忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2010.01.14(木)) 最新 次の日記(2010.01.17(日))» 編集

2010.01.16(土) (1/18補完) [長年日記]

_ [音楽] GOING UNDER GROUND『二代目GOING UNDER GROUND襲名ライブ・東京公演』@渋谷クアトロ

今年のライブ一発目はGOING UNDER GROUND。

ファンクラブ&携帯サイト会員向けのライブなんだけど、とうちゃんさんにお誘いいただいたおかげでヲレも潜り込むことができますた。ありがたや。

クアトロのキャパは800くらいとはいえ、きっちりそれだけ客入れればいいってわけでもねえだろ、って言いたくなるほどの人口密度。ただでさえ容積が大きいお兄さん(婉曲表現)が多いんだし。

気になっていたのはロッカー。公称300個用意されているとはいえ、この人数。誰もが複数人で共用してくれるわけでもないし、冬場の外套とかかさばるものも多いわけで、整理番号が600ちょい前のヲレらに使えるところは果たして残っているのかと。ぎゅうぎゅうのロッカーエリアの果てに辿り着いたのは、最後のひとつとなった空きロッカーだった。奇跡。おかげで気兼ねなくライブを楽しめます。

今日のライブはワンマンだけどオープニングアクト付きという構成。アクアミュージックが誇る看板アーティストGOING UNDER GROUNDの前座をつとめるのは、中澤寛規率いる「蒙古TAN-MEN」、弾き語りソロの松本素生、そしてやはり弾き語りソロの河野丈洋…って全部メンバーじゃねえか。ちなみに石原聡は総合司会。

ナカザのバンドはロック小僧的なギターロック、素生はじんわりまったりな弾き語り、そして丈さんは偏差値高目なポップスで、綺麗に個性が分かれた。どれもなかなか(・∀・)イイ! 個人的には、丈さんの完成度が高いと感じた。いっさんの総合司会は、…まあ頑張れw

そして、GOINGの出番となるわけだが、これが一般のライブではあり得ないマニアックなセットリスト。「My Treasure」「Holiday」を除けば、アルバム『ハートビート』以前の曲ばかり。それなんてB面コレクション?ってくらいのカップリング曲の嵐。どれも、2代目GOING UNDER GROUNDを襲名するだけあって、アレンジが変えてあってロック色が少し強い感じ。ヲレは「Heavenly」とか「青空コウモリ」が久しぶりに聴けて嬉しかったなあー。

18時に開演で、終わった頃には21時をだいぶ過ぎていた。濃厚なライブでお腹いっぱいですた。

終了後にいつもの居酒屋行って注文しすぎてさらにお腹いっぱいな事態にw

(追記)

ああそうだ。アンコールの後、いきなり先日レコーディングしたばかりの新曲「Winding road」を演りたくなってきたと言い出したナカザと、少し腰が引けてる素生。そして、その素生に「できるんだよ、俺たちは!」と挑発してみせるナカザというシチュエーション。いいねえ。ナカザは男の子だな!

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ とうちゃん (2010.01.19(火) 22:38)

おつかれでしたー <br>充実したライブでしたねー <br>ロッカー、自信満々に「大丈夫!」と言っていたのに、むちゃスリリングになってすいませんでしたw <br> <br>よういっさん脱退後の久々のワンマンであること、メンバーのソロが前座という捉えようによっては後ろ向きになりかねない条件でしたが、これからのゴーイングが楽しみ!と心底言えるライブでしたねー <br>またご一緒しましょー

_ Yoz. (2010.01.20(水) 01:29)

あんだけアレンジ変えてくるってことは、相当やる気あるってことですね。聴かせるGOINGってのも全然アリだと思いました。 <br>Winding roadはまだイマイチ判断できないですけど、音源出るのが楽しみです! <br>また誘ってくださいー。ありがとうございました。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa