忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2012.08.24(金)) 最新 次の日記(2012.08.26(日))» 編集

2012.08.25(土) [長年日記]

_ [日常] 突発的日帰り旅行に行ってきますた2012

去年同様、期日までに18きっぷを使い切るための計画の一環として、日帰りでおでかけ。

0530起きで、0611の東北本線下り電車でゴー。南方向は割といつでも行ける感じだし、福島方面気に入ってしまったので、やっぱり北方向になっちゃう。今回も、会津方面へ。浜通り方面も考えたんだが、宇都宮から電車で行くには磐越東線も水戸線・常磐線も使いにくくてちょっと無理。磐越東線ほんと本数少ないんだ…。

接続の良いパターンを狙っていったので、猪苗代には0911に到着。今回はストレートに猪苗代湖方面。

ソバ畑と磐梯山

駅前の塩田自転車店さんでレンタサイクルを借り、湖方面へ。湖畔にはサイクリングロードやサイクリングセンターが整備されているので、湖を眺めながら快適に走ることが…いや、あんまり見えないですよ? 水際には植物が猛烈な勢いで茂っていて、湖ビューなスポットは割と限られてるかんじ。しかも、今日はボランティアの人たちのゴミ拾いイベントがあったらしく、自転車で走るのは肩身が狭くてですね…。まあそれでも、田んぼやソバ畑(花満開!)をナメてそびえる磐梯山の景色は(・∀・)イイ!

波の上

もうちょっと足を伸ばして、遊覧船乗り場へ。湖の遊覧船はおしなべて好きなんだ。風が気持ちよくて。船はスワンと亀の2艘で、スワンの方にあたりますた。30分ほど。別に何が見れるというわけでもないんだけど、和むわー。

辛み餅蕎麦。餅+大根おろし( ゜д゜) ウマー

あれだけ見事な畑を見せられたら、やっぱり食べたくなるのはお蕎麦。というわけで、お昼は三城さんで「辛み餅蕎麦」。いまいちどういうものか想像できなかったんだが、訊いてみると、大根おろし+お蕎麦の上に揚げた餅などが乗っている、という意外にそのまんまのメニューだったと。お蕎麦自体も悪くない。乗ってるお餅がすごい柔らかくて、大根おろしとマッチしてなかなかウマい。わりとオヌヌメ。

やや体力的にきびしい感じがしてきたので、中途半端な時間ではあるけれど無理せずそのまま駅まで戻ることに。ママチャリ+αで遊覧船乗り場まで往復約15kmは、やっぱりちょっと。

レンタサイクルを返して、さてここからどうしよう、と考えた場合、普通に考えたら郡山方面に戻るべきなんだろうけれど、猪苗代駅に先に来る電車は会津若松行き。とすれば、待つよりはそっちに乗ることを選んでしまうアルゴリズムが発動。

会津若松は大昔会社の旅行で来たことがあるはずだけれど、ああいう能動的でない旅行だと自分の中には何も残らない模様。iPhoneで調べつつ、あまり欲張らない感じでまわってみることに。もう14時だし。

市内の周遊バスの1日乗車券を買って、七日町(なぬかまち)で街をぶらぶら。古い建物を綺麗に直して大事に使っていて、なかなかいい。ここで少しお茶。

東山温泉の、この写真に写ってる向瀧さんて旅館がすごくいいかんじだった。泊まってみたい。

さらに、調子に乗ってバスで東山温泉まで行っちゃったので、この際温泉入っていくことに。iPhoneで入浴だけできるとこを調べて、目の前にあった新滝さんへ。

残念ながら入浴のみの客は、複数ある風呂のうち一つしか使えないということなんだけど、これがけっこう悪くない感じの半露天のお風呂で全然OK。しかも他に誰も入ってなかったので貸し切り状態。いやいや、結構ですよ。泊まれたらもっとよかったけど。

1705のバスで会津若松駅に戻って、1811の郡山行きまで少し時間があったので、ここで早めの夕ご飯を食べておくことに。ソースカツ丼。なんかこれ系最近どこでも推してるよなあー。こないだ長岡帰ったときも「洋風カツ丼」とか食べたことないようなカツ丼が名物になってたしw

ソースカツ丼は、まあ、…ソースカツ丼だわな。

あとは、電車を乗り継いで、宇都宮に戻ったのが22時頃。もっとライトな感じで帰ってくるつもりだったけれど、やっぱり強行軍みたくなってしまった…。


猪苗代湖は、もっとのんびりできる場所があればいいのにと思ったなあ。意外に、湖周辺ではジェットスキー的なウォータースポーツな施設はあるけど、ゆっくりのんびり的な雰囲気はあんまりない。もっとだらだらしたいやんー。せっかくの景色なんだから、うまくやればまだまだ人呼べると思う。いや、ヲレは好きだけどね。

会津若松、七日町以外のところはバスから眺めただけだけれど、結構いい街じゃないか。地方都市の割には街に活気があるし、古いものも上手に使って雰囲気も悪くない。時間があればよかった。

あとですね、今回の目的に、今が旬の桃を美味しくいただきたい、というのがあったんだけど、それは果たされず。なんつーか、カフェでも食堂でもいいけど、美味しい桃をキンキンに冷やして皮むいて出してくれれば外からのお客はそれで十分嬉しいんだから、そんなんやってくれないもんかなあ、と。ぜひご検討いただきたい。

さて、じゃあ、こんなこともあろうかと昨日買っといた福島産の桃でも剥くかー。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa