忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日(03-23) 最新 次の日(03-25)» 追記

2004.03.24(水)

_ amazonお買い物追加

ながいけん著「チャッピーと愉快な下僕ども」(復刻版)。ドラクエVやDS9とオーダーをまとめちゃったので、来週頭に届くことになると思うけど。

_ Orkutのコミュニティ

ちょっと検索したら、「GOING UNDER GROUND」ができてたので即Join。んで、いろいろ辿ってみたら、「KUKIKOUDAN(空気公団)」、「HANAREGUMI(ハナレグミ)」、「Elephant Kashimashi」、そしてなんと「advantage Lucy」ができていたのでこいつらにも加入。

いやあ、もう、日本人バリバリ増えてますな。すでに8%になりそうな勢い。ANTI-Japaneseとかのコミュニティができないか、ちょっと不安だったり。


2005.03.24(木)

_ [Mac] 白馬の王子の退場

Macデベロッパ方面ではそれなりに話題になってるようだけど、この10数年間、Mac OSの主要開発環境であったCodeWarriorのデスクトップ用(つまり、Mac OSやWindowsのソフトを開発するやつ)が本日付けでディスコンになった模様

CodeWarriorには、いろーんな思い出がありますよ、ええ。

Macが68kを捨ててPowerPCに乗り換えるまでは、開発環境って、SymantecのThink PascalとかThink Cがメインだったわけですよ。ところが、こいつらがPowerPCになかなか対応しなくてAppleもデベロッパも困っていたところ、白馬の王子のごとく現れて窮状を救ってくれたのがCodeWarrior。ちょうどその頃、WWDCに行ったとき、デベロッパショーケースで輝いてましたよこの人たちは。CodeWarrior DR3かなんかのCD貰ってきて、こいつはすげえーっバグバグだけど!って感動したものです。

会社にももちろん導入してもらったけど、個人でも買ったなあー。毎年¥3万くらいは年貢(バージョンアップ料)貢いでましたよ。ええ。

その後、PILOT*1なるPDAが面白いらしい、つー話を聞くようになって、調べてみるとこれがMac上のCodeWarriorで開発するっていうじゃない。これはもう買って遊ぶしか、ってんで、たまたま行ったMacWorld SanFranciscoで速攻購入。PILOT 5000とCodeWarrior for PILOTのバンドルセット。そのとき、たまたまブースにいたBUG*2の植田さん*3御自ら売っていただいたという。*4

これがきっかけで、Palmが会社の仕事になったり、J-OSの山田さんと知りあえたり、これまたいろいろありますた。CodeWarriorがなかったら、こんな展開にはならなかっただろうなあ。


そういった個人的な事情は置いておくにしても、CodeWarriorは、確かに素晴らしかった。統合開発環境はめちゃくちゃ使いやすい(現在形)し、PowerPCコードにいち早く対応してAppleやデベロッパを助けてくれたことにも感謝してる。PowerPlantでMac OSのぐだぐだなところを(それなりに)隠蔽してくれたことにも*5

でもなあ、やっぱ、いろんな意味で敷居が高かったよなあ。バッドノウハウの塊だった旧Mac OSプログラミング自体が敷居高かったうえに、CodeWarrior関係のドキュメントの揃い具合とか、価格とか、あれではデベロッパの裾野が広がろうはずもなかったわけで。

時代はMac OS Xになってモダンなプログラミングモデルで楽々コードが書けるし、Apple謹製のXcodeが無料で利用できる。CodeWarriorでは為しえなかった、Mac OSデベロッパ層の拡大は、ついに現実のものとなりつつある。CodeWarrior for Macの時代は終ったのかもしれない。けど、CodeWarriorの恩恵にあずかってきたデベロッパの中にそのエッセンスは生きてるわけで、ヲレらはフィードバック等でXcode等にも受け継いでいってもらうようにしなくて

あ。

何感傷的なこと書いてんだヲレは。そういや、MetrowerksはCodeWarrior for PalmOSのMac OS版を開発停止にしやがって、ヲレは怒り心頭に達していたのではなかったか。ボーナスウェアとか言って、Windows版のオマケ扱いしやがったんだよな。あれで一気にPalm OSにも醒めちゃったんだっけか。思い出したらちょっとムカムカしてきたぞ。

もーいい。バイバイ、Metrowerks。

*1 後のPalm PILOT。

*2 当時CodeWarriorの国内販売をやってた。

*3 後にMetrowerksの社長になる人。

*4 これまた、毎年¥2万くらいは年貢おさめることになったわけだが。貢ぎすぎ。

*5 あと、PowerPlantのソースが全部ついてたのはすごい助かったなあ。

_ [書籍] 散歩の達人 4月号

検索ワード「松本英子」でいらっしゃる方が昨日いらしてたのを見て、まだ今月は散歩の達人買ってないことに気がつきますた。毎月市場調査お疲れ様です。

買ってきただけでまだ読んでおりませんのでまた後ほど。

_ [Mac] 動画変換ヘルパーやん(2)

水面下で進行中。のはず。

今日はちっと仕事忙しすぎて1mmも進行しませんでしたが。

_ [PV] Music ON! TVでYMOのPV特集をやってるわけだが

正直、何度見てもキモいw

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ おおや [スゴい話の展開に吹き出してしまいました。>退場 そういえば私もPalmのコード書かなくなったのはMac版が消えてから..]

_ takeshi [そういや、Macよりは、PalmやらBeでyozさんとつながってたんですよねぇ。某誌で連載やってたときのことを思い出..]

_ Yoz. [>>おおやさん 悔しかったのでXcode用のPalmの開発環境作ってみようかとも思ったんですけど、Construct..]


2006.03.24(金)

_ [ゲーム] どうぶつの森日記(3/24)

ようやくすずらん咲いたヽ(´ー`)ノ

3部屋になるまで、あと10万切ったヽ(´ー`)ノ

WiFiつなげても誰もいない…orz つーか、通勤電車の中でちまちまやってる時間がほとんどで、部屋に帰ってからはあんまり遊べないのが問題かも。

最近ほどほどに忙しいのと、Zoomerちゃん入院により歩き中心の暮らしになってるので、帰ってご飯食べたら寝ちゃうんだよなあー。


2007.03.24(土)

_ [日常] アプリオたん修理完了

バイク屋さんから連絡。こないだ謎キーレスエントリー化したアプリオたんの修理が完了したとのこと。あー、これで毎日駅から会社まで4kmくらい歩く生活から解放…されるのか? あいつに歩くのを強要されるのに?

ともあれ、月曜に取りに行く予定。

_ [書籍] 散歩の達人 4月号

赤羽・十条・王子特集。おー好き好き。このへんは好きだ。こないだ行った時にこの号が出てたらよかったのに。

プロジェクト松は並。

しかし、なんか連載減ってるなあ…。

_ [書籍] 福満しげゆき「まだ旅立ってもいないのに」「カワイコちゃんを2度見る」「やっぱり心の旅だよ」

紀伊国屋が平積みで4冊*1並べていたもんで、つい一気買いしてしまった。「僕の小規模な失敗」はそれほど面白かった

とはいうものの、やはりこの頃の作品は「僕の…」ほどには洗練*2されておらず、「いかにも」な青林堂方面作品のかほりが。

*1 あと1冊は「僕の小規模な失敗」

*2 うーん、まあ、「洗練」と言っていいんだろうなあ…

_ [書籍] 榎本俊二「ムーたち(1)」

買うかどうかずっと迷っていたんだが、本屋に並んでいるのを見て辛抱たまらず買ってしまった。

「シュール」という一言では表現しきれない、想像力を極限まで働かせたあげくの、マンデルブロー集合の端っこのような行き止まり具合がやたらにおかしい。榎本俊二はおおむねどの作品も面白いけど、本作の思考の密度は過剰すぎて面白いんだけど正直恐ろしい。この先どうなっちゃうんだ。

モーニングでは毎回読んでいるけど、単行本にまとまってるのを読むといろいろと新しい発見が。moo.24とmoo.25のラストを見比べたときには感動すらおぼえたよ。


2008.03.24(月)

_ [書籍] ロマンアルバム 電脳コイル

ていうか、「ロマンアルバム」て!! 宇宙戦艦ヤマトかよw ブランドの息長過ぎw

そんなわけで、電脳コイルの設定資料やら、ここだけ情報がてんこ盛りのムック。礒監督をはじめ、スタッフインタビューが充実気味。電脳コイルにハマった誰もが一度は作成を考えた、時系列順に出来事を並べた年表も、もちろん載ってますw

大黒市の地理やイマーゴの謎など、イマイチすっきりしなかった点も整理されていて大変結構。

_ [書籍] 散歩の達人 4月号

特集は丸の内、八重洲。なんつーか食い物関係のネタが多いような気がするが、実用性はほどほどにあるかも。けど面白いかと言われると、どうかなあ。

第2特集の「すっごいモーニング」も食い物ネタ。まあこっちはつまらなくはない。

京王沿線花どころマップは地味にいい記事だと思うんだが、これまた各地の喫茶店の絡めてあって、実用的だけどちょっといいかげんどうなんだろうと。グルメ雑誌かよ。

新連載の「珍珍歩歩」って2Pだけどそれなりにディープ、っつーか書いてんのは“ちはる”かよ! マモーミモーの。ちょっとびっくり。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ とうちゃん [ロマンアルバム、もちろん買いましたよ! 監督のインタビューで、そもそもの始まり、描きたかったものは中盤のサブエピソー..]

_ Yoz. [コミケとか行ったらデンスケオンリー本とかあるかもですよ。 なかったら、自分で作る!w]


2010.03.24(水)

_ [日常] Life is coming back!

ここ一週間ほど、風邪でゲホゲホ咳しながら、花粉症で鼻水ズルズルくしゃみ連発していたら、さすがに負荷が大きすぎたのか頭部パーツの粘膜という粘膜がボロボロに。嗅覚と味覚がまったく効かない状態になってしまっていた。

何を匂っても、何を食べても、遠くから手旗信号で抽象的な「感覚の名前」が伝達されてくる、くらいの非現実っぷり。しまいには、もしかしたらこれまで匂いや味を感じていたというのも、そんな気がしていただけで錯覚だったのではないかと疑ってしまうほどにまで現実感を失いかけていた。

今日、仕事してて、ふっとなんか変な匂いがした気が。ん? 匂い?! という感じで、唐突に嗅覚復活。匂いのもとについては深く追求しない。匂いに鈍感になっていた自分が何かおかしな匂いを発していたりすると怖いのでw

これは嬉しい。実に嬉しい。一気に世界の彩度が向上した。とっておきの甘酒パウンドケーキ食べたら、甘いショ糖の味とバター・酒粕の香りが! コーヒー淹れたらちゃんとコーヒーの匂いと味が! すんばらしい。

…ま、花粉は当分降り続くだろうし、風邪の感染源にも事欠かないわけで、どうせまたすぐわかんなくなってりするんだろうけどな(´・ω・`)

いやまて。また嗅覚・味覚が復活したときには、こういう新鮮な感動を味わえるという考え方もある。ああよかった!(by ポリアンナ)



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa