忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2011.04.21(木)) 最新 次の日記(2011.05.01(日))» 編集

2011.04.26(火) [長年日記]

_ [CD] GOING UNDER GROUND『稲川くん』

2年ぶりくらいにリアルCD屋でCD買った。タワレコで買うと特典DVDが付くので。

GOING移籍後初のアルバム。すでにライブで披露されている曲多し。

全部の曲をざっと聴いて、歌詞読んで、初回封入特典の「稲川くん」*1の歌詞も読んで、なぜこのアルバムのタイトルが『稲川くん』なのかわかったような気がした。

たぶん、メンバーは「稲川くん」と口にするとき、心では笑っていない。彼らの中では、「稲川くん」は、少年時代はじめて知った人生の苦さを象徴する「名前」なんじゃないか。どこかのライブでネタバラシがあったらしいから、全然違ってたら恥ずかしいんだけど。

たぶん、多くの人の心の中にも、そんな「名前」があるんだろう。ヲレの心にもある。

そんなことを考えつつ、これから楽曲を聞き込んでいこうかと。

しかし、その前に。

素生、以前「洋一っさんのことは忘れる」って言ってたやんけ。もう、「さよなら僕のハックルベリー」って完全に洋一っさんの話だし、PVなんかモロに出てて腰抜かしたわ。不誠実とかでなく、「天然」だってのはわかってるけど、たいがいにせんと怒るでw

*1 アルバムタイトルではあるが、曲自体は未収録(栗コーダーアンダーグラウンドのライブCDに入る模様)

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa