忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日記(2005.08.10(水)) 最新 次の日記(2005.08.12(金))» 編集

2005.08.11(木) [長年日記]

_ [iTMS] 今日買った曲

  • LOST IN TIME「羽化」
    やっ、これは! iTMS限定トラック! アルバム『きのうのこと』はあんまりピンと来なかったけれど、スローな曲は悪くなかったのでこれも買ってみますた。悪くない感じ。
  • The Cranberries「(They Long to Be) Close to You」
    クランベリーズの音源はだいたい持ってるつもりになっていたけれど、iTMS見てたらリイシューやらベストやらのボーナストラック旋風でかなり漏れていたことに気がついたよorz
    特にこれ! カーペンターズのコンピで歌ってたなんて全然知らんかった! ドロレスたんもすごく肩の力が抜けてて楽しそう。幸い、ヲレも知ってる曲だったしw
  • The Cranberries「Ave Maria」
    ボーナストラックのライブもの。ドロレスたんがあのボーカルでアヴェ・マリアを歌っておいでです。パバロッティのチャリティライブでの録音らしい。美しい。
  • The Cranberries「Go Your Own Way」
    これもボーナストラック。なんつってもこういうのが一曲ずつ買えるとこがいいよなあ。
  • The Cranberries「God Be With You」
    ボーナストラック。
  • 少年ナイフ「Top of the World」
    上の「Close to You」のついでに購入。いや、試聴したら妙にかわいらしかったので、つい。これがiTMSの恐ろしいところw

しめて¥900也。豊かな¥900であります。

_ [DVD] 戸田誠司『There She Goes Again』9月22日発売

CDジャーナル(CDJournal.com - ニュース - 戸田誠司、10年ぶりの新作『There She Goes』をDVD化)経由、戸田さんの公式サイトより。

去年発売の10年ぶりのアルバム『There She Goes』をDVD化した上に、『Hello World :)』の曲まで追加。ひゃーなんだかうれすい。しかし、ディレクターがタナカカツキでスーパーバイザが伊藤ガビンで森川幸人の絵本の映像化で、って、何この特殊人脈w

早々に予約したいところ。

戸田さんの曲もiTMSで売らんかなあ。SHI-SHONENの音源とか手に入りませんよマジで。Recommuniでもいいけど、ヲレは誘えてもらえてないので…(´・ω・`)

_ [CCCD] 東芝EMI「セキュアCD」の追加情報

CNETの記事より。→アップルに10万曲を提供する東芝EMI、音楽配信の採算と効果とは - CNET Japan

この記事自体は音楽配信に積極的な東芝EMIへのインタビュー記事なのだが、記事を書いた永井美智子氏は機会を逃がさず美味しい質問もしている。

 東芝EMIは現在でもコピーコントロールCD(CCCD)を販売しているが、これもファイル交換ソフトによる違法コピーの流通を防ぐための取り組みだ。なお、一部では「セキュアCD」と呼ばれる新しいコピーガード技術を使ったCDを東芝EMIが発表すると話題になっているが、同社広報では「日本では現在この件に関する詳細情報を話せる段階にない」としている。

[CNET Japan - アップルに10万曲を提供する東芝EMI、音楽配信の採算と効果とはより引用]

詳細情報を話せる段階にない、って、今月末に発売するアルバムから採用するんじゃなかったっけか? 顧客に説明もせず、なし崩しに導入しようという意図が見え見えで激しく不愉快だ。

音楽配信に関してはかなりまともなことを言っているのに、なんでこう光学メディアへのプロテクトに関しては強硬な姿勢を取り続けるんだろう? アンビバレンツな戦略のようにも見えるんだけど、「EMIはCDを殺したい」という仮定を立てると妙に納得できちゃうあたりが不気味。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]


この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa