忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日(06-17) 最新 次の日(06-19)» 追記

2005.06.18(土)

_ [音楽] Music Batonに張り切って答えてみる

ちぇっ、ブロガーの皆さん楽しそうになんかやってんじゃん、とかスネてたら、輸入権やゲーム中古問題など知財関係を激しく追及する謎工さんところからヲレんとこにも回してもらっちゃいましたよ。Music Baton。わーい。ありがとうございますー。←素直でかわいいヲレ

まあ、15ホップで全人類が参加できる計算なんですけどね、などとせっかくのご好意をだいなしにしつつ…w



  • Total volume of music files on my computer/Macに入ってる音楽の量
    11GBくらい。あと、PVのムービーが2GBくらい。ちょっとショボいか。iBook G4ちゃんのHDがキチキチで、もう増やせんのですよ。

  • Song playing right now/今聴いてる曲
    今は聴いてないので、さっきまで聴いてた曲ということで。
    小谷美紗子「真(君の真未来に捧げるうた)-Album Version-」
    休日出勤で仕事中にiTunesが選びやがりましたよ。「♪君は会社をやめーましたー」…っておい!

  • The last CD I bought/一番最近買ったCD
    今過去ログ見てみたら、GOING UNDER GROUNDの「STAND BY ME」だそうです。ほんとは先日のライブで小谷美紗子の『宇宙のママ』を買ったんだけど、これはその場で友達にプレゼントしたのでノーカウント。

  • Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me/よく聴いたり印象深かったりする5曲
    1. 中島みゆき「裸足で走れ」(『親愛なるものへ』)
      なんだかんだ言って、ここがヲレの音楽…というか「歌モノ好き」原点。

    2. FAIRCHILD「カンシャク玉の憂鬱」(『UKULELE』『ギミックス』)
      ポップスっていいじゃん!と気付かせてくれた素敵ユニット。今聴いてもアレンジカコイイ! 無論、最近出た戸田さんの『There She Goes』も買いましたとも。

    3. 京都町内会バンド「HIMAGINE」(『HIMAGINE』)
      インディーズとか、ライブとかに行く文化に触れるようになるきっかけが、この人たち。いやー、この人たちのライブはやたらに行ったなあー。つか、8月にも行くんだけどw このアルバムの頃のユルさやダメさも心地よし。

    4. The Cranberries「Ode To My Family」(『No Need to Argue』)
      邦楽しか聴かなかったけど、なんだ洋楽もいいじゃん!と気付かせてくれたのがこれ。この曲に始まって「No Need to Argue」でシメの完璧なアルバム。その後、邦楽:洋楽は9:1くらいで落ち着いております。

    5. GOING UNDER GROUND「かよわきエナジー - take me Home, Country Roads -」(『かよわきエナジー』)
      汗ダラダラかいて青臭い歌を一生懸命歌うデブは衝撃だった。ある意味、人生観変わりますたw 今もiTunesの再生回数ベストはこの曲。

  • Five people to whom I'm passing the baton/バトンを渡す次の5名様
    どうしよ。ただでさえ友達少ないのに、知り合いの人たちのはmixiの日記とか非blog率高しorz
    非常に悩みましたが、こちらの5名様にお願いしたく。
    唐突でご迷惑かもしれませんが、乗っていただくなり、スルーしていただくなり、気楽にお考えいただければ。

    • うぉるぶろぐのWolfardさん。
      近場のお友達代表ということで、どぞよろしく。

    • 或るアウシタンの日記の子供相談室さん。
      アウシタン of アウシタンともいうべきハガキ職人さん。2042年8月27日にお茶の水でお会いできるはず。文筆系の人の聴く音楽は気になるなあー。

    • しろまるは不養生のしろまるさん。
      アコーディオン弾きで言語方面のひと。この人の聞く音楽はちょっと毛色が変わってて面白いと思うんですが、どうよ。

    • Hi-Low-Mixの宮川さん。
      6年前にmailを頂戴して以来、密かにネットストーキングwしていたわけですが、子供相談室さんのアウシタンアンテナに一緒に補足されてびっくり、という。

    • Simple-TalksのHacker Dude-sanこと山田達司さん。
      J-OS for LifeDriveを無事公開されたPalmの神様も最近ライブづいておられる模様。あ、でも、blogはPalmネタを書かれてるんでしたね…うーむ。

    (五十音順)

_ [音楽] ↑しまったー orz

よく考えたら、次にバトン渡すの、mixi日記はともかく、blogでないwebページをお持ちの方でもよかったんじゃん。別にトラックバックとか必須じゃないんだし。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ とうちゃん [小谷美沙子のその曲聴くと、ほんとに会社やめたくなります。 ゴーイングのその曲は、昨日の個人的事情でトラウマになりそ..]

_ Yoz. [>>とうちゃん あー、福岡ですね。最後に「かよわき」だったそうですが、ここんとこ聴き逃されたとか。まあきっと大阪でも..]

_ とうちゃん [このトラウマを乗り越え、真の漢になる予定〜w あれはホントにサプライズって感じみたいですよ。今回のツアーで同様の報..]


2006.06.18(日)

_ [ヲタ] ゲド戦記・試写会当選

昼頃まで寝てたら、インターホンのチャイムで叩き起こされる。郵便屋さんが配達記録郵便を持ってきてくれたのだった。それが、ゲド戦記の試写会入場券だった。

割と簡素なハガキですた

普段はこういう懸賞ものには応募しないんだけど、やはり気になっている映画だし、協賛のアサヒ飲料さんにはGOINGもお世話になっているので*1、まあダメもとで応募しておくかと。

7月9日、八王子の会場でひと足お先に出来を確認してくるです。

さーて、カメラの前で「感動しましたー!」とか「映画でこんなに泣いたのは初めてですー!」とかお芝居する練習でもしておくかー!*2

*1 それが何故応募の動機になるのかがよくわからない

*2 試写会はそういうことを強制されるところではありません


2007.06.18(月)

_ [ヲタ] 「電脳コイル」見始めた

先週土曜に1〜5話の一挙放送があったのを機会に見てみることにした。

あちこちで妙に評判がいいので、ちょっと疑いのマナコで見ていたのだが、これが悔しいことにかなり面白い。丁寧に作ってあるし、ヌルいヲタの人に媚びない萌え度0なキャラクターが好印象w もっとも、筋金入りのヲタの人はきっちり萌えてくるとは思うが、それはある種の数奇者の見立てに耐える「キャラ立ち」を得たということで名誉なこと…なのかもw

来週からも毎週追っかけていきたい。


2008.06.18(水)

_ [著作権] ダビング10とか私的録音録画補償金とか、真面目な話気分が悪くなってきた

「権利者から見ると文化庁案が最大限の妥協」――CPRA 椎名和夫氏に聞くダビング10問題の真因 - Tech-On!

「ダビング5でもタイムシフトでも製作者への還元は必要」 - AV Watch

めまいが…。というか、真面目な話、あまりの彼我の認識の断絶っぷりに途方に暮れてしまう。この手のひとたちと会議(らしきこと)をやってる津田さんの精神力には尊敬を禁じ得ないわ。

津田さんと言えば、椎名氏が津田さんの発言の意図を歪めて利用しているのが非常に気分が悪い。

津田くん(消費者の立場で録録小委に参加している津田大介委員)も「補償金制度が存続するならiPodは対象になるべきだ」という発言をした。

[「権利者から見ると文化庁案が最大限の妥協」――CPRA 椎名和夫氏に聞くダビング10問題の真因 - Tech-On!より引用]

確かに津田さんは今年の第2回の委員会で、こう発言している。

それで、結局一体型機器、iPodのようなメモリーオーディオを対象機器に増やすかどうかという議論の話でいうと、僕自身の考えで言えば、やはり筋としては、先ほど松田委員がおっしゃったように、この補償金の制度を続けていくのであれば、一体型というのは僕も含めなければ、それは制度的におかしいとは僕も思います。

[著作権分科会 私的録音録画小委員会(第2回)議事録・配付資料より引用]

しかしこの発言の重点は「この補償金の精度を続けいてくのであれば」という箇所にあるのであって、それはこの後に続く発言からも明らかなのではないかと。

当然、今回の制度設計案の中では、そういったディスクロージャー的なところに関しても非常に盛り込まれていますし、そういったものを同時にやっていくことが重要だと思うんですけれども、同時にやっていくというのではなくて、むしろそういったものがきちんとやり終わって、消費者も納得した上で、そこから新しく課金対象をどうするのかという議論にいかなければ、やはり消費者の納得というのは、理解というのは得られないんではないのかなという気がしています。

[著作権分科会 私的録音録画小委員会(第2回)議事録・配付資料より引用]

こういう姑息なことをやってると、ますます議論が成立しなくなるような気がしますなあ>椎名氏

_ [Mac][Internet] Firefox 3

おお、こりゃええなあ。速い速い。URLの補完もいいかんじ。アドオンのアップデートチェックも定期的にやってくれて、さっきGrowlでお知らせ出してきたよ。気が利いてんな。

文字のレンダリングも、前よりちょっと綺麗になっているような気がしないでもない。UI全体に、ぎこちなさが少なくなってMac OS Xのデスクトップ上でも違和感がなくなってきた。これはメインブラウザにしてもいいかも。

で、こうなると、Caminoの立場が微妙になってきますなあ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うぉる [ダビング10は、結局補償金問題と切り離すということで実施となったみたいですね。 ただ、「権利者側の譲歩」という形(事..]

_ Yoz. [うーむ、「オレオレ譲歩」w とりあえず「譲歩しました!」って大きい声で言えば貸しを作れる世の中に絶望した! ヲレも真..]


2009.06.18(木)

_ [訂正]前エントリの日付間違えた…orz

ほんとは18日のエントリでした。


2011.06.18(土) (6/19補完)

_ [音楽] 空気公団LIVE春愁秋思@六本木スーパーデラックス

六本木のど真ん中。今までご縁のなかったライブハウス「スーパーデラックス」。普段はオシャレイベントやってるみたい。どんなコジャレたハコかと、ガクブルしながら行ってみたら、あらなんだか広いし空気いいしナチュラル風味だけど気取ってなくてすごくいい感じ。スツールや箱状の長ベンチが用意され、300人以上は入ったと思われる客の2/3くらいは座れてたと思う。これはいい会場。

オープニングアクト的に、クラリネット サックス、トロンボーン、チューバ、そしてキーボードの窪田さんが出てきて、ラッパアレンジの空気公団メドレー。これ楽しい。管楽器はチャンチキトルネードの人たちとのこと。

少し休憩を挟んで、本編開始、空気公団3人に加えて、ドラム山口とも氏、ギター奥田健介氏、アコーディオン良原リエさんの6人編成で登場。山崎さん徹子風のものすごい髪形。

最新アルバム最新アルバムの『春愁秋思』をメインに、過去曲もバランスよく。きちんとバンドアレンジで音源と違う雰囲気が楽しい。とても柔らかく繊細な「青い花」でひとまず終了。1時間くらい。

少し休憩を挟んで再開。

さすがに『春愁秋思』を一緒に作り、ツアーで各地を回ってきただけあって、バンドとしての安定感がすごい。演奏のクオリティはことのほか高く、山崎さんのボーカルも冴える。このままライブ音源/DVD出してほしい。

アンコールは、チャンチキトルネードの人たちを(いきなり)加えて、「怪獣のバラード」(リハーサル風景がfacebookに上がってた)。知らない曲だったけど、ステージ101発で、今では合唱曲としてよく知られている曲なんだとか。ラッパも入って楽しさ増量。音楽は楽しいね。

そしてもう一曲。山崎さんは「おそれおおくなってきて」演るのをためらっていたのを、結局窪田さんたちが強引に始めちゃったんだけれど、これが抜群のシティ・ポップにアレンジされた「LOVE SONG」from チャゲ&飛鳥。ちっとも恐れ多くなんてない。空気公団おそるべし。

そして、最初に演ったときちょっとトチった「まとめを読まないままにして」をもういちどやって、LIVE春愁秋思ツアーの各地での映像を含めたエンディングを流して終了。

あっという間に感じたけれど、終ったときには22時過ぎ。楽しくて気持ちのいいライブでした。

ちょっと前に同じ会場でやったライブの様子がYouTubeにあったので、こんな雰囲気ってことで。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ shiromal [怪バラがこんなところにも.しかもアレンジが素敵.]

_ Yoz. [土曜のライブでは、ドラムとラッパが入って元気いっぱい楽しさいっぱいでしたよ。 検索してみると、この曲好きな人たちは..]



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa