忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2010.11.14(日)) 最新 次の日記(2010.11.16(火))» 編集

2010.11.15(月) [長年日記]

_ [日常] バイクのU字ロックが…(もうだめぽ)

「以上をもってU字ロックに関しては任務完了とする」とか書いたけど、まだ終ってなかったorz

Amazonで買ったやつは、「U字」に被さる側のシリンダー側が太くて、Zoomerたんのホルダーに収まらなかった。ホームセンターで買ったやつは、そこに注目して、ちゃんとホルダーに入る太さのシリンダーであることを確認したわけだが…。

今日、そのホームセンター版をホルダーに入れてみたら…U字側が太くて入らねえorz

はっ。

なら、ホームセンター版のシリンダーと、Amazon版のU字側をニコイチすればいいんじゃね?!

…そんな都合のいい話はありませんでした。

どないせいっちゅうんじゃ!

_ [ゲーム][映画] 第9地区

iTSで映画のレンタルが始まって、世のblogはそのへんの話で持ち切り。

よーしパパ張り切ってiTSレンタルして日記に書いちゃうぞ! というわけで、ラインナップを眺めていると、見逃していた映画「第9地区」を発見。SD画質でレンタル¥400。吹き替え版のみ。

あれ、そういえば以前どこかで似たようなものを…と思ってよく考えたら、Wiiの「Wiiの間」でもレンタル配信してたんだった。ファミリーな映画群の中にあって、なんでこんなエグい映画が、ってんで印象に残っていたのだった。

Wiiの間配信版も、SD画質でやっぱり¥400。30日以内に見始めればよいiTSとは違い、レンタル期間は2日間きっかりという点でやや厳しいものの、こちらは英語音声に日本語字幕。そして、AppleTV買わなくてもTV(しかもHDMIのないヲレんちのブラウン管テレビでも)観れるという素敵仕様。

今回は、世の趨勢に逆らって、Wiiでレンタルして観ることにしたよ!

先日自宅のCATVネット接続を30Mbpsに増速したので、帯域はまったく問題なし。もともとビットレートはそんなに高くない感じで、「高画質」モードでもブロックノイズとか結構目立つ感じ。真面目に映画を観るにはちょっと厳しいかな。これで¥400はちょっと高い。たぶんiTSのほうがマシ。

で、第9地区だが…。

んーなんつうか、いろいろ粗いんだよなあ。劇内ドキュメンタリーなのはいいとして、どういう視点で、何を描いているドキュメンタリーなのかがぼんやりしてる時点で、嘘っぽさ&残念感が…。SF的にも粗い。合理的な説明をしようという意図もないようで、設定厨としてはフラストレーションがたまる。

まあ、作り手が描きたいのはそこじゃないってのはわかるんだけど。

CGはいまどきの平均以上だったとは思うけど、主人公の身体の変異の描写は、「ザ・フライ」を連想させつつ、それの劣化版って感じかねえ。伝統的特撮はCGよりも職人芸的なんかね。

レンタルでちょうどよかったかなあ、という感じ。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa