忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2012.11.04(日)) 最新 次の日記(2012.11.14(水))» 編集

2012.11.12(月) [長年日記]

_ [書籍][Gadget] 川上弘美『蛇を踏む』 (Kindle版)

今日も今日とてSF者は積んであるSFの山に埋もれるまいと無駄なあがきを繰り返すわけだが、そんなヲレの今日のあがきは大森望・日下三蔵編『年間日本SF傑作選 拡張幻想』

この中で、強い印象を得た一篇が、川上弘美の「神様 2011」だった。日常・非日常がフラットなその世界観に、3.11以降の世界の変容という現実が鋭く食い込むくさびのよう。加筆・修正前の「神様」と併せて読みたい、今読みたい、と願ってしまったヲレに囁く誰かの声。

「旦那、Kindleなら今すぐお読みになれますぜ。」

ひどい。人の足元を見やがってとかぶつぶつ言いながらもいそいそとAmazonにアクセスして検索すると、残念ながら「神様」と「神様 2011」が収録された単行本はまだKindle化されておらず。オリジナル版の『神様』も、まだ。唯一、芥川賞受賞作である『蛇を踏む』だけがKindle化されていたので、これはまあ何かの縁だろうということで、1-Click™で購入。¥368。リーズナブル。これは危険な値づけ。

とりあえず、表題作の「蛇を踏む」だけ。

ああ、これはいい。SFではないけれど、これはいい感じの小説。妙に触覚が喚起される。いろんな触覚が。あと世界の中のライティングが、どのシーンでも茫洋として頼りない中、主人公と蛇のまわりだけ激しい光を帯びるところが。

残りの2編も楽しみです。

実は、Kindleで日本語の小説を買うのはこれがはじめて。マンガは荒川弘の『百姓貴族』を買っているけど、それとはまた違う読書感だなあ。

「新しかったiPad」のRetinaディスプレイだと、やっぱりフォント綺麗。これなら十分読める。というか、読むこと自体、目が喜ぶというか。

もちろん、Kindleの「すぐに」「割と安価に」「クラウドベースの」本が買えちゃうという体験自体はもう素晴らしくて、本読みは廃人一直線ルートが約束されていて恐ろしい限りであります。

来週はKindle Paperwhiteも届く予定で、これはもう楽しみで辛抱たまらん。目がつぶれるほどSFが読みたい。Kindleで。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ JunT (2012.11.13(火) 09:31)

Kindle Paperwhite来週届くのか。いいなぁ。 <br>私はiPad miniとNexus 7とで迷って実物見てから〜と思ってたら出遅れて、来年頭に届く予定になっちゃいました。 <br> <br>ざっとKindleのラインナップ見て、やっぱりメジャーな本が多い感じかな。電子書籍のいいところは在庫って概念がないことだと思うので、再版がかからず入手できなかったマイナーな本も充実してくれると嬉しい。

_ Yoz. (2012.11.13(火) 16:14)

んー、ちゃんと来週届けばいいけど、Konozamaパターンも依然として…。 <br> <br>で、絶版本とか品切れ本については、特に電子入稿以前のやつだとオーサリング費用も馬鹿になんないので、あんまり期待しないほうが悲しい思いをしなくていいかも。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa