忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ 最新 追記

2004.06.02(水) [長年日記]

_ [音楽] 輸入権・衆議院文部科学委員会を修正なしで通過

通過してしまった。

とはいえ、関係した人たちみんな、ほんとによく頑張った。実質的な「戦力」として戦ってくれた民主党や社民党の議員諸氏はもちろんだが、一民間人でしかないのにありえないほど頑張ってくれた謎工氏の功績を讚えたい(トラックバックしたかったけど、あまりにも有名なサイトなので、遠慮しますた)。彼がいなかったら、僕らはこの法案の問題点には気付かなかったし、立法機関への実際に効果のある働きかけなんて、できはしなかった。一杯おごりたい。つーか、十杯でも百杯でもおごりたい。そんで、できればこれからも一緒に、地道にいろんな目配りをしていけたら幸せだ。

輸入権はこれから骨抜きにしていくとして、CCCDの問題や再販制の問題、もっとヤバい問題も山積みだ。まだまだやるこたあいくらでもある。

ヲレは義憤には(それがたとえ自分の中にあっても)あまり信頼をおいていないんだけど、このへんは多分に私憤であり、ヲレの利益に関する話なので、動機には事欠かない。

第一、二年前の例のイベントで、自分がちょっとした選挙体質らしい、ということに気がついてしまったので(w

_ 原稿は今朝アップ

というわけで、画面写真とキャプションを作って、0130頃に送付。ひとまず終了ということで。


2004.06.10(木) [長年日記]

_ ときどき間が空くのは

行動が筒抜けになるのを避けるためです(w

いや、そのほうがみんな幸せだし(謎


2004.06.13(日) [長年日記]

_ いやね、今

原稿書いてますよ。金曜に話いただいて、締め切りは月曜(;´Д⊂

せっかくヲレをご指名いただけるんだから、それはちゃんとお応えしないと、と思って、引き受けちゃうんだよねえ。

マターリお茶しに行こうと思ってたんだがなあ…。

掃除洗濯は、原稿書きモードでも意外にできることを発見しますた。


2004.06.14(月) [長年日記]

_ 原稿ひとまず全部終ったー

いやー、今月は、なんかきびしかった。

普通にレビュー1ページのお話をいただいて、それ上がったと思ったら、急ぎで2Pのお話いただいて、それが上がったと思ったらさらに超特急で2P。んで、今日ようやく全部終ったというわけで。いや、ありがたいお話ではある。PalmやMacの現状を鑑みるに、斯様な原稿ラッシュは今後あんまりないかもしれないなあ、などと思ったりも。

なんかこう、休まらない日々だったので、ちょっと今日は一息入れたいところでつ。

つーか、休みなしの深夜労働で、編集様がぶっ壊れやしないか、それが激しく心配だったり。

_ 原稿アップの秘密

今日はアップルのコンパチビリティラボへ出張。

たくさんの機種に、たくさんのバージョンのOSをインストール。実際にソフトのテストをしている時間よりも、OSインストールしてる時間の方が圧倒的に長い。3台くらい平行してやってても、まだ手持ちぶさたな時間が…。

原稿書き終わりました。はい。

_ [音楽] 原稿書いてる間

ずーーーっとBGMを流していたのだか、iTunesの全曲ランダムもちょっと飽きてしまったので、iTunes導入前に聴いてたCDを引っ張り出してみたら、案外新鮮に聴けたので大儲けな気分。

Cranberries、初期のアルバムはホント大好きだなー。ドロレスの声が若い。末期はやっぱ疲れちゃったんだねえ…。解散やむなしか。

椎名林檎、えらい久しぶり。『無罪モラトリアム』は、今聴いてもキャッチーでイイわ。一曲目の「正しい街」のイントロでキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ッ!!って感じ。椎名林檎末期は、やっぱおかしな方向だったような気がする。CCCDだから聴いてないけど。東京事変にちょっと期待。裏切られると悲しい。

んで、結局、今回いちばんノリノリで原稿書けたのはJunior Seniorだったり。おバカ風だけどどー考えても頭よさげなキュートさで、バリバリにテンション上がるわー。

_ [書籍] ここしばらくの書籍購入

Amazon様と紀伊国屋様に貢ぎ続けております。

  • ル・グイン「ゲド戦記外伝」岩波書店
  • 津田雅美「彼氏彼女の事情(17)(18)」白泉社
  • 「ふたり分のサクッとごはん」オレンジページ
  • 「ゲーム批評Vol.57」
  • ササキバラ・ゴウ「〈美少女〉の現代史」講談社現代新書
  • と学会「トンデモ本の世界S」太田出版
  • と学会「トンデモ本の世界T」太田出版

まあ、このうち軽いものしか読めてないわけだが。

カレカノは、なんかもう悲惨のインフレ状態になってわけわからん。親の因果が子に報い…というか、ハイソな人たちが悲惨なドラマを演じている様を唖然としながら眺めるのみ。

ゲーム批評。なんだか不景気な話ばっかで、真っ暗です。

「〈美少女〉の現代史」。パラパラっと眺めた程度だけど、とりあえず昨今の『萌え』ブーム(商売にしたい連中のな)に便乗した形で、結構好きなことを書いている印象。あえて買ったのは、少年を描く富野と少女を描く宮崎の対比の項を読みたかったから。

トンデモ本の世界は、惰性以外の何ものでもなくて、読み終ったらブックオフ直行の予定。とりあえず目標は、綺麗に読んで査定アップです。


2004.06.16(水) [長年日記]

_ [音楽] 残像カフェ宇都宮初ライブですよ!

∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

去年新宿タワレコのインストアを泣く泣く諦めたわけだけど、ついにこの日がやってまいりましたよカテジナさん!

宇都宮VOGUEで9月ですってよ。平日かな、やっぱ。もうね、会社早退する気満々ですよ。

…つか、ひょっとして会場は婦女子でいっぱいですカ? 残像カフェ聴く人って見たことないんで、どういう層なのかさっぱりわからん。オサーンお呼びでなかったらどうしよう…


いや、いつものことだから平気なんだけどな。


それはそれとして、あのみんみんはどうやら宇都宮周辺のみらしいですよ>元気タソ

んで、思わずトラックバック。

追記:トラックバックちょっと失敗したかも…(;´Д⊂

_ ガスの元栓閉めたかしら症候群

朝出がけにシャツにアイロンかけたはいいが、どうしてもスイッチ切ったりコンセントからプラグ抜いたりしたかどうか思い出せなくて、激しく不安に陥る。

んで、帰りましたよ。ええ。昼休みに。アイロン確認しに。会社からバイク乗って会社側駅まで、駅から電車乗って宇都宮まで、宇都宮駅からバイク乗ってうちまで。5分くらい点検。で、バイク乗って宇都宮駅まで行って、電車乗って、会社側駅からバイク乗って…。

昼休み終了。

アイロンは、しっかりスイッチ切ってプラグも抜いてありますた。

自動電源オフ機能の付いたアイロンの購入を決めました。絶対買ってやる(;´Д⊂

_ Jobsの本質がちょっと見えた

ウォールストリートジャーナルのインタビュー記事が、IT Mediaで翻訳・掲載された。2ちゃんの新マク板の翻訳スレですでに読んでるけど、ちょっと「おやっ」っていう発見があった。

それは、結果を見てみないと。われわれは、何かを発明するか、その中のコアテクノロジーをコントロールできないかぎり、参入したくないのです。見れば見るほど、より多くのコンシューマーデバイスで、コアテクノロジーがソフトウェアへ移っていこうとしています。そして従来型家電会社の多くはソフトウェアのことをgrok(ハインラインの小説「異星の客」で使われた、「内面から理解する」という動詞)していません

※下線は吉沢

うっはー! "grok"ときたか! 「異星の客」っていったら、ヒッピーのバイブルですよ! Jobsタン、まだヒッピーな属性を残してるんだねえ。

ちなみにヲレは「異星の客」はハインラインの小説の中では5本の指に入るくらい好きだな。つーか、ハインライン好きなんだよ。また読もう。そうしよう。Jobsタンも読んでおくれ。そんで、アップルマーク付きの文化女中機作っておくれよ。


2004.06.17(木) やっぱタイトル入れた方がよさげ [長年日記]

_ さてー

ネタはあるのに書きはじめようと思うとてんで思い出せない。じじいはその都度メモっとかないと何もかも忘れてしまうね。

_ [音楽] 戸田さんの新譜"There She Goes"

そうそう。今日発売なんだっけ。戸田誠司さんの新譜。amazonに注文してあるけど、他のものと一緒に来るのでしばらくおあずけ。

音楽配信メモの津田さんがインタビューに行ったらしい。MP3ファイルがextraトラックに入っていて、READMEには「このCDのコピーコントロールはあなたのハートにある」てなステキコピーが書かれているそうな。戸田さん、漢だ…(;´Д⊂ Respect the musicですよ。まったく。ほんとにさあ。

戸田さんとはpekin-netのonさんちで1,2回お目にかかったことがあるけど、そりゃ憶えちゃいないだろうなあ。15年くらい前ですよ(w


2004.06.20(日) この週末のご報告 [長年日記]

_ GOINGのライブ行ってきますた!

GOUNG UNDER GROUNDの渋谷AX、行ってきますた!

いつものTさんと、Gたんと、あと2年ぶりくらいのRさんと4人で行ったよ! ライブ前にダーツとかカラオケとか行って遊べたのが嬉しかったー。ちなみに、ダーツはトップですた。おほほ。

んで、ライブですが、俺的ベスト選曲ですたよ。古くは「思春期のブルース」「荒川わたれ」から、新しいところではタイトル未定の新曲まで。で、「シーン2」とか「足音のブルース」とかB面な曲も織り交ぜたマニアックなセットリスト。(・∀・)イイヨイイヨー。つーか、「ブルース」と付く曲も全然ブルースでないのがGOINGの不思議。

もうね、ダブルアンコールで最後の曲がアローっての、やめてほしい。泣けて仕方がないよ(;´Д⊂

客のノリがややお約束的になってきているのはヤだけど、まあおそらくはいい奴っぽい人多数なので許す。

_ 渋谷で夕ご飯食ったー

Bunka村近くの店。蕎麦と豆腐がんまかったー。

盛り上がった、つーわけではないが、ぽつぽつ近況とか聴けてよかったよー。


2004.06.22(火) いや、だからヲレの金はクリエータの人に払ってんだってば [長年日記]

_ [音楽] アーティストの公式サイトの駄目さ加減

さっぱり理解できないことが堂々とまかり通る不思議時空音楽業界。著作権絡みで不思議なことも、それこそ山のようにあるわけだが、それ以外にも以前から首をかしげざるを得ない不思議があるわけだが。

ってのは、アーティストの「公式サイト」の駄目さ加減だったり。

まったく意味がわからないのは、全面Flashなサイトがやたらに多いこと。そりゃもう示し合わせたんじゃないか、ってくらいに。ユーザの使い勝手は完全に無視の見た目だけ華美なサイトの多いこと多いこと。お前らアクセシビリティって言葉知ってんのか?

ヲレはFlash大好きで、お絵描きツールとしてもアニメーション作成ツールとしても、キシリア様に献上してもいいくらいのステキソフトだと思っている。まあ、全面Flashなサイトまでは好きじゃないけど、それを作るのも自由だろ。でも、htmlな代替サイトを用意しないサイト製作者なんぞ、ヲレは軽蔑するよほんとに。

いかに今の音楽業界が「本質を見る目」を失っているかを端的に示している、などと穿った見方をしてしまうわけだが、あながち的外れではあるまい。

んー、もしかして、サイト素材を盗用されるのが怖いのかな? だとしたら、音楽業界の「コピー恐怖症」はパラノイアの域まで達してるよ。まあ、CCCDという、防衛にもなっていない過剰防衛をやっている以上、そのパラノイアっぷりは公知なわけだが。

_ [CD][書籍] Amazon様より

というわけで、例によってAmazon様から荷物到着。

  • 西島大介「凹村戦争」早川書房
  • 戸田誠司「There She Goes」
  • LOST IN TIME「きのうのこと」
  • Eddi Reader「MIRMAMA」

「凹村戦争」は、ネット界隈で割と評判が良かったので。このカバー裏表紙に使ってるフォントがヒラギノっぽくて萌え(w

戸田さんとLOST IN TIMEはデフォルト買い。

Eddi Readerは、ちょっと前に友達から勧められていたところを、再度試聴してみたらこれが結構いい感じ。ってことで、今ごろ購入することにした次第。10年以上前の盤だけど、いいものはいいからねー。

とりあえず、どれもまだちゃんと読んで/聴いてません。うむ。



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa