忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ 最新 追記

2011.03.02(水) [長年日記]

_ [Mac] Quartz Composerが素敵過ぎる件

以前からこれは使えると思ってたんだが、最近のDeveloper Toolの進化でどんどんすごくなって行くよQuartz Composer。

ちょっとした画像処理系のブツを作る必要があったんだが、アレ置いてコレ置いてラインで繋いで、Core Image Kernel Languageちょこっと書いてあげたら、文字通りあっというまにできちゃった。いやマジで。

QuickTime Movieにexportできるのもいいけど、AppleScript Editorみたく実行専用アプリをexportできればもっといいんだけどなー。


2011.03.03(木) [長年日記]

_ [Gadget] そろそろiPad 2について一言いっとくか

デフォルト買い。薄いの軽いの速いの白いの。カメラもいい感じ。正し過ぎる進化。

余裕があれば田舎にも一台設置しておきたい。いや、うちは今のiPadでも構わないから、iPad 2は田舎にくれてやればいいのかな。

あ、むろん、会社には買ってもらいますよ? つか、余裕で買える程度にはヲレが稼がないといけないんだが…。


2011.03.07(月) [長年日記]

_ [日常] とりあえず季節っぽい写真を貼ってお茶を濁す作戦

梅見てきたよ


2011.03.11(金) (3/12補完) [長年日記]

_ [地震] 東日本大震災

会社の建物が物凄い勢いで揺さぶられて、机の上のものが全部落ちるレベル。開発用のiMacらMacBookやらハードディスクやらを必死に押さえてなんとかやり過ごしたけれど、机の下に隠れてるべきだったかもしれん。正直、HDD内の中のソースやデータを守ることしか頭に無かった。

揺れが収まってみると、会社の中は書類や機材が散乱して手が付けられない状態に。電気も止まっている。幸い、誰も怪我はなく、しばらく駐車場に避難して様子を見た。

こういうときに個人的に一番心配してしまうのは、震源地が新潟方面だったり東京方面だったりしないか、ということ。携帯電話の通話は全くつながらないけれど、iPhoneのデータ通信は生きていた。Skypeの通話で、仕事関係の人と実家に連絡。TwitterとRadikoで情報収集。震源が宮城県沖であるとか、津波警報が出ているとかはこの時点で把握した。

停電しちゃったし、社内の惨状は手が付けられないので、業務はここでおしまい。K男さんの車で送ってもらって、自宅に戻ってみたら、CDの山が崩れているくらいでほとんど被害なしだし電気ガス水道全部普通で拍子抜けしてしまった。途中で寄ったコンビニ(お弁当×2、おにぎりセット、お茶2リットルを普通に購入)でも、棚が崩れるでもなく日常そのまんまで、あの会社の惨状との落差に唖然とした。

自宅では、とりあえず浴槽に水ためて、ガスの元栓しめて、あとはテレビとTwitterのTLながめつつ引きこもりモード。寒いけれどファンヒーターつける気にならないので、布団の中。寝巻き着ちゃうとすぐに動けないので、ふつうの服で。

4時頃に長野・中越地方で地震とか。わけわからん。一応田舎の方はもうそれなりに備えているだろうから特に確認はしなかったけれど。


2011.03.12(土) [長年日記]

_ [地震] 東日本大震災(2)

地震特番に割り込む地震速報の無機質っぷりに脅える一晩。

朝になって事態の深刻さを映像で見せられると、圧倒されて言葉もない。津波に流された街は原爆投下後の広島長崎のよう。

心配だった福島の原発の状況はいよいよマズいことになっているようで、テレビから目が離せない。

会社の様子を見に行こうかとも思ったが、Zoomerたんは駅の駐輪場に置きっぱなし(倒れてないかな…)でガソリンも心もとない。信号も復旧していない可能性があったので、ひきつづきひきこもりモードを継続することに。

福島の原発、日テレ系で爆発映像流したときは、これはもうほんとにダメだと思った…*1。20時頃の枝野官房長官の説明で一応は安心したけれど、まだ油断できない…。

スーパーに買い出し。そのまま食べられるものはかなり売り切れていたので、次善の策としてパスタとかレトルト食品とかを中心に。あと、ヨード補給用のイソジンも念のため。

普段は「もうヤダ」とか「もう死にたい」とか(脳内で)言いがちなヲレだが、今は自分の中に「こんなつまんないことで死ぬのはヤダ」という気持ちを発見して驚いている。人生観変わるかもなあ。

*1 しかしヲタ的には「それなんて庵野作画?」というくらい既視感のある画に思えた…ってのは不謹慎ではあるけれど

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ ゆじっぷ [ご無事でなによりです。 ほーう、普段そんなこと思ってるんですか。落ち着いたらもっとつっこんだとこをぜひ伺いたいです..]

_ Zak [うん、ヲイラも神戸の地震で結構人生観変わったもんねぇ。直面しないと解らない事はあるもんかと....ご自愛ください。]

_ Yoz. [一応ご無事です。 まあ人間そう変わらないような気もするので、ほとぼりが醒めればいつもどおりな気もしますがw]


2011.03.14(月) [長年日記]

_ [地震][日常] ごく局地的復旧

出社。電車動いてないし、Zoomerたんガス欠寸前なのにガソリン手に入らなかったので、情けなくもK男さんのお慈悲にすがって車にのっけていただいて。

とりあえず目茶苦茶な自席あたりを片づける。まあ、普段もそれほど変わりはないという話も…。

会社のサーバ類もお昼前にはすべて復帰。自分のマシンやリポジトリのHDDたちも全部ノーエラーという、こんなにラッキーでいいのかしらっていうくらいの状況。

お昼には、持参したおにぎりで昼食。ちょっと楽しい。

計画停電がどうなるか全然わからなかったので恐る恐る仕事を進めたけれど、結局会社のあたりは停電しない区域だったというオチがついて、気が抜けたのでほぼ定時で終業とした(余震も恐いし)。

さすがに毎日車に乗っけてもらうのも申し訳ないので、通常は会社の最寄り駅から乗ってくる自転車で帰宅する事に。最寄り駅から会社へは3km。会社から自宅までは15km。ちょっとつらい。しかも今日は朝から腰がヤバい感じだったりもしたので。

実際に乗ってみたら、痛む腰でもそんなにつらくないことが判明したので、そのまま帰宅GO。慣れない道なので途中段差に突撃したり窪みにハマったりしてさらに腰にダメージが。薬局に寄って湿布買いつつ、1.5時間で到着。そもそも疲れないように走ったので、まあこんなもんか。

そんだけ時間がかかっても、19時台に帰宅できるんだから、なんかちょっと嬉しい。こういう生活もいいのかも。って、よかないか。非常時なんだっつーの。

湿布貼って寝る。


2011.03.21(月) [長年日記]

_ [地震][日常] 非常事態は地震・津波・原発ばかりでなく…

銃後を預かる我々には「年度末」という非常事態も容赦なく襲いかかってくるわけで。停電や公共交通機関の乱れ、ガソリン不足などもあってもうなにがなにやら。

それはそれとして、放射線方面の不安がささやかれている昨今、ヲレももちろん不安には思うんだけれど、考えてみれば少なくともヲレの世代なんかは産まれてこの方公害だの謎食品添加物だのに晒されてきたわけで、いまさら不安に思ってもしょうがない、つースタンスでいこうかなと思う次第。

_ [書籍] 散歩の達人 4月号

あの地震の混乱の中校了し、発売日を死守したのは立派。

特集は日本橋・人形町ということで、あまりヲレ向きの記事はなかったんだけど、「さんぽ旅」の記事が唐突に長岡でちょっとびっくり。かなりポイントをおさえた良記事だったので、これ持って観光に行くのも悪くはないかも。


2011.03.28(月) [長年日記]

_ [日常] ネット的引きこもり

年度末案件とか、あちこち出張しまくりの毎日で、落ち着いてネットに出没する気力が絶えていたここ数日間。

なんとかなったんじゃろか?

_ [書籍] 僕らのナムコ80'sトリビュートコミック

冨士宏氏や雑君保プ氏が80年代ナムコゲームを題材にマンガ描くとか言われて買わずにいられるヲレではない。買ってみたら買ってみたで、巻末にはEVEZOO遠藤氏と冨士弘氏の対談とか、俺得すぎるw

カバー折り返しの広告。「レトロゲームアンソロジー第一弾」の「スペランカーアンソロジーコミック」は、いくらなんでも狙いすぎだと思うんだが…。



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa