忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2005.09.14(水)) 最新 次の日記(2005.09.16(金))» 編集

2005.09.15(木) [長年日記]

_ [書籍] 散歩の達人 増刊「栃木に驚く。」

最近の「散歩の達人」関係の営業の巧みさには舌を巻くよホントに。

作戦その一。毎号どこかの街を特集するわけだが、その特集する先の商店街とがっちりタイアップ。街の本屋さんや賑やかな場所でちょっとしたキャンペーンをやってみたり。商店街の各お店にはポスターが。次の号が出たら出たで、バックナンバーを在庫してもらって*1長期にわたって売ることができてしまうという。

作戦その二。毎号毎号取材して記事を作っていけば、そりゃもう情報は蓄積されるわけで。貯まった情報は、今度は地域ごと、テーマごとにまとめて増刊号作っちゃえば、あらびっくり教科書通りのマルチユース! ターゲットも絞れるので新しい広告もバンバン入るし。

あんな商売っ気のないフシギちゃんタウン誌みたいな雑誌が…。お母さんまるで夢を見ているみたいよ。誰がお母さんやねん。

で。

友達が遊びに来たりするんで、このへんのガイドブックでも買うかー、と、会社帰りに本屋の旅行コーナーに立ったところで、こないだそんな本買ったばっかりだったことに気付いた。きびすを返そうとした瞬間に目に入ったのが、この散歩の達人の増刊「栃木に驚く。」。散達のおはようからおやすみまでを見つめてきたヲレとしては、買わないわけにもいくまい。

内容をよく見ると、既存コンテンツのリユースはあんまり多くなくて、新規で取材して起こした記事が大半っぽい。本誌のようにヘンなものを追いかけるというよりは、わりとスタンダードなガイドブックノリに近い。巻末にはガイドブックのような地図と、ガイドブックのような鉄道時刻表まで。はて、つまりこれは…ガイドブックじゃろか?

「散歩の達人」ブランドのガイドブックか…。なんかこう、創刊以来の読者としては「それはちょっと違うんじゃネーノ」と言いたいところではあるが、このブランドをここまでに育ててきた手腕は素直に凄いと思う。っていうか、すげええええぇぇぇっ?! って絶叫ものですよ!

*1 買い取りか委託かは知らない

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa