忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2004.04.15(木)) 最新 次の日記(2004.04.19(月))» 編集

2004.04.18(日) [長年日記]

_ [音楽] 空気公団・空風街ライブに行ってきますた

空気公団の活動第一期をしめくくる、「空風街ライブ」@渋谷クアトロに行ってきますた。

SOLD OUTということで、クアトロは完全に満員。僕とTさんはアリーナでない前の方に陣取ったのはいいけれど、正面にはビデオ収録用のカメラが鎮座していて、山崎さんはほとんど見えず。石井さんと戸川タンは見えたけど。

最初の方は山崎さんの声があまり聞こえず、ちょっと不安なスタートだったりしたわけだが、曲が進むにつれて調子が上がってきた様子。中盤以降はバックに負けないボーカルを聴かせてくれた。

あまり言われることがないと思うんだけど、空気公団のドラムアレンジはちょっと「変」ですごくかっこいい。その真骨頂がツインドラムの「通りは夜だらけ」なのだが、これが今日は涙が出るほどいい出来だった。もちろん、ステージ上にドラムは2セット。豪華だ。

ラストライブ&寿脱退ということで、石井さんはちょっと涙ぐんでいた。戸川タンも数少ないライブの機会ということで、お客さんにアピールしまくり。そういう中で、山崎さんはすごい冷静で、淡々と歌っている姿は、浮世離れしたものを感じさせる。この人は、作品を作ることこそが好きなのであって、聴き手の存在はそんなに必要としていないのかもしれない。いずれにしても面白い人だ。

「夕焼け電車に飛び乗れ」で始まって、かなりの曲数を歌ってくれたライブも、「夕焼け電車…」のピアノインストに乗せてのご挨拶でひとまず終了。本当に予定外の三度目のアンコールで、「レモンを買おう」のバンドバージョン(3人で演るアコースティックバージョンはすでに演奏済み)をやってくれたのは嬉しかった。この曲大好きなんだ。っていうか、どの曲も全部好きなんだよっヽ(`Д´)ノ

第二期活動スタート、楽しみにしてるですよ。

今回のバンドのバンマスは、advantage Lucyの石坂さん。頑張ってはりました。まあ、課外活動もいいけど、Lucyのアルバムも早く出してほすい。

_ [音楽] ライブに付随して考えたこと

空気公団てのは、(今は)インディーズの人だったりする。

なのに、CDもそこそこ売れるわ、クアトロも満員にするわ。

いったい、メジャーのレコード会社って、なんなの?

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa