忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2004.05.18(火)) 最新 次の日記(2004.05.20(木))» 編集

2004.05.19(水) [長年日記]

_ [音楽] 無論、ヲレは買いませんが

「AppleはiPodを売りたいだけ」だそうですよ。げらげら。

その、iPodを売りたいだけのiTunes Musics Storeの足下にも及ばないサービスしか提供できないこの人たちは、いったいどんな立派な志をお持ちなんでしょうかね。この人たちのサービスが、消費者からいったいどれほどの支持を得られるのか、高見の見物ということで。

_ [CD] つじあやの『COVER GIRL』

amazonから到着。

ばっちりアレンジして一流ミュージシャンときっちり作ったTokyo Side。ゆるゆるな京都の空気の中であやのたんがウクレレ弾いて楽しそうにうたうKyoto Side。この2枚つー構成で、すでに勝利の予感。

どっちが好きかって言ったらやっぱりKyotoなのだが、Tokyoの方もかなり僅差だったり。

Tokyoは、やはり「シャ・ラ・ラ」と「ラブレター」がいいかな。原曲がいいんだけど。「年下の男の子」は、カントリーにしちゃうなら、もうちょっと遊んだアレンジにしてもよかったような。

Kyotoは、「チェリー」いち押し。「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」も、自室で小声で歌う感じがいいなあ。

うたはいいねえ。そうは思わないかい?

_ [CD] Bonnie Pink『Even So』

トーレ・ヨハンソン印の割にはトーレ・ヨハンソン臭は薄めのような。

ボニピソは一周してまた彼とのコラボレーションに戻ってきたわけだが、ここまでに辿ってきた遍歴がうまいぐあいに旧路線に回収されている…と、思う。旧路線ってのは、いっつも暗く俯いている小娘がときおり見せる感情の小爆発的エネルギー、とか、そんなやつ。さすがに彼女も年齢を重ねてずいぶんたくましくなって、コントロールが効くようになって、安心してドキドキできる感じになったなあと。

バランスの良いアルバム。

ところで、京ぽんの着メロは、彼女の「Thinking of you」にしたです。転換点な曲だったと思う。尋常でない高揚感がやたらに好きなんだなー。

_ [音楽] 本音わかりすぎ

買ったCDにアンケートのお知らせが封入されていたら、極力答えるようにしている。正規に購入した客である以上、商品について、また、その商売について意見を言う資格と権利があると思うんで、行使しますよ。そりゃ。ええ。

今回の2作品についても、webアンケートに答えますた。「今回はCDDAだから買ったけど、次回CCCDだったら欲しくても買わない」というメッセージ満載です。

で、ボニピソのワーナーのアンケート、「輸入盤を買ったことがあるか」「そりは安いからか」「国内盤は、邦楽は、いくらくらいが適当か」みたいな設問が矢継ぎ早に。あんたたち、わかりやすいなあ…。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa