忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ 最新 追記

2012.12.01(土) (12/2補完) [長年日記]

_ [音楽] 小谷美紗子Trio“CARROT & STICK”@下北沢GARDEN

「小谷美紗子、新作アルバムのために新曲3曲ずつを披露するワンマンライブシリーズ」の3回目にして最終回。1回目と2回目は平日だったので来れなかったけど、3回目の今回は土曜だし、どうしても来たかった。

久しぶりのトリオ編成ということで、激しいトリオ曲は当然として、静かな弾き語り曲も混在する、知らない人からしたら支離滅裂な構成、とも言えるけど、これはこれで筋が通っているのだ、と思う。

まずはトリオ曲。「Off You Go」や「You」など定番曲。ヒロとトムのベースとドラムが、ピアノとボーカルと一体になって走る走る。このトリオが結成されてからもう6,7年になると思うけれど、この一体感と音の厚みはますますいい感じになってきて隙がない。

このシリーズの趣旨である新曲は、去年の震災直後に作られた2曲。決してこなれた歌詞ではなく、生硬で生々しい「うた」に、会場の空気が一気に1年半前に引き戻されたよう。そして、その締めくくりに歌われた、去年フリーで公開された「3月のこと」。いろんな感情を包み込んで鎮めていく大きな曲調。涙が出る。

「集中したらあっという間に終わる」から「いやだいやだ」という抵抗も空しく、あっという間に最後の曲に。最後の曲としてこれはどうなのか、と言いつつ、素直な気持ちということで「自分」。

今回はほんとにどの曲もいろんな意味で素晴らしかったのだけど、特に良かったと思ったのは「日めくり」。あのテクニカルな音源がライブでもこんなにすごいとは。

毎度毎度、音源もライブも楽しみで仕方がない。小谷美紗子ますます恐るベし。


2012.12.31(月) [長年日記]

_ 2012年が終わり、2013年が始まるわけだが

2012年は、ちょっとひどい年だった。なんかこう、すっきり「やった!」っていう感じの事象がほとんどなくて。常にモヤモヤしている感じ。世相的なものもあるだろうけど。もっと全力でコトに当たって結果も上々、ってな体験をやったほうが精神衛生よろしいかと思う。来年はなんか考えよう。


恒例のジャンルごとのまとめエントリを書く代わりに、ここで列挙しておこうかな。

お買い物として素晴らしかったのは、Kindle Paper White。奥さんこれ危ないですよ。物理本よりもっと気軽に、どんどん本買っちゃう。これでさらに書籍ラインナップが充実しようものなら、積電書の集積度がクダンの限界を超えて宇宙が崩壊しますよ。

購入した音源的には、イノトモ、とんちピクルス、拝郷メイコなどが印象強し。でもやっぱりGOINGの『Roots&Routes』が素晴らしかった、というまとめにはなっちゃうんだけど。

ライブ的には、小谷美紗子のが圧巻。長年行きたかった拝郷メイコも念願かなって行くことができて、これはこれで大変良かったんだけど、ワンマン観たいなあと。来年一発目は空気公団の予定。楽しみです。


そんなわけで、あんまりエントリ書けなかったけれど、わざわざ見に来ていただいた方、どうもありがとうございます。来年はもうちょっと書けるようにしたく。

ではよいお年を。

(とかなんとかいって数時間後に1/1エントリをうpするわけだが)



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa