忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2013.02.11(月)) 最新 次の日記(2013.02.16(土))» 編集

2013.02.15(金) (2/16補完) [長年日記]

_ [Mac] MacBook Pro(Mid 2012)のバックアップ体制を考える

先日の主役機交代イベントについて、Kasperskyのアクティベーション問題もサポートの神対応のおかげで解決し、ほぼ移行は完了ということに。しかし、残る事案がひとつ。バックアップ問題だ。

MacBook(Late2008)"Nomad"はUSB2.0でHDDを接続し、TimeMachineバックアップを行っていた。今回のMacBook Pro(Mid2012)"Comet"はそこから「復元」を行い、環境をまるごと移行したわけで、現在はそのTimeMachineドライブにバックアップを続けていく設定になってるっぽい。

けど、Nomadもまだ手元にあるし、NomadのTimeMachineバックアップはそれとして履歴ごと残しておきたい。なので、Cometには別なストレージを用意してバックアップを行う方針に。


5つほどの体制をぐだぐだ考えてみたわけだが、ひょっとすると何かの役に立つかもしれないので、そのぐだぐだな逡巡を記録しておこうかと:

  1. LightningThunderbolt接続HDDを導入する

    せっかくのLightningThunderboltコネクタ装備機なので、ここはやはり新しいとこを。なんせ速いよね!

    LaCieの1TBが、Amazonで1万4千円くらい。元の値段を考えれば安いし、まあ許容範囲ではある。不安材料は、中身が2.5"×2台のRAIDってのがどうもいまひとつ、ってのと、LightningThunderboltが付いてんのはCometだけなので、いざというときに他の機械で読み出せなくなる可能性があること。これは痛い。断念。


  2. 既存のNASのHDDを大容量に差し替えて、ネットワーク接続なTimeMachineドライブにする

    今使ってるQNAPのTS-110にはTimeMachineドライブになる機能があるので、今入ってる1.5TBのHDDを3TBくらいのに入れ換えて、そこにバックアップする。WiFiで無線接続できてステキ。

    HDDの入れ換えは、TS-110にUSB接続で新しいHDDをマウントして、Q-RAID 1でミラーさせた後に物理的に入れ替えればよさげ。んー、けどあんまり速くなさそうだし、いまいち信頼できない感じも。HDDとり出して読むのも面倒だし、ブートも困難。つことで、面白いけどこれはちょっと没かな。


  3. USB3.0接続HDDを導入する

    LightningThunderboltよりは面白みに欠けるけれど、速いのは一緒。

    値段的には、安い。2TBでも1万円くらい。USB2.0でも接続できるので、他の機械でも読み出せるし、ブートもできる。けど、なんかこう、HDDケース買って中身とっかえひっかえ、ってのが合理的よねー。それがトータルで安いかどうかは別にして。ってことで、この案は次善の策としてキープ。


  4. USB3.0接続HDDケースを買ってきて、生HDDも買ってくる

    上の案の改良版。これだと、「中身とっかえひっかえ」が可能になるほかに、さらに事態がややこしくなった場合も、HDDそのものは既存のUSB2.0なHDDケースで運用できちゃうというメリットが。これは、まあ、ベストな策かも。


  5. HDDだけ買ってきて、今のUSB2.0なHDDケースで運用する

    もっとも安上がりで、もっとも保守的なプラン。ぶっちゃけ、2.0でも3.0でも、バックアップ作業全体としては時間そんなに変わらないんじゃね? という気も(大ちゃぶ台返し)。

    ただ、今使ってるUSB2.0なHDDケースは3TB以上のHDDに対応してなさげだし、そういう意味でも今どきのUSB3.0なケース買うほうがいいのは事実ではある。とはいえ、今回のバックアップHDDはせいぜい2TB程度あればOKなので、当面は特に問題はないわけで…。


なんにせよ、ぐだぐだ考えてないで1〜2TBくらいの生HDD買いに行けよ、というのが結論。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ 犬好 (2013.02.17(日) 05:38)

MBP購入、おめでとうございます (^_^)<br>先日、当方は6年ぶりにiMacを買い換え、外付けHDDには、USB3対応林檎派のケースと、HGSTの2TBを購入しました。<br>あまり中身を入れ替えることもないんですが、やはり保険として「ケース+生HDD」というパターンをずっと踏襲してます。<br>のと、<br>余計なことですが、Lightning -> Thunderbolt? m(_ _)m

_ Yoz. (2013.02.17(日) 07:34)

ですよねー>HDDケース HGSTというのも、なんとなくIBMのイメージが残っててつい選択してしまうという。<br>つか、…ご指摘ありがとうございます( ;´Д`) 恥ずかしすぎる…。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa