忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日(11-19) 最新 次の日(11-21)» 追記

2004.11.20(土)

_ [音楽] 残像カフェがまた宇都宮に来るよう

今日も今日とて会社で仕事してたら、iTunesがお気に入りのバンド残像カフェの曲をかけてくれたので、新譜とかどうなってるかなーと思ってオフィシャルページを見に行ってみた。したら、なんと今週来週*1金曜日、宇都宮でライブやるじゃーないですか。9月に一度来てたんだけど、その時はハナレグミのライブと微妙に重なっちゃって逝けなかったんだよなー。

そんで、新譜もトラックダウン中だとか。わーいヽ(´ー`)ノ

いくらなんでも金曜には各種仕事が終ってるはずなので、ライブ行くことを決意しますた。対バンのメレンゲやサンプリングサンも割と好きな感じだし。ついでに休みも取ろうそうしよう。

日曜日はやっぱり宇都宮でGOINGのライブなんだけど、目の前にぶら下げるニンジンは多い方がいいし。

*1 11/21修正


2005.11.20(日)

_ [iTMS] 坂本美雨「THE NEVER ENDING STORY」

トップソングで上位に来ていたので、試聴してみたらなかなか良かった。というわけで気軽にポチっと。こうして他のメディア経由では購入に至らなかった曲でも買っちゃうのがiTMSのいいところだというのに。本当にSME所属のアーティストはお気の毒。

カップリングの彼と彼女のソネットも良い。原田知世ちゃんのフランス語バージョンが好きなんだけど、これはこれで。

この人、地道に活動してたんだなあ。親(坂本龍一)の七光りとか利用しないところが潔い。

_ [著作権] 文化庁パブコメの結果が公開に

zfylさん経由→zfyl 法制小委意見募集結果公表

先日の文化庁 著作権分科会 法制問題小委員会のパブリックコメント、いわゆる「iPod課金」に関する(事項も含む)パブコメだったわけですが、これの結果が議事録の資料の形で公開されたようです

その量、実に360ページ。

…全部読んでしまったw

例の文化庁著作権課の判断で行われたとかいう中間発表(別名、業界への組織票のハッパかけ)の成果もあってか、コピペっぽい「課金賛成」意見多数ですなあ。


2006.11.20(月)

_ [iTMS] 残像カフェ「9時のニュース」 「川の流れを見つめたことがあるかい?」

ニッポン放送の企画でやったライブ音源がiTSで配信開始だそうな。→via 未発表曲2曲が配信スタート-日々の残像

とりあえず残像カフェの2曲だけ購入しますた。2曲とも音源化されていないうえ、なにやらレアなバージョンらしいのでお得感満点ではあります。

一人ユニットになってからの残像カフェの路線で、どフォークですなw

正直、この人の声の質からすると、もう少し繊細で私小説的な歌の方がしっくり来る感じが、いまのところまだ、している。たとえば「♪さよならと言って手を振ったとき/あわててまた明日ねと念を押したよ」(さよならナンバー)とか、「♪手紙を書くよ/書かないかもしれない/新しい日々に夢中になれるかな」(新しい日々)といった、微妙だけれど激しく共感できる歌詞の歌唱表現はとても似あっていた、と思う。

そんなわけで、『めくるめく僕らの毎日』以降のハードコアフォークな路線は、まだちょっと違和感がある。けど、そのうちなにかいろんな歯車がガチっと合う日がくるのかも、と信じて、こうして聴き続けているのです。

ともあれ、今回の音源の大森元気くんはじめ、バンドの皆さんの演奏や歌唱は非常に高いレベルになってると思う。曲だって全然悪くない。この後も楽しみです。

_ [iTMS] 種ともこ『ウタイガレルウタ 〜StoreLIVE〜』

Apple Storeでのインストアライブ音源が配信開始となりますた。

先日のCD音源のライブ音源トラックはあんまり感心しなかったけれど、今回のはなかなかいいな。好きな曲(「花」、「ひこうきぐも」)やCDになってない曲(「東京で地震があったら」)も入ってるし。*1

「花」は、ちょっと発音が変。こういう粘る感じの歌い方しなければいいのに。

「カナリヤ」はライブの空気感と間奏がいい感じ。そんなに好きというほどではない曲だけど、このテイクは好き。

「ひこうきぐも」は本当に好きな歌で、このトラックも悪くないんだけど、案の定高音が出てないところが辛い…(;´Д⊂ この曲は高音がすうっと伸びるところがスカッと気持ちいい曲なんだよなあ。

「東京で地震があったら」の前にはMCが入るんだが、これイラネ。曲自体は結構いいかな。『感傷』あたりの雰囲気。

来年のライブでも、このへん歌ってくれることを期待するです。

*1 というか、前4トラックだから他には「カナリア」があるだけなんだけど

_ [日常] 電気ケトル買った

T-fal アプレシアの0.8リットルのやつ

自宅にいる時間は短いし、今までも必要になるたびにヤカンで沸かしてたので、電気ポットよりは電気ケトルのほうが合理的。コーヒーメーカーを買おうとも思っていたんだけど、今みたくペーパーでドリップするのも好きだし、紅茶やラメーンにも使えるし…。

ていうか、家電ウォッチのレビュー読んで以来、ミョーに欲しかったのよ! あーあついに買っちゃったw

ヨドバシの売り場で延々と店員の説明聞いてる人もいたので、なんか流行ってるのかも。

とりあえず、早速夕ご飯の味噌汁用に使ってみますた。水300ccくらい入れて沸騰するまで1分ちょい。わーお。これはいい。けど、さすがに最初の一杯目はプラスチック臭かった…。ヲレはそんなに水の味とか臭いとか気にしないほうだと思ってたので意外。5回くらい沸かしちゃ捨てをやってみたら、だいぶ気にならないレベルになってきたような気も。


2007.11.20(火)

_ [ゲーム] DS「DSテレビ」

今朝、そろそろ身支度するかってところに佐川の人到来。あの苦労して予約した、「DSテレビ」の発売日だったのだな。

まあ、機能とか使いごこちとかは他所にまかせるとして。このそこはかとなく弛緩した雰囲気は、やはりプレイやん的。実用機能であるはずなのに、操作するたびに愉快な気持ちになるのが素敵。

しかし、電車で使えたらいいと思ってたので一応試してみたが、これはちょっと…。なにか通報されそうな予感が。

異様な存在感

_ [書籍] ながいけん「神聖モテモテ王国(6)」

今朝、今まさに出勤せんとするやmail到着。ブックオフオンラインから。入荷したらメールでお知らせが届く「入荷お知らせメール」(そのまんま)にいくとか商品を登録してるんだが、そのうちの何かがヒットしたらしい。

とりあえず内容を見てみたら、なんと、まず出物がありそうにないと思っていた、「神聖モテモテ王国(6)」の入荷お知らせだった!!!!!

えーい出勤してる場合か!(おい) つーことで即座に購入。

すげええ! 全6巻で3,000円は下らないと略称キムタクが、150円で手に入っちゃったんじゃよーーー!

え? 送料350円? 合計で500円、ですか?

( ゜д゜)…


2008.11.20(木)

_ [iTMS] LOST IN TIME「希望」

すげーiTunes Plusだ!

…まだちゃんと聴いてません。

_ [CD] 原田郁子『銀河』(初回盤)

Amazonからまとめて*1いろいろ届いたので、ひとまず「買いました」メモ。

郁子ちゃんのソロ三部作の〆の一作。

iTSで配信された「銀河 (short version)」のshortでないパージョンがタイトルチューンとなっているわけだが、なんなんだろうな、この寂しいような満たされたような不思議な感覚は。

前作『ケモノと魔法』にも入っていた「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」の別アレンジも収録。前のアレンジの緊張感が好きなんだけど、こっちもまたよし。

畳んである歌詞カードを広げるとA1くらいの大きさになって読むのが大変なんだけど、裏を見てびっくり。郁子ちゃん自筆の細密画が裏面いっぱいに! セフィロトの樹的な、リトグラフ的な何か。こりゃすげえ。部屋に貼りたい…ような怖くて貼れないような。

ともあれ、傑作の予感!

*1 と言いつつ、3つとも別々に発送しやがった

_ [書籍] 福満しげゆき「僕の小規模な生活(2)」

まだ読んでない。

後ろの方についてる脚注がちょっと凄そう。

_ [ゲーム] DS「クロノトリガー」

とりあえず開封してクラブニンテンドーに登録したのみ。

当時セガ野郎だったので、遊んだことないの。DSiで遊ぶよ。


2011.11.20(日)

_ [映画] ミッション:8ミニッツ

割と評判がいいので観た。

うーーーーーーーん。

原題でもある、劇中のシステム「Source Code」がどうしても納得いかないので、なんだかモヤモヤする。8分間を抽出して初期条件とできるとこまではOK。それを××内でシミュレーションとして走らせると、素粒子レベルの何かに折り畳まれていてその条件下で起こりえる事象を云々とかそういう感じで脳内補完できるんだけど、ラストんとこはちょっと合理的な説明が…。あれじゃあ「その時、奇跡が起こった!」並の超展開だと思うんだけど。アビスみたく、ノベライズで作家が気合いでつじつま合わせすることになるのかな。

面白くないわけではなかったけれど、SF者はオチでこれをやられるとずっこけちゃうのよ…。

_ [ゲーム] 「428」(iOS版)

サターン版の「街」の存在があまりにも大きかったため、Wiiで「428」を手にしても何か怖くてパッケージも開けずにプレイしないまま今日まで来てしまった。

iOS版が出たのをきっかけに、これはもうさすがに怖いとかなんとか言ってる場合ではないと決意。発売日にダウンロードして、ようやく今日、ラストシーンに至ることができた。

いやー、これは素晴らしい! 何も心配する必要はなかったんや…! 街も428もどっちも素晴らしい!

今日のところは、この感動を無理に言葉にすることはせずに、反芻しながら寝ちゃうとしよう。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Yoz. [手元でじっくりテキスト読めるし、ちょっとした時間に進めることができるし、ほんとこれ最高のプレイ環境ですよ。 まあ、..]

_ JunT [いわゆるアドベンチャーの類は据置機でやるのはめんどくさいな〜と思う今日この頃。 食わず嫌い的にこういうゲームに手を..]

_ Yoz. [超オヌヌメ。このiOS版428も、うちでやってた時間てあんまりなくて、電車の中とか昼休みとかでプレイしてたかも。 ..]



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa