忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日(03-16) 最新 次の日(03-18)» 追記

2005.03.17(木)

_ [Mac] 某49Fの屈折した愛情、もしくは、私はいかにしてブース名に拘泥するようになったか

某49Fに3つあるブースのうち、いままで2つしか使ったことがなかったけれど、今日は遂に残りの1つのブースを制覇。これにより、すべてのブースの名前が判明したことに。

もうね、「ごめんなさい、こんなときどんな顔をしたらいいかわからないの」って言うしかないわけですが。

NDAにひっかかるかもしれないし、なんかすごく気まずいかんじの名前だから、とても言えないけどね。「OpenDoc」と「Newton」と「Pippin」だなんて。


あ。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ Wolfard [きっとJobsは49Fに行った事無いんだろうなぁと。]

_ Yoz. [クパチーノや北京のラボの名前も気になります。 Selectメンバー以上ならワールドワイドで使えるはず。]

_ Wolfard [ぜひ、北京へゴー(^^)/~ WWDCのついでにクパチーノという手もありますよ。]


2008.03.17(月)

_ [日常] 日光出張

毎月のお勤めで朝から日光へ。

っていうか、仕事のことはともかく、あそこはスギ花粉の地雷原みたいなところなので、マスクと薬で対策するとはいえ、花粉症発症者的には自殺行為ですよ(´・ω・`)

案の定、会社に戻っても午後からはハナかみまくりで仕事にならず。チュアブルのアレルギー薬貪り食っても効きゃしねえ。液体カプセルは最後の武器だからまだ温存中。

_ [Mac] さて、今年のWWDCは…

社長んとこからmailが転送。アップルの営業の人からのWWDCのお誘いメールだ。営業のひとグッジョブ! 転送ってことは「行きたきゃ行け」ということですねそうですねそうなんですね?!

一応、日取りが発表になったときにexpediaでホテルの相場を調べてみたが、今年もまた高い高い。$100/泊以下の部屋なんかありゃしねえ。Powellが$400/泊(6/8(日))って何事よ?!

今回もADCかMOSAのツアーをあてにするしかないのか…。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Yoz. [んー。年ごとに開催時期は違ってるはずなのに、なんでか高い時期に当たりますね。 いっそホールを夜間は仮眠室にして雑魚寝..]

_ Wolfard [24時間態勢でプレッツェル(orクッキー)とスムージーを提供しないと暴動が起きる可能性があるから、無理でしょうw ま..]

_ Yoz. [ドーナツの完全配給制も要求する!]


2009.03.17(火)

_ [日常] パトラッシュ、僕なんだかとても眠いんだ

春眠暁を覚えずと申しましてぐう


2010.03.17(水)

_ [CD][DVD] 空気公団『ぼくらの空気公団』

空気公団のファンによる選曲で編んだベスト。全曲リマスターと特典DVDが売り。

選曲に文句はない。名曲ぞろいの空気公団の、さらに絞り込んだ名曲中の名曲。もちろん、『なんで「ハナノカゲ」が!』とか『「遠く遠くトーク」を外すとは!』とか『「××」外して「灰色の雲が近づいている」入れろや!』とか言いたくないわけではないが、きりがないので。

ただね。だいたい持ってんのよ音源。レア曲2曲(「ふたり」と「コーヒー屋のおねえさん」)は嬉しいけど。

「青い花」で入った新規ファンには、超おすすめ。

DVDは、PVとイベントのときの映像、あとCF。まあオマケかね。全部iPhoneに入れたけど。


2013.03.17(日)

_ [Gadget][書籍] Kindle PaperWhiteの交換をお願いしたら対応神速度すぎワロタ(2)

先日光の速度で交換品を送ってもらった、Kindle PaperWhite。準備ができたので故障品を実際に返送したのだが、こと返送に関してはかなりわかりづらいところがあったので、後世の人類のためにメモ。


返送に関して、Amazonからの指示は

日本郵便株式会社集荷サービス、宅配便または郵便局のゆうパックをお使いいただき着払いでご返送ください。

[Amazonからの指示(要旨)より引用]

というもの。まあ、ここまではいい。

これに、「返送先および返送方法については、以下のURLをクリックしてご覧ください」という指示がついてくるわけだが、このURLにあるページがちょっと問題。

ページは、主に

  • 切り取り線で囲まれた、返送先住所。住所と、RMA番号のバーコードが書かれている。
  • 素の文章で、注文番号、タイトル、理由(「不具合または損傷」)が書かれた部分。
  • 切り取り線で囲まれた、ものものしいリチウムイオン製品の警告ラベル。
  • 「返送の手順」の説明書き

で構成されている。

「返送の手順」には、「このページを印刷してね。印刷できなければ、納品書(ここ重要)またはメモに『返品理由』と『RMA番号』を書いたものを用意してね。そして、印刷したやつか、納品書か、メモを同梱して、宅配便やゆうパックなどで送ってね」という指示が。

混乱のもとは、返送先の住所が「切り取り線」で囲まれていること。意味がよくわからない。あと、「納品書」って交換品には入ってなかったけど? どーなってんだ。

電話して訊いてみた。


ご担当の方と話してみたところ、指示としては

  • 例のページの返送先は、切り取ってラベルとして使えるよ。
  • リチウムイオンの警告ラベルも貼ってね。
  • 納品書に返品理由を書いて同梱してね。
  • ゆうパックの着払いでいいよ。

ということになった。

電話している最中に、「納品書」を発見。交換品はKindle PWの箱に直接ラベルを貼って送られてきたのだが、ただのラベルではなく、剥すと中に「納品書」が入ってるやつだったのだ。これは盲点。


手順説明のページの指示と電話の指示が多少食い違っているのが気になったので、冗長性を持たせた対応をすることにした。

まず、返送品を入れる大封筒には、印刷した「返送先ラベル」と「リチウムイオン製品警告ラベル」を切り取って貼る。その中には、印刷したページの注文番号等の部分(ラベルを切り抜いた残り)と、納品書の両方を入れた。納品書には、返品理由とRMA番号を手書きで記入。


郵便局の窓口に荷物を出してみると、案の定、返送先のラベルじゃダメだと指摘されてしまった。ですよねー。そんな気はしてたんだ。

ゆうパック(着払い)の送り状に、返送先の住所を手書きで記入。ひょっとしたらAmazonさんが仕分けに使うかもしれないので、印刷したほうのラベルのバーコードとRMA番号は隠さないように貼り付けて、これでようやく発送できた。


冗長なやりかたをしたけれど、無駄なとこを省くと要はこういうことになるのではないか。

  • 配送はゆうパック(または宅配便)の着払い。
  • 返送先ラベルは貼ってもいいけど、どっちみちゆうパック等の送り状を書いて貼らないといけない。なので、荷物に返送先ラベルを貼るなら、バーコードが隠れないようにしつつゆうパック等の送り状を貼れるように、あらかじめレイアウトを考えておく。
  • 故障品と同梱するのは「納品書」だけでOK。納品書には、返品理由とRMA番号を書いておく。
  • リチウムイオンバッテリ警告ラベルは一応貼っとけ。

こんなもんかな?

あと、重要なことは、ゆうパックのAmazon返品専用の集荷サービスを利用した方が、ずっと簡単っぽい、こと。こっちが利用できるなら、利用したほうが楽みたい。

交換品送付まではものすごいスムーズだったけど、やっぱこなれてない部分もあるもんだなあ、と。巨大なシステムの、人間が完全に掌握できてない隅っこのモヤモヤっとしたところを見ちゃった気がする。

(3/19追記 14:00)

そして先ほど、Amazonから返送品受け取りのお知らせmailが到着。

以上をもって交換手続きは完了、と。



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa