忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日(11-04) 最新 次の日(11-06)» 追記

2004.11.05(金)

_ アポーストア大阪開店!

うわあー、ここがアポーストアかあ。立派なビルでステキだねー。

ほらほら、お店のところ、ガラス張りだよー。綺麗ー。

ここだと、買いたいマシンのBTOもできるんだってさー

それに、使い方とか困ったときは、ここで相談に乗ってくれるんだってさー

…。

あれ?

iPodないよ?

iPodドコー?

うわーん(;´Д⊂

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ Zak [あり、こっちに来てたんすか(^_^;)? しっかし、ソニーがここまで真似するとはねぇ.....]

_ Yoz. [店の前でテント張って9日の開店時に真っ先に駆け込み開口一番「iPod Photoくださいっ!」 …ってやる予定だった..]


2005.11.05(土)

_ [著作権] iPod課金回避! 私的録音録画補償金は2007年までに見直し

asahi.comの記事より→asahi.com: 携帯プレーヤー課金、2年間見送り 文化審小委が方針 - 文化・芸能

早ければ来年度から徴収される可能性があった「私的録音録画補償金」の適用が、2年間見送られる見通しになった。適用の是非を議論してきた文化審議会著作権分科会法制問題小委員会が11日に取りまとめる報告書の原案が、政令改正による課金はせず、同補償金制度そのものを07年度までに見直す方針を打ち出しているため。制度の問題点を指摘する意見が、同委員会の内外で強くなっていた。

[asahi.com : 携帯プレーヤー課金、2年間見送り 文化審小委が方針より引用]

つまり、政府の知的財産推進計画2005が私的録音録画補償金制度自体を見直すことにして、それが2007年まで結論が出るので、少なくともそれまではiPodへの私的録音録画補償金はかからない、ということ。

…ひとまずは、勝利か? パブコメ送った人たち激しく乙でした! …でも、その知的財産推進計画2005で、「やっぱ補償金は存続ね。iPodにも課金しちゃえば?」という結論が出てしまうと、今度こそ大変なことに! うわーどうしよう!

しかし!!!

なんということか、その知的財産推進計画をやっている知的財産戦略本部が、ちょうど、今、パブコメを募集しておるとですよ! 内容は、「デジタルコンテンツの振興について」と「その他のデジタルコンテンツに関する事項について」という、かなり広い範囲にわたるもの。

このパブコメ「デジタルコンテンツ・ワーキングに関する意見募集」は、webのフォームで自由な書式で送れるし、なにより名前や住所やmailアドレスなどの個人情報も不要。かなり気軽に送れます。おそらく、「クリエータが適正なリターンを得られる仕組みを作る」「著作権に関する課題を解決する」あたりに対する意見として、私的録音録画補償金の制度的な問題や、iPod等への課金の不合理さを訴えることはできるのではないかと。

知的財産戦略本部は、国家の知的財産戦略のグランドデザインを作るところですから、文化庁もここの方針には従わざるを得ない。という意味で、ここに意見を取り入れてもらうことには重要な意味があります。

募集期間はかなり短くて、今月の2日から15日まで。急いで意見送るしか!


2007.11.05(月)

_ [Internet][PV] Rimo.tv空気読みすぎ

ファイアーエムブレム遊んでたら死者を出してしまったのでリセット。いつもこの調子なので全然先に進みません!

こういう場合、ゲームを続行するのは気持ち的にしんどいので、Wiiはお気楽インターネット端末と化すわけだが、そんなときダラダラ流すにはRimo.tvが便利。で、ブックマークをポチっとやったら、いきなりAimee Mannの「One」が始まったw うおー、なんかこれ聴きたかったのよ。

って思ってたら、その後「Momentum」、「Wise Up」、「Save me」、「enough」、「Say Anything」と続いて、それが延々とループ。ちょw Rimo.tv空気読みすぎwww

どうやら、音楽チャネルの中のAimee Mannプレイリストが勝手に再生されていた模様。なんだかなー。びっくりした。

_ [書籍] 久世みずき「電脳コイル」

「電脳コイル」のコミカライズ版。

しかしまあ、なにも「ちゃお」に掲載するこたあないだろw いくら小学生女子が主人公とはいえ、ちょっと無理がある。Vガンのマンガをボンボンに連載したくらいに無理がある。…いや、Vガンのマンガが伝説と化したように、ひょっとしたら電脳コイルも…。

というわけで買ってみた。

読み切り形式で2話掲載。つーことで、あっという間にいろんな伏線にケリがついてしまったww はーめでたしめでたし…ってこれでいいのか。

まあいいか。

アニメ版の設定やらプロットやらのおいしいところをマッシュアップして、それなりに対象読者が面白く読めるようにシンプルにまとめてみせたあたりは評価していいかも。キャラもかわいいし、これはこれでアリ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ Sa [だからファイアーエムブレムはやめた方がいいと・・・]

_ Yoz. [もー自宅のテレビの前に釘付けになるのはつらいので、DSで出してくれないかなーとも思ったんですが、 それはすなわち、す..]


2008.11.05(水)

_ [日常] 正直忙しい(ほぼタイトルのみ)

ここんとこ出張多いし、アクションの期限が細かくたくさんやってくるので大変です。

さらに就業規則に若干変更があったもんで、早起きしなくちゃいけないのがキツい。早く寝なくちゃって思うと、なかなか寝つけなかったりするんだなーこれが。


2009.11.05(木)

_ ネオンライトでは燃やせない

高速料金1,000円とかあのへんに対抗して、JR東日本が年末年始用格安キップを発売とか。

その名も「ふるさと行きの乗車券」

列車での帰省を応援する乗車券タイプの往復きっぷです。「東京都区内」、「大宮〜川口・戸田公園」(一部除く)から、7つのエリア(「秋田・青森」「岩手・三陸」「宮城・山形」「郡山・磐越」「新潟・庄内」「十日町・浦佐」「長野」)への設定があり(エリア内は乗り降り自由ではありません)、別に特急券等をお求めいただれば、新幹線を含む特急列車等がご利用になれます。

[JR東日本 : おトクなきっぷより引用]

新潟方面へなら、都内から8,200円、大宮からなら7,700円。往復で! 特急券プラスするにしても、これは安い。あらかじめ有効期間開始日を指定しておかないといけないのが面倒くさそうだけど。


…というか、そういうことが言いたいのではなく、この名前はどう考えても元ネタあの曲だろとかそういうことを言いてえー!

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ JunT [「えきねっとトクだ値」って乗車券もセットなのよ。 しかし「ふるさと〜」の範囲広すぎ。長岡までと、酒田までが同じ料金..]

_ なかやまらいでん [ほんとだー(笑 ウチの日記にもネタ拝借しちゃいまーす。 きっと担当者がみゆきファンだったに違いない・・・。]

_ Yoz. [CMやるとしたら、BGMはこれ以外考えられませんよね。 ていうか、もう脳内でそんなCMが再生されまくってます!]


2010.11.05(金) (11/7補完)

_ [日常] バイクのU字ロックが…(2)

円筒状の鍵が欠けて、ロックを開けられなくなってしまった件。

ひょっとしたら何かの役に立つかもしれないと思って、欠けた欠片を拾ってきておいた。ポケットの中のそれに気がついて、瞬間接着剤で修復を試みる。ずいぶん力をかけてしまったので、変形していて元通りというわけにはいかなかったものの、とりあえず鍵穴には入りそうなくらいには円筒状に戻った感じ。

出勤時に駐輪場に寄って、鍵を試してみる。10分ほど格闘した結果…開いた!!! 鍵は鍵穴の中に埋まってしまって、今度こそ二度と使えなくなってしまった。最後の働きに感謝するよ。

Amazonで新しいU字ロックを購入。今度は鍵3個付きらしいので、2個付きだった今回みたくスペアを使い切るようなことは…まあ多少の猶予はできるかも。


2011.11.05(土) (11/6補完)

_ [音楽] 第一回カフェアンドミュージックフェスティバル

調布の味の素スタジアムで開催された、「第一回カフェアンドミュージックフェスティバル」に行ってきますた。

味スタを使ったミュージックフェスで、いろんなカフェに出店してもらいつつ、カフェ的な音楽を聴きましょうという趣旨。カフェも好きだけど、むしろ音楽の方が、原田知世、高野寛、アン・サリー、tico moon + 遊佐未森、コトリンゴ、naomi & goro(伊藤ゴロー)という俺得すぎるラインナップ。一も二もなく前売りチケットをゲトして今日に備えてきたわけだが。

味スタって初めて行ったけど、調布飛行場や武蔵野の森公園とかと隣接するだけあって、景色の抜け方が半端ない。

フィールドの端っこにテントを建ててそこにステージを配置、ステージ前の人工芝の部分がアリーナ席、そしてその延長上の観客席が椅子席という構造。アリーナと椅子は好きに移動できて、お目当てのアーティストの時はアリーナに降りてじっくり聴き*1、そうでないときは椅子席でカフェスイーツなど楽しみつつ耳を傾ける、といった楽しみ方ができるというアンバイ。

観客席外の外周沿いの通路にはカフェや雑貨屋さんや古書店の出店がでていて、そこで飲み物やフードを求めることができるという趣向。

音楽方面の企画、ヲレのお目当ては、原田知世、コトリンゴ、tico moon+遊佐未森、というところだったんだけど、結局全出演者楽しませていただきました。

naomi + goroは、いきなりもう「カフェ」つーかんじのボサ的なおしゃれ音楽。幕開けにふさわしい。

コトリンゴのMCのかわいらしさは異常。ピアノのスピード感とかボーカルの繊細さとかすごい。知ってる曲もやってくれて嬉しい。もっと曲買って聴いてみよう。

tico moonの枠では、スペシャルゲストという扱い*2で遊佐未森が登板。このあたりが微妙に影響したのか、ステージ的にはもうひとつ。相変わらず綺麗な声ではありました。

アン・サリーはノーチェックだったんだけど、この人もいい声。現役心臓内科医だったり、「アン・サリー」が本名の読み替えだったりとか、驚愕ポイント満載な人。かっこいいわー。

ステージ上手で楽しかったのは、高野寛。パーカッションの宮川剛と二人なのに、すごい存在感。みんなが知ってるヒット曲もやってくれてサービスサービス。宮川剛のパーカッションも凄くて、手持ちのタンバリン風のデバイスと、足元に置いたパー・チャイムとシンバル(むろん、足で操作するのだ)で完璧なリズムをやってのける離れ業に感動したわ。

トリの知世ちゃんの頃には、日が暮れてスタジアムはいい雰囲気。「シンシア」や「ロマンス」といった定番曲、新しいアレンジの「時をかける少女」など、イベント向きの選曲でお客さんも満足げ。最後に気持ちいい曲を、といって「ノスタルジア」を持ってきたのは良い構成だったかと。外気の中で知世ちゃんの歌が聴けるってのはレアな体験だと思うんだけど、これホント気持ちよかったですよ。

このほか、出店ブースの一部でミニライブがあって、そこで以前アイリッシュ系音楽のイベントに出ていたJohn John Festivalの演奏が。これがとても良かったので、CDを買わせてもらったり。

全体的に悪くないイベントだったけれど、カフェ企画には再考の余地があるかなあ。まあ1回目だからこんなもんかとは思うが、ちょっと無理が生じていたことは否定できない。お客の数と飲み物やフードをサーブするスピードがつり合ってなくて、なにか求めるたびに結構な行列に並ばないといけないことに。提供されるものも、仮設の設備や限られた食材というハンデがあるから、たぶん普段お店で出しているものと比べたらクオリティ的には落ちてるんだろうなあ。お客さんたちもわかってはいるんだろうけど、お店の評判を落とす可能性もある諸刃の剣。次回からはこの経験を生かしてうまいことやってください。

*1 アリーナでは水しか飲めないという制限あり

*2 このへんはアーティストの「格」問題がありそうなので深く追求しない



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa