忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2013.08.05(月)) 最新 次の日記(2013.08.16(金))» 編集

2013.08.10(土) [長年日記]

_ [映画][ヲタ] 「バシフィック・リム」観たでー

観終わった第一声:

日本ロボットアニメ・特撮クラスタ大喜びwww そら本国アメリカじゃコケるわwww

というわけで、以下ネタバレにつきフォースフィールド展開。















背景説明とかは最小限、人間ドラマはテンプレ程度で、とにかく巨大ロボ(イェーガー)と怪獣(「Kaiju」!)がひたすらバトるw しかもなぜか接近戦・格闘戦オンリーですよ!!! なんでイェーガーがカイジュウに対抗できるのかとか、それがどうして放棄されてレジスタンス的な組織に格下げされるのかとか全然わかんないw すべては、決戦しないと後がないという燃えるシチュエーションのために!

ブーンドドドな「男の子」の魂さえあれば楽しめるけど、ヲタ的教養があればもっと楽しいよ! 「あーこれはいいジャイアントロボwww」とか「ソードがwww」とか。

女子パイロットは司令官の養女だし、自爆装置の起動は当然手動だし、原子炉はメルトダウンすると大爆発するよ*1! お約束満載で最初から最後までニヤニヤしっぱなし。

ストーリーはですね、特に言及すべき点はありません。カイジュウが来た! 人類マジヤバイ! イェーガーで対抗だ! ピンチピンチ! 敵の秘密(というほどのものでもないけど)も判明して絶体絶命! 自爆自爆! 勝ったけど死んだ! でもなんか知らんが生きてたぜ! そんな感じ。

とにかくまあ、巨大ロボが動く動く。カイジュウもどことなく着ぐるみっぽい動きで暴れまくる。エネルギー充填だ! 必殺技いけー! ドドドドド! ビルの街にガオー! はー満足。そんだけ。ほんっとそんだけ。まあいいじゃない。

強いて言えば、CGの予算的クオリティ的な都合かしらんけど、戦闘場面がほとんど夜で、青空背負って颯爽とドンパチやるところが観れなかったのが残念。あと、サムいギャグは、まあアメリカ映画のお約束もやってみました、的な理解をしておくか。

そして、日本人とおぼしきスタッフの名前がほぼ全くないことに注目。これは残念に思う必要はなく、もはやヲタク文化は我々だけのものではなく、世界(のごく一部の人たち)に愛されるものになったということ。日本の文化ガーとかみみっちいことを言うのはむしろカコワルイ。そんなことを言ってるヒマがあったら、もっと面白くて燃えるものを作るために手を動かすべき。

エンディング*2の最後の最後で、「dedicated to」が出るので、ヲタはちゃんと最後まで席を立たずに、そこで泣くべし。

*1 君らは東電原発事故から何を学んだのかwww

*2 そうそう、このエンディング(前半)が見物。YouTubeで外人さんがやってる、ガンプラとか超合金の紹介ムービーかとオモタw

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
_ hilowmix (2013.08.11(日) 07:10)

「ソード」良かったっすねーw あとヘッピリとビックリみたいなキチ○イ科学者もいいコンビ、まぬけでとんまでやれやれどーもたよりなーい。

_ Yoz. (2013.08.11(日) 10:06)

ああ、博士たちのこと書くのを忘れてました。そっちのオタク(結果的に)大活躍エピソードも、盛大にニヤニヤさせてもらいました。 <br>あと、字幕版を観ちゃったんですが、日本語吹き替え版を観るべきだったかもですねー。イカニモすぎる声優キャスティングがちょっとやりすぎな感じはするので、どういう結果になってるのか…。

_ hilowmix (2013.08.11(日) 10:57)

わしも字幕版見たんですが、吹き替え版もリベンジしていいかなー、とか。

_ JunT (2013.08.17(土) 23:04)

3D、日本語吹き替え版で見てきた。 <br>暗いシーンが多く、画面の情報量が多い(ごちゃっとしてるとも言う)ので、2Dの方がよかったかも。 <br>青空でドンパチは見たかったですね〜。 <br>概ね馬鹿(褒め言葉)映画なので最後まで大喜びでした。 <br>もちろん、最後のdedicated toも。

_ Yoz. (2013.08.19(月) 00:13)

なるほど、3Dでみるにはちょっと過剰な絵作りだったかもですね。けど、日本語吹き替えのためには観るしかない、かも。 <br>どうやら収益も続編制作を検討できるラインに到達する感じらしいので、まだちょっといろいろ楽しませてくれそうです。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa