忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2005.01.28(金)) 最新 次の日記(2005.01.31(月))» 編集

2005.01.30(日) [長年日記]

_ [日常] ひとまず症状緩和

さすがに3日もゴロゴロしてたら腰の痛みも治まってきた模様。わりと普通に歩けるようになってきた。

プラクチカさんまで歩いても平気。嬉しいー。

_ [著作権] 知財推進計画2004見直しパブコメ・著作物の保護期間延長にムカついてみる

件のパブコメネタ。

今日問題にしたいのは、知財推進計画2004の第4章9の2)のiii)で文部科学省から要求されているこちら。

 

 映画の著作物については、その保護期間が「公表後50年」から「公表後70年」に延長されたが、映画以外の著作物等に係る保護期間の在り方についても、関係者間協議の結論を得て、2004年度以降必要に応じ、著作権法の改正案を国会に提出する。

[知的財産推進計画2004より引用]

現在、小説や音楽などの著作物は、作者の「死後」50年間保護されているわけですが、文化庁著作権的にはこれをどうしても70年、100年と延長したい、というお話。

ヲレごときが語っても説得力ないので、青空文庫発起人の富田倫生氏反対の意思表示をご一読いただきたいと。

青空文庫とは、保護期間が終了し、「文化」の源である全ての人々のもとへ還ってきた小説等を、電子テキストの形に入力し直して無償で公開するプロジェクト。夏目漱石や宮沢賢治や、ヲレ的には海野十三や夢野久作の作品をいつでも読みたいときにダウンロードして読むことができる。普通のテキストファイルなので、パソコンはもちろん、PDAや携帯電話やiPodに転送して、いつでもどこでも読むことができる。

ヲレには、この青空文庫が、50年間働きづめだったり飼い殺しにされていた小説たちが、最後にたどり着いた安息の場に思えて仕方がない。それに仇為す輩には、小説読みとして非常にムカついてしまうよ。

もう少し客観的に考えてみても、保護期間を70年、100年と延長することで青空文庫のようなパブリックドメインの土壌が薄くなってしまうとしたら、それは文化の危機と言ってしまってもいいような気がするなあ。文化庁って、先日の高松塚古墳にカビを生やした件といい、文化に対して破壊工作するのが仕事ですカ?

というわけなので、この件については特に小説読みの方にパブコメ提出をお願いしますです。


ここからは余談。

青空文庫にはいくつかの分家プロジェクトがあって、テキストをPalm向けのDoc形式に変換して配布している青空文庫Palm本の部屋もその一つ。こちらでは、ヲレが作った(そして放置している)MakeDocDDを使ってDoc形式への変換を行っていただいていた。ほんのわずかではあるけれど、青空文庫という素敵なプロジェクトに貢献できたことは、ヲレにはすごく嬉しいことだったのです。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ とうちゃん (2005.01.31(月) 06:42)

あっ、夢野久作も、もう期間切れてるんですね〜。<br>へえ〜<br><br>腰も治りつつあるようで、何よりですね^^

_ Yoz. (2005.01.31(月) 22:51)

夢野久作は比較的今でも書籍の形で売ってますけど、もはや絶版でどうにもならない小説も読めるのが「青空文庫」の素敵なところです。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa