忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2009.12.09(水)) 最新 次の日記(2009.12.11(金))» 編集

2009.12.10(木) [長年日記]

_ [Mac][ヲタ] 「誰も寝てはならぬ」のオフィス寺に見る備品Macのモデル変遷

「誰も寝てはならぬ」の舞台であるオフィス寺はデザイン事務所だけあって使用している機材はMac。

各自の机には1〜2台の本体/ディスプレイが置かれているようだが、長く読んでいるとこれらの機材が微妙に時期をずらしながら、現実のMacのラインナップに追従していることに気づかされる。

1巻のあたり(2003〜2004年)では、いわゆる「大福」のiMac G4やブラウン管のディスプレイが使われていたが、最新刊の12巻では白いポリカのiMacと裏が黒いプラスチックのアルミiMac、そしてStdio Displayらしきものが混在する状態に。今日出たモーニングではさらにリプレースが進み、裏が黒いiMacが大勢を占めているではないか。

そろそろオールアルミ筐体のiMacが登場してもいい頃ではある。注目していきたい。

ナゾなのは、どうも一人の机の上にiMacを数台並べて作業しているように見える点。それって作業効率いいのかなあ。ひょっとしてXcodeの分散ビルドをやらせているとか(ないない)。

暇があったら、1巻から各登場人物の使用機種をまとめてみたい気もするなあー。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa