氏に教えていただいて、さっそくAmazonで購入。

しかし今気がついたんだが、とり・みきとか唐沢なをきとか福満しげゆきとか、本人がキャラとして登場するマンガ家の作品好きだなあヲレ。

_ [Gadget] iPadについてそろそろ一言いっとくか

一言。

あああああああああこれぞ全トレッキーが夢想した真のPADD*1ごっこマシン!!!!!!!!!! 買うぜ買うぜ買うぜ!!!



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa