忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2009.02.28(土)) 最新 次の日記(2009.03.02(月))» 編集

2009.03.01(日) [長年日記]

_ [日常] 日光観光

とうちゃんが「ベタな観光」をご所望ということで、日光で寺社見物を敢行。ヲレも小学校の頃修学旅行で来て以来、寺社を見に来たことなんかねえー。

輪王寺のお庭をToyCameraで撮影。昭和30年代って感じ

10:30頃の日光線でお出かけ。世界遺産巡りパス(¥500也)買って、バスで一社二寺*1を回る作戦で。

平日仕事で来ると外国からのお客さんばっかり目に付くわけだが、円高の影響か日曜だからなのかよく知らんが、日本の、しかも若い女の子とか大勢来てるのが意外。

この、3つ固まってる神社仏閣を、絶妙なタイムスケジューリングで完璧に見物して、とうちゃんは東武で都内方面へ、ヲレはJRで宇都宮へと帰宅したのであった。

ヲレもそうなんだけど、とうちゃんもディテールが気になる人らしく、視線はつい細部へ細部へと向いてしまう。隅っこの彫り物とか、つい見ちゃう。同傾向の人といっしょだと、ウザがられなくてとても助かるw

下手に身近にあるところなので、まあたいしたことないよね、って先入観があったりしたんだが、実際に行ってみると意外にちゃんと楽しめる史跡*2であることを再発見してしまった。徳川家おそるべし。また見に行こう。

*1 二荒山神社、輪王寺、東照宮をまとめてそう呼ぶらしい

*2 なんかあらゆる意味で失礼な言い草ではある

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
_ とうちゃん (2009.03.02(月) 23:32)

花粉症のYozさんをスギの木の群れに特攻wさせてしまいすいませんでした。<br>でも充実の観光でした。<br>猿軍団だけじゃなかったのですね、さすが世界遺産。<br>ほのかに雪が残っていたのがまた綺麗で・・<br>細部とか、他の神社仏閣とかでもここまで凝ってたかなあとか思いながら見てました。<br>今度、違う神社仏閣とか行ったら確認しないと。<br>お世話さまでした〜

_ Yoz. (2009.03.03(火) 00:47)

今日会社の人に言われて気がついたんですが、あのへんの神社仏閣は呪術的な側面からも楽しめるって話ですね。帝都物語とかああいう世界。うーん、一粒で何度でも美味しいw<br>ちゃんと見直す、いい機会でした。ありがとうございましたー。<br>またのお越しをお待ちしておりますー。機会があればそちら方面にも。

_ 謎工 (2009.03.03(火) 05:57)

個人的に栃木の観光名所で最強だと思うのは東武ワールドスクウェア。そう言えばあの一帯(旧藤原町)も今は日光市なんですねー。

_ Yoz. (2009.03.03(火) 21:26)

東武ワールドスクエアも行ったことないっす…。<br>あそこは人によって評価が極端に違いますねー。<br>江戸東京博物館のミニチュアにかぶりつきのヲレには向いてるかも。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa