忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日(05-09) 最新 次の日(05-11)» 追記

2004.05.10(月)

_ [音楽][CCCD] わかっちゃいるけど…(1)

輸入権絡みで頑張っている人たちが、多分無意識に発しているであろう言葉で、ときどき(´・ω・`)な気持ちになってしまうことがある。それは、「CDの輸入が禁止されたらCCCDの国内版を避けて輸入盤を買うという選択肢がなくなってしまう」という言葉。俺ら邦楽ファンは、そういう逃げ道すらないわけだが…。

# まあ、「買わない」という選択肢はあるし、実行してるけどさ…

もちろん、洋楽しか聴かない人たちにとっては、邦楽がどんな状況だろうと関係ないことではあるんだろう。それは彼らにとっての問題ではなく、邦楽ファンが頑張らなければならない問題なんだってのは重々承知。でもなあ。

「CCCDしか選べない状況」が鼻の頭まで迫ってきてる現状が首尾よく回避できたとき、彼らの多くは「やれやれ、よかったよかった」とか言って、CCCDのことなんか忘れてしまうんじゃないだろうか。それは仕方がない。仕方がないけど、ちょっとは俺らの気持ちも理解して、頑張れよ、くらい言ってくれると嬉しいなと。ついでに力も貸してくれるともっと嬉しいなと。

_ わかっちゃいるけど…(2)

Winnyの作者47氏が逮捕された。まだ容疑者だけど。

京都府警のやりかたは、汚いし、法的な根拠も手続きも無茶苦茶怪しい。これもやっぱり知財ファシズムの一環のような気がする。たいへんだ、僕らの自由が危機にさらされてるYO!

…とはいうものの、気合い入れて「47氏を救うのらー!」とは、正直言いたくない。

彼は、(1)ダウソ板という、違法ダウンロードユーザのスクツをユーザフィードバックの場として利用しており、違法に使用されることを十分に認識していたはずだし、(2)実際、彼は自身の言葉で現在のコンテンツビジネスのあり方や著作権の運用に意義を唱え、それをWinnyで変えて行きたい旨騙っているし、(3)Winnyの特徴である匿名性を語るときは専ら「身元がばれて逮捕されるかどうか」を問題にしていることから、違法に使われることを前提としていたとして思えない。どんな綺麗事を言ったところで、彼は適切な手順を経ずして現在の制度を暴力的に破壊しようとした確信犯、知財テロリストだと思えてしまうのだがどうか。テロで革命をやろうとして、当局に睨まれた、という、よくある話であるようなないような。

現実を思い通りに変えて行くのに、テロは有効でないってのをここ数年の出来事から学習していない、ってのは、いかにも「大学助手」的な感触だなあ。あ、別に大学助手とか助教授とかに偏見はないですからね。妙にそういうのを実感させる実例を何人か知ってるってだけで(w

ともかく、47氏は好きになれそうにない。現実を変える努力もせず、Winny使ってへらへらとルール違反をやってる連中はもっと嫌いだ。端からしょっぴかれちまえばいい。でも、47氏が(ひいては僕らが)ソフトを作る自由を守るために、京都府警のやりかたは批判されなければならんだろう。あんまり気合い入らないけどな。いや、官憲はそういう気持ちにつけ入るってのはわかっちゃいるんだけど。

_ 大嫌いだが…

47氏の仕事には、正直ジェラシーをおぼえるな。たいしたハッカーだよ。

こういう手合は、ちゃんと監督して上手に活用しなきゃダメだろ>東大

つか、有能な経営者と組んで、シリコンバレーあたりで起業しちゃったほうがこの人にとっても、世界にとっても幸せなんでない?

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ yoz [うわーん、Takechiさんに初トラックバックをいただいたのに化け化け…(;´Д⊂ 申し訳ないっす。tDiaryのト..]

_ takechi [あ、ホントだ。アレっすかね。文字コードとか。 わたしもはじめたばかりなのでよくわからんっす。]


2005.05.10(火)

_ [PV] GOING UNDER GROUND「STAND BY ME」(2)

ビデオをiMovieで取り込もうとしたけれど、チューナーがデコード失敗したノイズが…。MTVはなんでかノイズが乗るんだよなあ。さらに、なんとなく音声が右チャンネルしか聞こえないような。前にもそんなことあったけど、原因がよくわからん。

ということで、もう一度録画からやりなおしorz

しかし、これ憶えにくい曲だなあ。


2006.05.10(水)

_ [ゲーム] E3ネタ・Wii(とXBOX360)の新情報メモ

任天堂のセッションのwebキャスト観てしまった。ネムー。気になった話をメモ。

XBOX360のほうも、外付けHD DVDドライブが発表になったようだけど、値段は? 内蔵モデルが出たら値段によっては購入も考えるかも。→Xbox 360:HD DVDプレーヤ発表 - Engadget Japanese

_ [iTMS] 小谷美紗子『CATCH』Misako Odani - Catch - EP

17日発売の新アルバム『CATCH』。なんと、iTMSで本日よりまさかの先行発売! ていうか、iTMSの曲情報でも発売日17日って書いてあるけど、iTunes株式会社は公開日間違ってるんちゃうか?! 大丈夫か?! またポカしたらHIPLAND今度こそキレちゃうよ?*1

ヲレは28日の新宿タワレコインストアライブに行きたいんで、また友達にCDを店頭で買ってもらうわけなんだけど、1週間早く聴けるなら、今iTMSでも買っちゃっていいかなあ、みたいな。

*1 以前、モダーン今夜がフリーダウンロードになったとき、いろいろ問題があったし…。あれはひどかった。

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Yoz. [箱関係はコントローラにヘッドホン端子があったようですけど、それはテレビや本体からケーブル引きまわさなくていい、ってい..]

_ shiro [JSRF はいいゲームですぜ。旧 Xbox を専用機に買ってもいいぐらいに。ってか迷わず GoGo! (笑)]

_ Yoz. [ヤフオクチェックしてしまった俺ガイル]


2007.05.10(木)

_ [Mac] ひとまずソースにコメント入れまくった

なにかこう魔が差して、ソースにコメントとHeaderDocタグを入れまくってしまった。しかも、日本語スピーカー以外が利用する場合のことを考えて、英語で入れちまったものだからさあ大変w なんかすごいデタラメな悪寒。

_ [Internet] Hotwired Japan復活! 増井氏@Appleの記事も

まあいろいろとご意見はあろうかとは思うが、雑誌WIRED(英語版)は最初無茶苦茶面白かったし、後からできたWeb媒体のHotwiredもそれなりに面白かった。日本では、紙媒体のWIREDは早々に倒れちゃったけど、HotwiredはNTTレゾナントの下で割と一生懸命運営されていた。まあ記事の内容は玉石混交だったけど、メルマガも購読してたくらいだから面白い記事は面白かったんだと思う。

その日本版Hotwiredも去年の3月末で一時休刊。あーこりゃもう無理かなと思っていた。

今日、なんだか懐かしいSubjectのmailが届いたわけだ。「WIRED NEWS (2007/05/10) Hotwiredからのお知らせ」。なんと、新しい会社「Wired Vison」立ち上げて、そこで運営再開するそうですよ。うひょー!

しかしこのmail、世界中のメールサーバぐるぐる回って、1年かけて届いた迷子mailかと思ったよ。また来るとは思ってなかったし。

プレスリリースを見ると、Blog Contributerとして、富豪化理論の提唱者でありPOBoxの発明者である、現Appleの増井さんの名前も挙がっている。これは楽しみ。

※INTERNET Watch等でも記事が出てた。


2008.05.10(土)

_ [DVD] 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版」やっと観た

火を見るより明らかなことではあったが、これ観始めると時間かかるんだわ。本編だけでもポーズしたり戻したりスローで見たりするから尺の倍くらい時間かかるのに、特典映像とか含めたらどんだけ時間かかるんだと。

というわけで、20時頃から観始めて、今25:30ですわw

いやこれやっぱりすごいわ。演出、作画、CG、いろんな意味で細部まで神経行き届きすぎ。旧版のライブ感や狂気に対して、そうしたエネルギーが全部きちんとコントロールされている感じ。

新劇場版でくどいくらい繰り返される「虹」のモチーフが、DVDのメニュー画面にまで登場するっつーのは、徹底してるというかなんというか。ここまでやられたら、「虹」が今回の話の核心にどう絡んでくるのか非常に気になるところ。

特典ディスクの、テロップ入り本編は心底くだらないと思ったが、ミもフタもない設定の暴露とかもあったりして微妙に要注目かも。CGのメイキングみたいなのはなかなか良かった。本編ディスクの方に入ってた脚本は、DVDプレイヤーの貧弱なUIではとても読み切れません…orz

中編の「破」って2008年の春の予定だったと思うんだが、そういえばまだ何のアナウンスもないなあ…。早く観たいんですけど。


2009.05.10(日)

_ [日常] キンギョソウ咲いた(勝手に)

とりあえず黄色いのが。赤いのも咲きそう(勝手に)。

キンギョソウは連発式に咲くので当面楽しませてくれそう

_ [日常][Internet] 秘密地図記号の秘密

昨日散歩したルートをGoogle Mapsで確認していたら、見慣れない地図記号に目が留まった。

謎の地図記号









地図を拡大縮小しても、その記号は常に表示されているあたり、なにやら重要な場所を示している予感。

「Z」の文字に、「⌒」のような図形が合成された記号。国土地理院のサイトを見ても、その他の地図記号のサイトを見ても手がかりなし。しかし、「⌒」は抗口を意味するわけで、これは究極(「Z」)の地下施設への入り口(「⌒」)を示していたりするのかも?! だが、昨日の風景を思い出してみても、Google Mapsを航空写真に切り替えても、特に変わったところはないような気がする。

これは、現地に行って確かめてみなくては!!

iPhoneのマップを頼りに、謎の地図記号ポイントを目指す。

このあたりとおぼしき地点でZoomerたんを降り、周囲を見回す。が、そこはマンションが建ち並ぶ住宅街で、特に珍しいものがあるようには思えない。が、次の瞬間、見つけてしまったのだ!

「Z」の文字に、「⌒」のような図形が合成された記号!

それは…!!

地図データを制作した会社、ゼンリンの支社だった orz

…そりゃまあ、載せる気持ちはわかるけどな…


2010.05.10(月)

_ [Gadget] 年貢を16GB納めた

朝起きて枕元のMacBookでSafariをリロードしたらApple StoreでiPad予約受け付けてた。

気がついたらなんかオーダーしてた。16GBのWiFiモデル。

…べ、べつにどうしても欲しかったわけじゃ、ないんだからね! デベロッパとしてはやっぱりiPadを日常的に使ってそのリズムを身体にたたき込んでおく必要があるし…。それに、第二世代が出るまでのつなぎで買ってやるんだからありがたく思いなさい!

ツンデレきもい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ すみちゃん [お久しぶりです。 予約しましたか。!! 私は、待ちきれず、輸入しました。 南山堂の医学辞書アプリ yozさんです..]

_ Yoz. [ESDラボラトリ! 今検索したら本郷のESDラボラトリさんは現存しているようですね。今は全然違うことをやっておられる..]


2011.05.10(火)

_ [iTMS][Gadget] 「GOING UNDER GROUND インタビュー」

意外なところから来たな。iPhone/iPadアプリの電子書籍。¥450。

GOING UNDER GROUNDの新アルバム『稲川くん』のリリースにあたり、メンバー4人へのロングインタビューを敢行し、それを電子書籍アプリ化したもの。

全部で90ページほどで、写真も数枚程度で音声とかの派手なオマケもないけど、貴重なインタビューが読めるという一点でファンなら買ってもいいかな、という感じ。ふだんはあまりこういうシーンには登場しない、ナカザやいっさんのインタビューが読めるというのも嬉しいところではある。

『稲川くん』は、やっぱり曲は「一筆書き」なんだって。そうか…。技巧を凝らせばいいってものではないけれど…。まあいずれいいバランスを見つけてくれるんだろう。ヲレは待つ。

_ [書籍] 大森望責任編集『NOVA 4 書き下ろし日本SFコレクション』

Amazonより着弾。

半年に一度のハイペースで刊行が続けている、書き下ろしSFコレクションの4冊目。

いつ読めるかはわからないけど、山田正紀の中編が楽しみ。



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa