忘れようとしても思い出せない日記 rebirth

※暫定運用中
CCCD | CD | DVD | Gadget | Internet | Mac | PV | iTMS | ゲーム | ソニーw | ローカル | ヲタ | 映画 | 音楽 | 京ぽん | 書籍 | 地震 | 著作権 | 訂正 | 日常
2003|05|07|10|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2014|01|02|04|05|06|07|10|11|12|
2015|01|05|06|
2016|01|
トップ «前の日(06-02) 最新 次の日(06-04)» 追記

2007.06.03(日)

_ [著作権] 知的財産推進計画2007

知的財産推進計画2007の正式版

2006の見直しに関するパブコメの結果も公開。

団体の部では、アップルジャパンからの意見が痛快で素晴らしいw P.11〜P.13は必見。総括部分のみを引用すると…

文化庁著作権課に依る一方的な行政運営には理解不能である。徒に著作権者団体

の意見のみを汲取り消費者、機器メーカーの立場は無視し続けている。アップル社

を私的録音録画小委員会から閉め出し、欠席裁判で物事も決める閉鎖的な体質を

持つ文化庁の典型的な隠蔽体質を良く表している。平成19年3月27日、文化審議

会 著作権分科会私的録音録画小委員会にても多くの小委員会委員が補償金制度

の必要性の根幹の議論提示をしたにも関わらず、作為的に「私的録音録画問題に

関する検討の進め方(案)」から削除するなど鼻から「結論ありき」の審議会運営をす

る著作権事務局には真摯な姿勢は微塵も感じられず、もはや公平公正な著作権行

政を運営する適切な省庁とは言い難く、速やかに著作権行政を他の省庁に移管す

ることを強く望む。

[「知的財産推進計画2006」の見直しに関する意見募集の結果について・団体からの意見より引用]

そうだそうだ! よう言った! 文化庁ひっこめ!www

個人の部では、保護期間の延長、非親告罪化、有害コンテンツ規制に多数の反対意見が集まっていたのが良い意味で意外だったかも。あと、やや場違いぎみなJASRAC叩きが妙に多かったのも意外w どこかのコミュニティで動きがあったのかな? 知的財産推進計画の趣旨があまり理解されていないような気はするが、こういう場を利用してどんどん意見を言っていくこと自体は圧倒的に正しい。

逆に、業界側からの組織票的なものはほとんど見受けられなかったけれど、もうちょっとスマートなロビー活動に軸足を移したと考えるべきなのかしらん。

…で、これって、計画2007の策定にちゃんと反映されたわけ??

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ Wolfard [これ、今頃になって本当にAJがポストしたのか?って話になってますな(笑)]

_ Yoz. [Appleが出したってことになったほうが面白いので、ヲレはそっちに賭けることにしますw]


2008.06.03(火)

_ [CD][iTMS] Aimee Mann「@#%&*! Smilers」(Limited Edition)

Aimee Mannのおニューなアルバム。

絵本ふうの凝ったパッケージで、これがもう超カワイイ(かつシニカル)。こういうパッケージングをやってくれるならiTSで買わずにCD買うぜ買うぜ(妥当な値段なら)。最後のほうのページのAimee Mannスタンプが超欲しい! いろんなとこに捺しちゃうよ!

英語の歌を聴いて、言葉の響きが綺麗だなーって思うことはあんまりないんだが、彼女の言葉は綺麗でかっこよくて聴き入ってしまう。真似して発音してみるけど…_| ̄|○

どの曲も好きなんだが、Tr2の「Stranger Into Starman」とかTr11の「Little Tornado」とかが無闇にいい。

iTSでも発売中。って、ボーナストラック3曲も付いてるやんけーーーー!!!! しかもアルバムのみか…orz

…やっぱりiTSで買おうかなあ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Yoz. [んー。今回の絵本の装丁は超イカスんですが、iTSでもデジタルブックレットついてくるし、ボートラ付いてくるし、悪くない..]

_ とうちゃん [http://www.hmv.co.jp/product/detail/2745924 ↑案の定、僕のところに輸入盤..]

_ Yoz. [そうそう、金具がいいんですよね。 国内版、なんだか通好みっぽいレーベルから出てるんですね。価格は良心的だけどなあ。 ..]


2009.06.03(水)

_ [日常] ボロネーズ

昨日

ボロネーズのフェットチーネ食べたいなあ。

って書いたら、今日お昼に行ったお店のランチがボロネーズソースのスパゲティだった。フェットチーネでないのがちょっと惜しかったけど。ごちそうさま。


2015.06.03(水)

_ [書籍] 梶尾真治「怨讐星域 I・II・III」

カジシンこと梶尾真治がSFマガジンに10年間連載していた連作未来史もの「怨讐星域」が、文庫3巻同時発売(かつKindle版も早々に発売)。

滅亡寸前の地球から世代間宇宙船で飛び立った2万人 vs 転送装置で身体一つで「ジャンプ」した残りの数十億人の数百年ぶんの歴史、ということで、結構なボリュームなんだけど、週末で一気読みしちゃったよ!

というわけで、ネタバレ防止フィールド展開。









始めに言っておくと、ヲレは好きよ。カジシン作品好きだもの。

ただ、やはり良くも悪くもカジシンの小説。SF考証的には穴が多いし、登場人物は基本善良な市民ばかりなので、ともすると鼻白んでしまう向きもおありかもしれない。

過酷な試練の中、せいいっぱい誠実に生きる普通の人たちにひとりひとりスポットを当てて、人間や社会が本当は持っているはず普遍的な「善き心 」を描きたかったのだろうか。ここはひとつ、スレた読み方はせずに、まっすぐな少年/少女の心で読むと良い。


パニックあり、サバイバルあり、コメディあり、いろんなシチュエーション・視点で描ける連作の強みを活かして、飽きずに最後まで読むことができるよ。

後書きにも書かれているように、連載中にあった現実の出来事が、かなりストレートに作品にも反映しているのも読みどころ。3.11のこと、その後の事故原因の調査、高齢者問題、そして不安とともに憎悪を扇動者によって煮詰めていく社会。

斯様に現代的なテーマを反映できる作品なのに、非常に惜しいと思われるのが、登場人物へのスポットの当て方を限定してしまったがゆえに、「枝分かれしてそれぞれに変容する文化」というおいしい領域がすっぽり抜け落ちてしまったこと。

植民星、世代間宇宙船というストレスフルな特殊環境下で、ベクトルの異なる人口政策によって生ずる文化の枝分かれって、そこは結構現代的なテーマになりえたような気がする。少子化とか、ジェンダーとか。それは読んでみたかった。

まあ、そもそも自由恋愛はありえないはず、という前提に立つならば、N-ホーンとその背後にいる高度な人工知能がやってる相性ぴったり相手の紹介ってのは、何もかも計算され尽くした「優しい人口管理計画」をやっている、という解釈もできなくはないので、それはそれである種の文明批判なのかも。

つーか、各短編の主人公が善良な少年または職業人のおっさんで、綺麗な女の子に出会って舞い上がっちゃって頑張る、とか、読者のおっさんを甘やかすのもたいがいにしてください!!w


後半、ポピュリストによる憎悪の煽動の経緯は、当初からの「集団の結束のための外敵の設定」を突き詰めた、メインのテーマだったように思える。煽動者が力をつけていく過程こそ簡単な描写で済まされているものの、その後の露骨に太平洋戦争時の日本を思わせる社会の描写はなかなかに嫌な雰囲気で力が入っている。読むのがどんどん辛くなっていく。

最終章に向けて緊張が高まっていき、遂にそれがピークを迎えて血なまぐさい惨劇が展開される! …と、誰もが思ったところで、びっくりするようなことが起きて、ぎりぎりのところで憎悪を人間の善良さが乗り越える。いや、すばらしい! 人間万歳!  …って素直に喜ぶには、ちょっと説得力は足りないかなあ。

カジシンも、この先を書くのが耐えられなかったのではないかとも思う。そこがカジシンの優しさであり、限界なのか。いや、今の世の中の空気を感じ取って、あえてこういう結末を書いた、と解釈すべき、かも。

ただ、「サラマンダー殲滅」を書いた頃だったら、そこを突き抜けて「物語」をまっとうしたんじゃないかとも思う。


伏線となり得るエピソードはずいぶん残されているので、この後もピースを埋めていってもらえると嬉しいです。きっとあり得たであろう、2つの「指輪」の邂逅なんか、読んでみたいなあ。



この日記中で使用されている名称は各社の商標である場合があります。
あと、リンク・TrackBackはご自由に。連絡不要。ただし、言及リンクのないTrackBackは受け取れませんので悪しからず。
ついでに、RDFもドゾー。
Copyright ©2004-2016 Masatoshi "yoz" Yoshizawa