忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ 最新 追記

2011.01.01(土) [長年日記]

_ 今年もよろしくお願いします

慎んで新年のお慶びを。

今年はどうしましょう。ずいぶんいろいろありそうな気がするけれど、全部よい方向に強引に転がしてみる所存です。押しどころを間違えないように。

こちらをごらんいただいた皆様にとって素晴らしい一年になりますように。何か面白いことがあったらぜひお声をおかけください。

_ [著作権] ハッピー・パブリックドメインデイ!

2011年の本日をもってパブリックドメインに還ることのできた作品、および天国の作者の皆様に感謝を。

死せる作家の会のページによれば、今年パブリックドメインになるのは…ああ、ごめんなさいヲレ日本文学あんまり知らないの…。


2011.01.02(日) [長年日記]

_ [書籍] 大森望編『NOVA 3』

風邪引いて寝込んだとき、および帰省中に積読がどんどん消化できたのが嬉しい。

のっけから、とり・みきの万物理論パロディでひっくり返る。もうSF者はいやだw

小川一水「ろーどそうるず」。テーマ的には生と死を越えた魂の継承的な、わりとよくある話のような気がするが、バイクが主人公になるだけでなんでこんなに泣けるんだ。騙されているのかもしれない。いやそれでもいいや。

長谷敏司「東山屋敷の人々」。日本の田舎のじっとりした「血縁関係」「家」に抗老化技術が導入されるとどういうことが起きるか。ミーム理論なんかもちりばめつつ。これは悪夢だ。ていうか、もともと「家」とか悪夢だったのかも。長谷氏はヲレんなかで要フォローな作家としてマークされたので、過去作も含めて追っかけさせてもらう。

あずまん「火星のプリンセス」。…ここで連載しなくても?

瀬名秀明「希望」。難しい。けど、時代とのシンクロ感を激しく感じる。読み返さないといけないかも。

というかんじで、NOVA4にも期待です。

_ [書籍] 大森望編 「ぼくの、マシン ゼロ年代日本SFベスト集成<S>」 「逃げゆく物語の話 ゼロ年代日本SFベスト集成<F>」 (2)

<S>のほう、小川一水の「幸せになる箱庭」は、その決着の付け方は交渉事として腑に落ちすぎるというか。でも怖い。

菅浩江「五人姉妹」。ああこの作品好きだ。淡々とした味わいだけれど、これは悲劇だなあ。

<F>のほう、恩田陸の「夕食は七時」。知ってるはずの言葉でもゲシュタルト崩壊するとこんな感じだな。これは好きな作品。

古橋秀之「ある日、爆弾が落ちてきて」。いい雰囲気。ちゃんと切ない。ラノベだけど。

森岡浩之「光の王」。ゼラズニイの「光の王」つながりなんだと思うけど、内容的にはつながりない。こういう現実の底が抜ける系の話は怖いって言ってんだろ。

山本弘「闇が落ちる前に、もう一度」。だからこういう現実の底が抜ける(ry

石黒達昌「冬至草」。戦時中の考証が緻密で、本当にあった記録と錯覚しそう。それだけにラストのSF的な転換が活きる感じ。意外にいろんなアイディアが詰め込まれているけれど、とっちらかった感じはそんなにしないのは素敵。

北野勇作「第二箱船荘の悲劇」。何が悲劇なのやら。くだらなくて大好き。

牧野修「逃げゆく物語の話」。これは切ない。SFでしか書けない切なさ。これはいい。

って振り返ってみると、<F>のほうが面白かったのかな。

_ [書籍] 多根清史「ガンダムと日本人」 (2)

とりあえずこの140字で。

2010年最後の一冊は「ガンダムと日本人」。日本の近代史と絡めてガノタがガンダムを語るのかと思ったら、「近代史よくわかんねえからガンダムで説明してくれ」に応える内容だった。しかもいつの間にか富野への強烈なラブレターを読まされていた。何を言ってるのかわからねぇかもしれないが(ryless than a minute ago via Echofon

いや、面白かったですよ。


2011.01.04(火) [長年日記]

_ [日常] おやすみ最終日

年末年始のお休みは、ほとんど外出もせず、積読を消化するために使われていたという。

仕事のある平日はほとんど食事なんかはコンビニ頼りだったりするわけだが、おやつも含めてちゃんと自分で作って食べられるのはそれなりに幸せ。

めっきりインドアだったけれど、これでいいのだ。


2011.01.05(水) [長年日記]

_ [ゲーム] ROOMMANIA#203

急に遊びたくなったんだもんしょうがないじゃん。

ドリキャスをゲーム機箱から救出し、テレビのアナログRGB21ピン端子と接続。電源を接続して起動すると、ビジュアルメモリが「ピー」と鳴いた。何事もなく起動するヲレのドリキャスすげえな。まあサターンやメガドラも何事もなく起動するんだけど。

ゲーム文法的にはデタラメ寸前なのに、天然で無邪気な作りに愛を感じてしまうROOMMANIAシリーズ。ゲーム内コンテンツ(テレビ・ラジオ番組とか)の過剰な充実っぷりなど、楽しんで作ってる雰囲気がたまらないです。

続編のニュールーマニアをドリキャスソフト箱の中で探したけれど発見できず落胆していたところ、なんとニュールーマニアはPS2版のみだったことが発覚。ドリキャスやサターン起動するのは胸が躍るのに、PS2起動すんのには倦怠しか感じないのはなぜなんだぜ?

Wiiで続編出してくれんかなあ。…ナイツの惨劇が繰り返されるような気がしないでもないが。


2011.01.06(木) [長年日記]

_ [Mac] そろそろMac App Storeにひとこと言っとくか

ヲレにもっとパワーがあればなあ。

まあ何を言っても言い訳にしかならん。


2011.01.11(火) [長年日記]

_ [PV][iTMS][CD] GOING UNDER GROUND「LONG WAY TO GO」 (2)

あんまヲレの好きな路線ではない…とか言っといて、今になって突如開眼した! この曲はいいッ!

ヲレはビクターの「胸キュン」「切なさ大爆発」的な売り方には辟易していたけれど、前作「LISTEN TO THE STEREO!!」のようにそのへんをぶっ飛ばしてみるとちょっとそれも違うような気がしてしまうのがファンの面倒なところ。GOINGの湿気のあるセンチメンタルは、あれはやっぱり良いものだったんだ(が、ビクターの売り方はやっぱりダメだったと思う)。

「LONG WAY〜」はボーカルやエフェクトでドライで力いっぱいなロックに聴こえるけど、メロディとコードを拾ってアコースティックバージョンを脳内で再生→あらずいぶんとおセンチメロディですよこれ、って気がついたら、現行バージョンもぐんぐんよく聴こえてきましたよ。

やっぱよくも悪くも、GOINGは「男の子」バンドなのかなあ。やっぱり「男の子」的な世界のほうが空回りせずに音に乗せられる感じがする。キャリアを重ねるごとにテーマも表現も変わって行くのは自然なことだけど…。模索は続くのかもな。

ともあれ、「LONG WAY〜」を好きになれたのが嬉しかったので、iTunes StoreでPVを購入。マイスペとかで見れるんだけど、買いたくなったんだからいいじゃない。


2011.01.12(水) [長年日記]

_ [音楽] 橘いずみ「灰とダイヤモンド」

橘いずみ(現:榊いずみ)のビデオソフトを入手したので。おおむねライブ映像。

…。

いやあ、改めて見ると、ほんと綺麗な娘だわ。ライブでも歌唱は激ウマ。パフォーマンスもまるで怖いものなしの肝の据わりっぷり。恐れ入った。

このビデオは1993-94の映像らしいので、彼女は25,6歳くらいか。若い若い。バブルの余韻が残る時代なので、まだ人々は元気だなあ。

ちょっといいもん見た、気がする。


2011.01.13(木) [長年日記]

_ [日常] 都内出張

いや、面白いことはなんにもないですよ(書かないですよ)。

とりあえず今日の発見は、BECK'Sの「温野菜のバーニャカウダプレートセット」は案外イケる、つーことで。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ ゆじっぷ [こんにちは。 モノにもよりますが、おもしろいことなら書ける範囲で書いてくださいよー。]

_ Yoz. [一日ミーティングしてただけなので…。 えーと、「白い犬が居たってねえ」「ぎゃふん」]


2011.01.16(日) [長年日記]

_ [日常] 髪切った

毎度お馴染俺様用メモ。

今回は前回カラーリングしたところまで切るとちょうどいいという切り取り線付き状態だったとのこと。そうは言っても、切った髪見ると茶色と黒とグレーで三毛猫状態だったり。はあ猫飼いたい。

美容師さんが新しいもの好きで、カラーリング剤やらシャンプーやら、新しくて面白そうで、そしてもちろん「良い」と判断できるものはどんどん取り入れるという方針らしく、それらを揮われるヲレも新しいもの好きであるだけにとても楽しい。相性のいい美容院に当たったのかも。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ ゆじっぷ [ネコかいましょうよー]

_ Yoz. [一人住まいだと責任あるお世話ができないので、我慢です(´・ω・`)]


2011.01.19(水) [長年日記]

_ [日常]なんかこうイマイチ盛り上がらんなあ

やや低調。

なんか気晴らしに無駄なもん買ってしまいそうで怖い。つか、無駄では決してないものの、DVD-BOXが2箱届くんだよなあ今月。よく考えるとちょっと弱気になってきて、キャンセルしようか迷ってしまったり(キャンセルしないけど)。

無駄なもん買って部屋をまた狭くするよりは、どこかに寄付するなりしたほうが有意義な気もするが、今やると流行りに乗っているようで悔しい。ヲタは難儀だなあ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Yoz. [そ、それは無駄なもの…ではもちろんありませんがーーーーー。 ちまちましたものを買うと、なぜかその質量以上に部屋が散..]

_ ゆじっぷ [気晴らしにお部屋を広くすればいいんですよ]

_ Yoz. [むしろ狭い部屋にコンパクトに住みたい今日この頃…。掃除とかめんどくさいし。]


2011.01.20(木) [長年日記]

_ [ゲーム] ニンテンドー3DS予約

…失敗orz

10:00頃、ハタと気がついてAmazonにアクセス。DS3をカートに放り込むところまでは行けたんだが、そこからサインインして購入完了までどうしても行けないうちに、予定数終了。悔しい…。

_ [ヲタ] そろそろ出てほしいガンプラ

ジェムズガンとジャベリンのかっこいいガンプラ出ないかなあ。MGとは言わんから。

できればキャノンイルフートも出て欲しいけど、まず無理ぽ。


2011.01.21(金) [長年日記]

_ [書籍] 散歩の達人 2月号

特集は神田・秋葉原。

どっちも割とよく知ってる街のはずだけど、これだけ知らん物件(食べ物屋さん多し)を集めてくるのはさすが散達。とはいうものの、飲み食いのためにわざわざ行こうとはあんまり思えないのが神田秋葉原であって…。

蔵前橋通りの高架下ってのは面白そうだ。ここを秋葉原と言うかというと微妙だけど。

今度アキバに用事があるとき、ついでに今号持ってくのもいいかも。

次号は柏・松戸・流山・我孫子。このへんはちょっと興味があるので楽しみにしておこう。


2011.01.23(日) [長年日記]

_ [DVD][映画] フライトプラン

ふらっと寄った中古ゲームとかCDとかDVDとか書籍とかのお店が、ゲーム以外をやめちゃうらしく、閉店(閉フロア?)セールをやってたので、微妙に観たかった映画のDVD3本も買ってきてしまった。

「宇宙戦争」が¥350、「アンダーワールド」が¥750、そして「フライトプラン」が¥50。¥50て…。

確かに、公開当初は割と散々な評価で、ジョディ・フォスターはなんであんな役を引き受けたのか、なんつー言われ方をしていたけれど。ただ、ちょっと気になる作品ではあったので、機会があったらレンタルでも…と思いつつその機会がなく。

まずは、この「フライトプラン」を観てみた。

いや、これそう酷評されるほどひどくはない…かも。しかし確かに無理は多い。いくらなんでも(自粛)な(自粛)が(自粛)なものかと。そこは我慢するとして、鬼気迫るジョディ・フォスターの演技が見どころか。途中までは痛々しくて観るのがつらかった。まあ、ほんとにひどい話で気の毒すぎるんだけど。

他人への無関心て一番怖いですね、つーお話。


2011.01.24(月) [長年日記]

_ [書籍] カレー沢薫「クレムリン(2)」

そんなにページ数は多くないけれど、モーニング2とモーニングの両方で連載してるから意外にコミックスで出るペースが速い。あと、モーニング毎週読んでても、モーニング2の回は読んでないので、コミックス買うとお得感が。

しかしこのなんとも表現のしようのない、そこはかとない面白さは、ひとにお勧めするのがひどく難しい。えーとですね、とり・みき的な低体温な小ネタがだらだらと続き、マンガ文法もほとんど無視なアナーキーっぷりで、絵もうまいとか下手とかそういうレベルで推し量れない、素敵なマンガですよ。

…ダメだニャ (´ω`)


2011.01.26(水) [長年日記]

_ [書籍] 岡崎二郎「アフター0(3)(4)」

先日、ブックオフオンラインでオトナ買いした「アフター0」全巻。全巻と言いつつ、3巻と4巻の在庫がなく抜けていたんだが、そこはブックオフオンラインさん。先週入荷メールを届けてくれていた。一昨日発注して、本日到着。これでコンプリート。

前回購入できた8冊は、オビも付いているなかなかの美品で、前の持ち主の人はずいぶん大切にしていたようだ。今回の2冊はオビこそないけれど、やっぱり美品。「大いなる眠り子」シリーズの連作が収められている2冊のようなので、このへんが気に入っていた人が持っていたんだろうか。

そんなことを想像して楽しめるので、中古本はそういう意味でもちょっとお得。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ ゆじっぷ [コンプリートおめでとうございます。 本を見て、その人となりを想像するのもまた楽しいですね。本棚に性格出るとかも言い..]

_ Yoz. [本棚とか、CD棚とかは、人んち行ったら必見ですね。 まあうちのも見られてるわけですが…。]

_ ゆじっぷ [ぜひとも見たいです。ぼくはそういうのなめ回すように見るんだそうです。前友だちにドン引きされました。]


2011.01.28(金) [長年日記]

_ [Gadget] ATH-CKM55断線したorz

去年の3月に買って、本日断線。およそ1年持ったから頑張ったほうか。

いや、仕事が煮詰まってきたので、久しぶりにイヤホンのケーブルもってブンブン回す癖が…。で、テキメンに切れた。露骨にヲレが悪い orz

ATH-CKM55は音的にはかなり気に入っていたんだが、ケーブルをまとめるパーツがないのが玉に瑕。どうせだから次は別な機種にしてみようかなと、ちょっと物色中であります。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ ゆじっぷ [あらー。でも1年もったんならまあ…ATH-CMK55?と思って見たら、あら。わたくしATH-CMK70を使ってました..]


2011.01.30(日) [長年日記]

_ [Gadget] PHILIPS SHE-9701こうた

ヘッドホンは毎日使うものなので、断線したら即断即決で買わないと命に関わります。

そんなわけで、早々に電気屋で試聴して、買ってきましたよPHILIPS SHE-9701

最近はずっとオーテクを使ってきたわけで、CKM55の音も気に入っていたので次もCKM55にすればいいようなものだが、ずっとオーテクを使うのも世界が狭くなりそうなので、時々違うの使ってみようかと。

確かに低音は出てる。ギターとドラムセットの音はよく聴こえるんだけど、ボーカルはちょっと引っ込む印象かなあ。ピアノの音もCKM55ほどはクリアでないような気もする。バランスという意味ではもう一つなのかしら。まあ、ヲレの糞耳じゃたいした違いはないけどなwww

とりあえず、値段も安かったので、またブンブン振り回して断線してもそんなに懐は痛まないし(そういう開き直りはいかがなものかと)。



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa