忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2004.07.28(水)) 最新 次の日記(2004.07.30(金))» 編集

2004.07.29(木) 閉塞しているのは音楽業界だけではないが… [長年日記]

_ [CCCD] ASAHIパソコン記事「ユーザー置き去りの著作権攻防戦」

 このように、ひと口に音楽業界といっても、見解はさまざまだ。だがこれまでのさまざまな経緯を見ると、個々の見解の妥当性とは別に、全体としてできあがった制度やサービスが、ことごとく一般ユーザーにとって不自由な形になる可能性を否定できない。私的複製が今以上に制限される一方で、CCCDも増え、さらに欧米並みのiTMSも実現しない、といった形に結果的になってしまうこともないとはいえない。ユーザーはその点を注意していくべきだろう。

[「ユーザ置き去りの著作権攻防戦」より引用]

丹治吉順氏、およびASAHIパソコン&asahi.com、グッジョブ!

日本のガチガチなDRMによる音楽配信、iTunes Music Storeへのレコード会社の反発、iPodやPCへの保証金上乗せ計画、そして輸入権の成立過程の問題点など、完璧な内容。しかも、著作権問題の本当の主人公であるクリエータの声もきちんと取材してあって、すばらしい! 必読。

これがもっとたくさんの人の目にとまって、音楽を巡る閉塞した状況が少しでもいい方向に動き出してくれるといいんだけど。

とりあえず、いい方向にいくためにヲレにできること、ということで、経産省の「企業の社会的責任(CSR)に関する懇談会中間報告書(案)」に対するパブリックコメント募集にmailで応募しますた。「企業責任や企業倫理に関して議論し、より社会的コンセンサスを深めるにはインターネットが重要であり、そこでの表現の自由は最大限に尊重されるべき」という本論で、ついでに「規格外で無保証のCCCDを売りっぱなしにするレコード会社は社会的責任を果たしていない」「高圧的で硬直した運営を行うJASRACは論外」という意見も付けときました。実は後者が本題だったりするわけだが(w

とにかく、アレだ。CCCDを根絶し、iTunes Music Storeそのもの、あるいはそれ並みの音楽配信事業を日本に根づかせ、海外との自由な音楽の流通が保障されるまで、自分にできることは地道にやっていく所存。粘着質だよー、ヲレは。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa