忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2009.01.21(水)) 最新 次の日記(2009.01.24(土))» 編集

2009.01.22(木) [長年日記]

_ [ゲーム] Wii「フラジール ~さよなら月の廃墟~」

廃虚好き好き。そんで、テーマ曲が手嶋葵ちゃん。そら買うわ。

しかし、遊んでるヒマがないので積みゲー決定。428だってまだ遊んでないのに…。

_ [CD] GOING UNDER GROUND「いっしょに帰ろう」

GOING久々のニューリリース。3曲入りのマキシシングル。

劇団ひとりとかいう人が泣きそうな顔してるジャケットは、ヲレにはてんで意味不明です。ええい劇団ひとりはいい! 素生を出せ素生を!

タイトルチューンの「いっしょに帰ろう」は、いわゆる「GOINGっぽい」曲とは一線を画している印象。彼らもいい年になってきて割と深みのある曲を作るようになってきた。曲調や詞に対して、ギターの音がちょっと軽くないか? っちゅー気はする。

二曲目の「マンガライフ」は、GOINGの得意な男の子ロック路線。さすがに完成度高い。これはライブが楽しそう。

最後の「run boyz run」はFリーグのイメージソングだそうな。2007年の「Title」に続き、2008年もFリーグのオフィシャルソングをGOINGが担当! ってお知らせがあったきり、なんの音沙汰もなく2008年が過ぎ、これはポシャったのかなーと心配していたんだが、どうやらちゃんと出来上がってたようだ。なんつーか、これはサッカー…もとい、フットサルな曲だわな。Fリーグファンの皆様に愛唱していただければ幸いです。

正直、ちょっと前までの素生のボーカルが、中途半端に上手い歌唱を小手先ぎみにやっていた印象があってあんまり好きじゃなかったんだが、この音源ではそのへんから一歩抜け出している感じがする。

_ [iTMS] GOING UNDER GROUND「GOING UNDER GROUND WINTER COLLECTION」(の中の「LUCKY STAR」のみ)

配信限定のミニアルバム「GOING UNDER GROUND WINTER COLLECTION」は、なんかよくわからない基準で選ばれた「冬っぽい」4曲入り。今回のシングルの「いっしょに帰ろう」、3月に出る次のアルバムのタイトルチューンである「LUCKY STAR」、懐かしいB面曲の「サンセット」、そして前回のアルバムに入ってた「PLANET」。どれも大好きな曲ではあるものの、とりあえず3月までの間聴くために「LUCKY STAR」のみ購入。

ミディアムテンポの落ち着いた曲調。何かを一区切りさせた人が見ている情景だよなあ、これは。なんだかしみじみした気持ちになるよ。今までのGOINGの、やみくもに切なかったり、とにかく男の子が旅に出ちゃったりする歌とは、ちょっと違う。

いいねー。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa