忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日(02-02) 最新 次の日(02-04)» 追記

2005.02.03(木)

_ [CCCD] ワーナーからお返事

ワーナーがCCCDからの撤退を発表しましたよ、というエントリの続き。

Bonney Pinkの『Present』はいつCDDAで再発するんだ、とか、そういうことをフォームから質問したわけですが。そのお返事が今日届きましたよ。

全文を晒すなとは書いていないけれど、晒すほどの情報があるわけでもないので要約。早い話が、「どの作品をどうするとか、いつやるとか、決まってないよ」とのこと。つまんね。

早く消費者基本法がまともに改正されて、消費者団体訴訟ができるようになってほしいな。CCCDのような腐った商売は、原告団に参加してガンガン訴えていきたい。本気と書いてマジと読むぜ?

_ [著作権] 知財推進計画2004見直しパブコメ・権利制限規定に懐疑的になってみる

しつこく、件のパブコメネタ。

今日問題にしたいのは、知財推進計画2004の第4章9の(12)で文部科学省が述べているこちら。

 

 コンテンツの保護を強化する一方で、権利者の利益と公共の利益とのバランスに留意することが必要であり、社会的に必要と考えられる公正な利用を促進する観点から、著作権法の「権利制限規定」の在り方について、2004年度に、検討を進める。

[知的財産推進計画2004より引用]

「権利制限規定」というのは、著作者が「あんたには使わせない、複製させないよ」と言えないケースを規定するもの。僕らに身近なところでは、僕らが「私的な利用の範囲内で」音楽とかを自由に複製できるというアレですな。それを胸張ってやれるのは、著作権第30条に書かれている権利制限規定によって、著作者が権利を行使するのを制限されてるからなわけで。

これを見直したいと、そうおっしゃる。

もちろん、悪い事ではないですよ。時代の変化に応じて、いろんなことをその時々で検討し直すことは大事なことです。ただ、「権利者の利益と公共の利益とのバランスに留意することが必要」とおっしゃいますが、その「バランス」を計る天秤は、ほんとに公正なんですよねと、一応訊いておきたい。6万人近いひとたちの輸入権反対の署名の重さが、彼らに妙に軽く計られたのを目の当たりにしてしまっては、訊かずにはいられない。

訊きたくないっすか?*1

バブコメ提出は14日いっぱいまで。お一人様何件でもOK。

*1 も少し言うなら、フェアユース規定がほしいような気もするんだけど、全然勉強不足なのが露呈するのであまり突っ込みたくないw CCCDなんかがつけ入る隙をフェアユースで塞げるようなら、是非ほしいなと。


2006.02.03(金)

_ [書籍] チャールズ・シェフィールド「太陽レンズの彼方へ」

「サイエンス」フィクションの正統なる後継者。最新(といっても翻訳のタイムラグで10年前か)の科学トピックをオモチャのように軽々ともてあそんで、破綻なく短編に仕上げるのはさすが。決して重厚なテーマがあったり、とんでもないどんでんがえしがあったりするわけではないが、小説としてオモシロイうえに物理学のオイシイところをちょっと味見させてもらえる(気分になれる)お気に入りのシリーズだったりする。

今どき、物理学の天才科学者と宇宙船女船長の大冒険なんてハードSFが読めるのはシェフィールドだけ! …だったんだけど、3年前亡くなっちゃったんだよな。惜しい人を亡くした。黙祷。

巻末には作品リストが載っていて、まだまだ未訳の作品が残っている模様。もうしばらくは楽しませてもらえそう。創元さん、頼みますよ。

_ [CD] GOING UNDER GROUND「Happy Birthday」(初回盤)

タイトルチューンの「Happy Birthday」は、公開されていたPVからごにょごにょしてiPodに入れて、無限ループで堪能させていただきますたw むろんCDからリッピングし直して、これからもずっと聴くわけだが。

c/wの「カーボーイ」は久々にロックロックした名曲。やはりGOINGのB面名曲説は健在か。ドライブしながら聴きたい。車運転できないけど。こういうのをティーンエイジなんとかって言うの?>とうちゃん

初回盤にはCD-Extraで、去年の日比谷野音のときの「スタンドバイミー」と「トワイライト」の映像が入っているわけだが、やっぱりこういうのって、自分が映ってないかチェックしちゃうわけで。今回は、全然判別不能ですた。

にしても、ライブの映像はよく撮れてる。その場の空気が蘇って思わず熱いものが…。なんだかんだ言って、あの空気の中で大きな声で歌うのはすごいカタルシスがある。武道館でも歌うよ!(良い子のお約束:最初から最後まで歌いっぱなしってのも周囲に迷惑だから気をつけましょう)

_ [日常] 内視鏡検査した

パニック体質なので、内視鏡検査のときには麻酔(つーの? 睡眠導入剤?)を使ってもらうことにしている。

以前やってもらったときは、錠剤飲んで、口腔反射抑える麻酔薬含んで、注射チクってやったら、気がついたらもう終っていたわけで、大変カンタンかついいアンバイであった。が、今回は、点滴入れて、そこに鎮静剤混ぜるという大掛かりなやりかた。なんか恐縮しちゃうな。

ベッドに横向きに寝て、内視鏡の先生が「意識は完全にはなくなりませんけどね」って言った時に、いやな予感はしていたんだが…

(

いや、確かに意識レベルは下がっていたし、今そんなに鮮明に記憶が残っているわけではないけれど、相当苦しかったぞあれ! 記憶が残らなければいいのかっ、つー、人間存在の根本に関わる疑問を感じてしまったわ。

ひとまず、ポリープはあるし胃壁は荒れているものの、とりたてて心配はないということなので、まあいいんだけど…。次にかかるときは、前に診てもらった宇都宮のお医者さんにしよう。えと、いろいろ面倒な手配をやってもらった義兄には感謝はしてますけど、交通費かけてこの苦しさでは間尺に合わん。

検査終了後、実家でまたしても姪に金品を強奪されたよ*1。今回は丹精込めて育てた赤カブまで! もうこんなうち来ねえよヽ(`Д´)ノ ウワアアン

*1 言うまでもないが、どうぶつの森でのお話

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ とうちゃん [ティーンエイジファンクラブはですねー、イギリスはグラスゴー出身のそれはそれは素敵すぎるギターポップの中のギターポップ..]

_ Yoz. [おおー! 素晴らしい解説! 勉強になりますー。 Amazon.comの方で試聴できるみたいなんで、ちょっくら聴いてみ..]


2009.02.03(火)

_ [Mac] とりあえずiLife'09とiWork'09をインストールした

ふふふ。今回はインストールしただけではない。

なんと、ソフトウェアアップデートまで適用しちゃったんじゃぜ?


うー、GarageBandで遊びたい…(と言いつつ、仕事の効果音作りにちょっと使ったけど)。


2010.02.03(水)

_ [音楽] GOING UNDER GROUNDレコード会社移籍

コナミへの身売りも失敗し、はた目から見ても八方ふさがってる感じのビクターから、ポニーキャニオンに移籍とか。レコーディング中のアルバムはポニキャニから出ると。

これは一大事だ。ポニキャニはビクターよりはマシとはいえ、レコ社はどこも瀕死の状態なわけで、この時期移籍してうまくやっていくのは相当な努力が必要と思われる。

そんな緊迫した状況の中、ご本人様のご覚悟やいかに:

画像の説明












orz

…軽っ!!! ほんとに大丈夫なのか、いっさん!

ポニキャニはいまだにiTunes Storeに曲も出さないし、CCCDの頃の対応のまずさも印象深く、個人的には好きなレコ社ではない。が、まあソニーやAVEXよりはマシか…。

_ [日常] 豆まいた

百均で殻付きピーナッツの小さめの袋が節分コーナーに置いてあったので購入。とりあえず部屋中まいた。

コンビニとかスーパーで売ってるのって、やたらに袋が大きくて食べきれないんだが、これは便利。中国産だけど、ヲレは気にしないものの、神経質な鬼さんはいつもよりビビられたかもw


2011.02.03(木)

_ [日常] 豆ま…かず

一応豆買っておいたんだが、2100頃帰宅して部屋を片づけ始めて気がついたら日付変わってた…orz もう豆蒔けない(´・ω・`)

つーか、どんだけ散らかってるんだって話ですよ。これでもまだ全然片づかない。

いろいろモノ−主に本と服とCD−を捨てないといけないのはわかってるんだけど、本はどうにも捨てるのが心苦しいし、服は捨てるのめんどくさいし、CDはその両方。

いつかは手を付けないといけないと思うし、どかんと捨てたらさぞ気持ちよかろうとも思うのだけど。

ブックオフオンラインの宅配本(買取)サービス、検討しようかな…。


2012.02.03(金)

_ [Gadget] Bluetooth2.1+EDRオーディオレシーバ LBT-AVR130 (2)

昨日の続き。

今日は一日通常のペースでヘッドホンを使ってみてバッテリの持ちをみるテスト。

朝の通勤時に20分くらい、会社で1時間くらい、帰りに20分くらい、というのが平日の使用パターン。LBT-AVR130の連続使用時間は5時間くらいらしいので、これなら余裕だ。

さらに、帰宅後にMacBookとペアリングしてiTunesの曲を聴いてみたり、FaceTimeでヘッドセットとして使ってみたり*1したけど、まだまだバッテリは余裕。

iPhoneのほうも、それほどバッテリを消費したという感じはない。

ふーむ。これはイケるんじゃないか。


ちょっと気になったのは、iPhoneの挙動。

LBT-AVR130は複数の機器とのペアリング情報を保持しているけど、iPhoneはかなり強引に接続してくれる感じで、明確に設定アプリから「解除」してあげないと他の機器からは使えない感じ(まあそれはそういうものだとは思うけれど、ちょっと面倒)。

あと、AirPlayのメニューって、項目が2つしか出ないのな。先日からこの部屋はAirMac ExpressでAirPlay対応になっているわけだが、部屋に入っても、AirPlayのメニューにはiPhone内蔵スピーカーとLBT-AVR130の項目しか出ない。使用を解除すれば、LBT-AVR130のかわりにAirMac Expressが出てくるけど。さらに、充電用のDock(スピーカーoutつき)に置くと、AirMac Expressが出なくなってDockが出てくる、と。ややこしいわー。

*1 このとき、パチパチとたき火が爆ぜるようなちょっと嫌なノイズが入ったので、今後は使わないと思う。こいつのせいか、FaceTimeのせいか知らんけど



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa