忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2004.09.04(土)) 最新 次の日記(2004.09.06(月))» 編集

2004.09.05(日) ♪恐ろしいものの形をノートに描いてみなさい/そこに描けないものが君たちを殺すだろう [長年日記]

_ [書籍] 斎藤貴男「安心のファシズム - 支配されたがる人々-」岩波新書

都内への行き帰りで一気に読んでしまった。途中、次々に突きつけられるこの国の現状に目を覆いたくなったが、どうしても止められなかった。

この国ではひどいことが起こっている。それはずっと起こり続けていたので、いつの間にか慣れてしまっていた。けれど、それはやっぱりおかしい。おかしいことをおかしいと主張したいけれど、システムがそれをあらかじめ無力化するように作られているし、巧妙な世論操作が「たかが一個人」の意見を受け入れる土壌を殺してしまっている。なんなんだ、この息苦しさと荒廃感は。

ヲレみたいな「変わり者」にとって、多様性が尊重され、基本的人権が保障されている社会でなければ生きてはいけない。死活問題なんだ。だから、なんとかしなくちゃ。国外に逃げるという手段も常に留保しておきたいところ。「まだいけるはもう危ない」(Wizardry文化圏における至高の格言)

読んでる最中、iPodが中島みゆきの「4・2・3」を選び出してドキっとした。6年前、ピンと来なかったこの歌が、今ではあまりにもリアルに響く。中島さんには、紅白ではこれを歌って欲しかったなあ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ shiro (2004.09.06(月) 01:36)

国外って、何処へ? アメリカはあのテイタラクだし、思想の自由以前に生命の保護すらあやしい国もたんとあるので、私は多分、あるていどまでなら思想に制約受けても日本にいると思います。<br><br>MLとかなんつーかコミュニティってかんじのものの運営経験でいいますと、多様性を保証すると「馬鹿」とか「嫌なもの」といった負の存在すらも受け入れざるを得ないのですよね。例えば fj.* がなんだかんだと変化せずに存続して、japan.* がああなっちゃったのも、japan.* は寛容を標榜する余り馬鹿に舵を握られちゃったからってのが、fj はフレームを起こしてでも叩きつぶす姿勢があったからで、2ch も fj的な、叩く事で「馬鹿を排除する」システムを持ってるから崩壊せずに住んでると言えます。<br><br>で、排除されない程度の自由度を受け入れてしまった私は、「それが自分を排除する可能性」を否定しちゃいけないし、それで排除されるなら仕方ないとある程度までは覚悟してます。<br><br>もちろん、そういった陶片追放がばかげたレベルにならないかの監視と、自分が陶片追放されないだけのその集団内での「常識」の確保はしますけど、ね(^^;

_ Yoz. (2004.09.06(月) 10:10)

国の囲い込みに萎縮しないための空元気だったりするわけですが。空元気ではあるけれど、頑張れば実現可能なオプションとして持っていたいのは事実。僕らにとって一番「近い」外国であるアメリカがアレ、ってのは、大変なジレンマですが。<br>僕がこの国を捨てるより、この国が僕(ら)を棄てる方が先のような気はしますけど。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa