忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2013.07.31(水)) 最新 次の日記(2013.08.05(月))» 編集

2013.08.04(日) [長年日記]

_ [音楽] 京都町内会バンドライブ「真昼に堪忍え」@吉祥寺スターパインズカフェ

京都町内会バンドは今年で結成16周年(つことは、ヲレが聴き始めて(≒ライブ通い始めて)15年くらいということか)。16年間、メンバー増えたり減ったり病気したり復活したり結婚したりお子さん産まれたり就職したり、まあいろいろありましたな。

しかし、それでも、このライブの空気感がなんにも変わらないのが京町バであったりするわけで。

今日、ほぼ一年ぶりの都内でのライブも、今回意欲的に新曲2曲が本邦初披露されたりはしたけれど、いつものように鉄板の曲と、いつものようにとりとめのないMCで、居心地のいい「場所」に帰ってきた心持ちに。

年1回、真っ昼間、11時会場12時開演の1回のみ、ということで、いよいよ生で聴けるのは希少なチャンスになってきたな。

鉄板の曲の中に、NHK ETVの「きらっと生きる」*1のテーマ曲として長年親しまれた*2「ハラッパ2000」という曲がある。

ちょっとした疎外感を抱えた主人公が「♪君もそうならなんだか嬉しいや」、「♪もう少ししたら マシな時代が来るような気がする/もう少ししたら 楽しい時代が来るような気がする/待ってみようよ 追いかけなくてもいいから/待ってみようよ せっかくここまできたから」、「♪待ってみようよ 置いてきぼりにしないから」と語る歌。最後に、脈絡の説明無く「♪ハラッパ ラッパッパッパ」と示される「原っぱ」。そこはどういう場所なのか。

「君」や僕らが、屈託なく陽の光を浴びられる「マシな時代」を象徴する、約束の場所としての「原っぱ」。「ハラッパ ラッパッパッパ」というリフレインの際には、笹野が「Sing everybody!」と呼びかけてくれて、ヲレもそこで一緒に歌うんだけど、途中でいつもちょっと胸が詰まって歌えなくなってしまう。そのイメージが美しすぎて、はかなすぎて。

そんな場所へ、きっとたどり着けると願いながら、時代はそっちへ進んでいるのか、人々はその方向を見失ってしまわないか、不安がないと言えば嘘になる。そんな気持で日々過ごす自分にとって、この小さなライブの「場所」が大切な理由は、去年もう書いちゃっていたわ。忘れてたけどw


今年の5月、西方寺のイベントで行われたライブの映像をYouTubeに上げてはる方がおられたので貼らせてもらいます。アウェイでむちゃくちゃ緊張してはるw 「ホーム」である拾得やスタパでは、やっぱりゆるゆるなんだ。

しかしこれ、2曲目の「雨の夜も光る道」って、ばりばりにキリスト教の信仰の歌*3なんだけど、お寺でこれをやるとかw

これ撮ってるときに、リハ終えた笹野とありちゃんが出てきたので「おはようございまーす」てご挨拶を

*1 ハンディキャップをテーマにしていた番組。

*2 今Wikipediaみてみたら、10年間使われていたらしい。すげー。

*3 牧師の息子で高校のキリスト教の講義の講師である原田先生の手による曲。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa