忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2005.09.25(日)) 最新 次の日記(2005.09.27(火))» 編集

2005.09.26(月) [長年日記]

_ [ゲーム] GBA「スクリューブレイカー 轟振どりるれろ」

何はともあれ、ゲームフリークの完全新作という時点で買い! ポケモン関係以外のゲームは1999年の「クリック メディック」以来6年ぶり。ヲレが最後に買ったゲームフリークの作品としては1992年の「まじかるタルるートくん」以来なんと13年ぶりですよ!*1

ドット絵な自機を動かしたりジャンプしたりといった、正統派2Dアクション。とはいえ、「ドリル」ですよ「ドリル」。自機の先っちょのドリルをRボタンとLボタンで回転/逆回転させるというギミックで、こんなに豊かなアクションが楽しめるとは! 穴掘ったりオブジェを破壊したりするのはもちろん、ネジ山切ってある通路の中をドリル高速回転で爆走したり、敵のネジ穴にドリル突っ込んでギュンギュン回転させた揚げ句分解しちゃったり。それがまた、振動機能付きカートリッジだったりするもんだから、ドリルの炸裂に合わせてガリガリ手応えが! 快感!

やっぱりなあー、ヲレは豪華なポリゴンも、フルオーケストラなBGMも、映画が観れちゃうマルチメディア*2な機能もたいして欲しくないわけよ。丁寧な仕事できちんと最後まで楽しませてくれたり、いびつでバランス悪くてもそれをひっくり返すほどの情熱が込められていたり、操作すること自体が楽しくて仕方がないような工夫が凝らされていたり、そんなゲームを遊べたら、ヲレは幸せなのよ。ってことを、このゲームで再確認できますた。

クリアまではまだまだ遠いけれど、がんがります。

*1 まあポケモン緑は後学のために買ってるんだけど。

*2 死語だろ

_ [書籍] 散歩の達人 10月号

神保町特集キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ッ!! 好きな街の特集だし、やはりこのへんの街は編集の気合いもちょっと違う感じ。うれすい。

本屋やレコード屋もいいんだけど、神保町は喫茶店もよさげ。よさげ、ってのは、あれだけこのへんウロウロしてたのに、ヲレあんまりあのへんの喫茶店入ったことないの(´・ω・`) 田舎出の予備校生にはちょっと敷居が高かった…。これからでもキャッチアップしたいところ。

そして松本英子のマンガレポですが、古書の競り市という題材もよく、また飯野さんというイイ味のキャラも得て大変面白く読ませていただきますた。つーか、毎月このネタ書いてたら、「散歩の達人 松本英子」でぐぐるとえらい上位に来るはめにw

_ [書籍] 散歩の達人MOOK 週末江戸下町遊覧

えーと、都内散歩ネタ収集用に購入。散歩の達人誌の下町方面リソースをマルチユースしたスピンアウト物件。

先日の「栃木に驚く。」は「増刊」だったけど、こっちは「MOOK」扱い。どういうシステムなんだ? 「栃木に驚く。」がガイドブック的新規コンテンツ中心で編プロ制作っぽい雰囲気だったのに対して、「週末江戸下町遊覧」は編集部直轄っぽいという感じではある。

普通に面白いんだけど、実用性という意味では同時に買ったまっぷるマガジンの「歩く東京下町」の方がお勧めだったりするのは秘密だw

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa